< 閉 店 >

住 所
千葉県船橋市本町4−42−2
最 寄 駅
JR総武線・東武野田線 船橋駅
京成本線 京成船橋駅

*らーめん 和之介*
JR総武線の船橋駅南口を出たら、左側から駅を背にして行く。京成本線の線路を越え、「マツモトキヨシ」の手前の細い路地を左に入ってすぐ右側。徒歩2・3分。

千葉市にある家系ラーメン「増田家」の新業態店だそうで、塩味の鶏白湯と和風正油味が楽しめます。
落ち着いた色合いの木を組み合せた外観は、何ともお洒落な感じで行き交う人の目も惹き付けてました。(お店に入る前、向かいでお茶しながら人間ウォッチングしてました(笑))
入って右手に券売機が置いてあり食券制。店内はL字のカウンターのみで10席程。落ち着いた雰囲気で女性でも気軽に入れそうです。

メニューは【鶏白湯 680円】【和風正油 680円】にトッピング類が追加になったものなど。


ドンブリの底には「気合軍団」と書かれていました。

「鶏白湯」・・・680円
           メンマ・・・120円

白いスープというよりは乳黄色という色合い。表面には黄色っぽい油(鶏油?)が結構厚い層を作ってます。 なかなか濃厚なスープで唇が乾いた後くっつくような粘度があり、思ったほど油はしくこくないかな。鶏の旨味もしますが、どちらかというと皮部分の味の方が強過ぎる気も・・・
麺は黄色味がかった細めのコシがあるもの。
具はチャーシュー・メンマ・ほうれん草・青ネギ。チャーシューは小ぶりですが少し厚めに切られており、周りが芳ばしくて柔らか。メンマは素朴な味わいで好み^^ほうれん草は茎の部分はいいけれど、葉の部分はちょっと柔らか過ぎかな。
塩気もしっかりめなので一口目からはっきりとしていてインパクトもある分かり易い味という所なのでしょうが、個人的にはもう少し優しい味わいの方が好みかな^^;
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お昼のピークも過ぎてた為か、ちょっと崩れてしまって売り物としては出せないという味玉を「良かったら食べて下さい」と出してくれました^^
黄身はトロトロの半熟で、和風の方のスープを使ってるのかほんのりと魚系の風味のするものでした。

訪問日 2005年7月28日
個人的好み