18:30〜24:00(スープ終了時閉店)
定休日 日

住 所
千葉県船橋市前原西8−3−2
最 寄 駅
新京成電鉄  前原駅

*らーめん房 やぶれかぶれ*
前原駅の改札を出たら左へ。そのまま真っ直ぐ100mちょっと行った右側。徒歩1・2分。
(※駐車場はお店の向かい側にあります)

2002年9月のOPENでいいのかな?
ご店主の実家である「前原飯店」の夜の部で営業を開始し、2006年に道路拡張の為半年ほど休業の後、「らーめん房 やぶれかぶれ」として再開されたそう。
店内は入って右側に券売機があり食券制。
奥が厨房になっていて、その前にカウンターが10席。 ご夫婦お二人で営業されていましたが、とても丁寧な接客できびきびとした動きが見ていて小気味良かったです^^
ひと月半からふた月に一度位の割合で「謎の日」というのがあり、その日のみ限定のメニューが提供されるそうです。

メニューは【らーめん(あっさり・こってり)  700円】【塩やぶ 800円】【合わせやぶ 800円】【香味やぶ 800円】【ちゃーしゅーやぶ(あっさり・こってり) 1000円】【やぶつけ(並盛り) 850円】(大盛り・特盛り・爆盛り有り)に限定麺など。他にはトッピング類や【山椒じゃこごはん330円】【ちゃーしゅーご飯410円】【キムちゃご飯430円】【本日の気まぐれデザート(数量限定)250円】など。


お店主催のお花見や納涼会など、お誘い頂きお邪魔させてもらってますが、ラーメンはご無沙汰(^^ゞ 無性に塩やぶに香味をプラスで食べてみたくて行って来ました♪

「塩やぶ」 ・・・800円
  +香味薬味+小松菜・・・各100円

以前とはまた違ったちょっと変形した和テイストのドンブリで登場。
バランスの良い動物系&魚介系のじんわりと旨みを感じるスープに、揚げたネギやニンニクの香味がちょっとワイルドさ?をプラス(笑)
「塩やぶ」単体でも美味しいけど、香味入りはちょっとクセになりそう。
麺は、中位の緩いウェーブのあるものでスープとの相性も良く、時折絡んでくる香味がいい感じ。
具は、鶏チャーシュー・茎ワカメ・白髪ネギ・海苔に、トッピングした小松菜。チャーシューは鶏モモ肉の部位のものが2枚で、モモ肉特有の弾力と柔らかさの両方が楽しめます。小松菜の茹で加減も絶妙でシャキシャキ感がいいですね〜。そして、茎ワカメのコリコリとした食感と磯の風味がアクセントになります^^

訪問日 2012年7月4日

船橋の畑の朝採れトマト&新鮮夏野菜を使ったという限定提供の塩らーめん。最終日に滑り込みで頂いて来ました^^

7月5日〜29日 平日限定10食
「夏塩やぶ」 ・・・800円
   +「本日のある時トッピング」
                 ・・・100円

「本日のある時トッピング」は小松菜か夏野菜かを選べたので、夏野菜でお願いしました。
夏野菜は朝採りの為、その日によって種類が変わるとの事。この日は見事にカラフルなビタミンカラーの野菜達が。
トマト・オクラ・水菜・サラダほうれん草・トウモロコシ・黄色と橙のパプリカ・ズッキーニ・枝豆と種類もたくさんで、増量もしたのでたっぷり野菜。トマトやトウモロコシは甘くて美味しく、枝豆は味が濃くてビックリ。サラダほうれん草(ピンク色の)の茎はシャキシャキで、オクラもヌルッと柔らかで、色んな野菜の食感や味わいが楽しめます♪
スープは「塩やぶ」と同じものなのかな?
じわじわっとまろやかな旨味を感じる優しい味わいの塩スープ。
野菜が美味しいので十分満足でしたが、食べ進むうちにスープに溶けて行くバターのコクと風味が更に味わいをプラス。お肉が入ってなくても物足りなさは全然無く、とても満足な一杯でした〜^^

訪問日 2011年7月29日

 

 

 

 

2日前に某所で見かけた知り合いの「あやめカブが美味しいの。紫だし!」というつぶやき。これは行くっきゃないでしょ!と仕事の後、こちらへ^^
紫色の「あやめカブ」は、「ある時トッピング」での提供で、この日は「春盛り」と題して提供されていました。

「やぶつけ」 ・・・850円
   +「本日のある時トッピング」
             ・・・100円×2

その「春盛り」は、あやめカブ・サラダ春菊・スナップエンドウ・水菜の盛り合わせ。ダブルで頼む事だけは決めてましたが、麺が決まってなくて・・・前回食べた「塩やぶ」ももう一回食べたいとも思いましたが、野菜を楽しむには「やぶつけ」がいいかな?と、私にしては珍しくつけ麺をチョイス。哀川翔さんご推奨でもありますしっ♪(笑)

つけダレと麺。そして、割りスープが一緒に提供されます。トッピングした「春盛り」は麺の器に盛られます。あやめカブの紫と白のコントラスト、そして春らしい緑の野菜達の彩りが華やかできれいです♪
麺は、小麦の香りが感じられる中太麺で弾力もあって美味しい。
つけダレは濃いめのお醤油色をしていて、ほんのりとした甘みとお肉から出ている様なコクのあるもの。どことなく和風な印象もあって個性的で美味しい。具には、チャーシュー?・メンマ・焼きネギ・青菜など。チャーシューというよりはちょっと厚切りのお肉って感じのもので、程よく柔らかで甘辛な味わい。焼きネギも甘くて美味しい。
あやめカブは瑞々しくて甘みもあって、そのまんまでも旨い!サラダ春菊は苦手な人でも大丈夫な位クセのないもの。スナップエンドウはお豆が真ん丸でサヤがパンパンに膨れていて、食感と青々しさが楽しめます。それぞれ、そのまんまで食べたり、つけダレにつけてみたりと野菜を堪能〜 もちろん「やぶつけ」も^^

そして、食べ終えた後に割りスープを。魚介系の穏やかな味わいの割りスープを入れると、つけダレがグッと和な味わいに変化。ついつい、グイグイと飲み干してしましました^^

「塩やぶ」ももう一度食べたいと気になってますが、「やぶつけ」に「香味」トッピングも食べてみたいかな〜♪

訪問日 2011年4月30日

 

 

お昼に社食で初めて麺類(タンメン)を食べましたが・・・(ーー;)だったので、美味しいラーメンを食べたくて仕事の後にこちらまで^^
「らーめん」「塩やぶ」「合わせやぶ」の3つから迷い・・・「塩やぶ」+ある時だけのトッピングの「小松菜」のランプが点いていたので、そちらも。そして、↓前回と同じく「山椒じゃこご飯」も。デザートは残念ながら売切れランプが点いてました(T_T)

「塩やぶ」 ・・・800円
        +「小松菜」・・・100円
  (※ある時だけのトッピングメニュー)

「塩やぶ」はドンブリが違うんですね。
厚手のどっしりとしたドンブリでちょっと変形した和テイストのもの。
小松菜を追加しただけで、見た目の具沢山感がすごいです(笑)
スープは・・・何を使ってるんでしょう?^^;節系や煮干感を感じなかったので、鶏や豚に昆布+α?それとも↓「香味やぶ」と共通?突き出た味は感じなく、まろやかな味わいでしっかりとした旨味が感じられて美味しく、塩梅も好み♪
麺は、中位の緩いウェーブのあるもので、啜り心地も良く、スープともいい感じ。
具は、鶏チャーシュー・茎わかめ・細切りネギ・海苔・小松菜。鶏チャーシューは2枚入っていて、モモ肉とムネ肉と部位の違うものかな?どちらもしっとりと柔らかで、味付けは控えめ加減なので、鶏肉自体の旨味を感じられます。茎わかめはコリコリとした食感で、ふんわりと磯の香りも。トッピングした小松菜は、思いの他たっぷりと。茹で加減も丁度良く、スープに浸してそのまんま食べたり、麺と一緒に食べたりと。しっかりと野菜補給が出来ました^^勿論?スープも完飲〜(笑)

ふと、この「塩やぶ」での香味バージョンも食べてみたいな〜と思ったりもして^^

「山椒じゃこご飯」 ・・・330円

↓前回食べて美味しかったので再び^^
じゃこの食感と山椒のピリッとした刺激が美味しいです♪
訪問日 2010年6月2日

 

 

  

 

 

前回店頭で見かけた【黒コショーとザク切りネギ、特製極太麺使用。スパイシーで刺激的な、もうひとつの醤油らーめん】という、平日限定の「黒」が気になって仕事の後に再び。

平日限定
「黒」 ・・・600円

食券を渡すと、極太麺なので茹で時間がかかる旨と提供が前後する案内が。
出て来たラーメンは、どっさりの刻みネギと黒コショウがたっぷり。そしてお醤油の濃い色合いは「黒」というネーミングからも「富山ブラック」を思わせるビジュアル。

スープは、黒コショウのピリッとしたスパイシーさとネギの香味と甘み、お醤油のしょっぱさの中にも甘みがあったり、ベースのスープからふんわりとした魚介の風味も感じたりと、いろんな味わいが楽しめてインパクトもすごいです。
特製という麺は、高井田系を思わせる様な極太のもので、コシがあってむちっとした食感。スープとも絡んで美味しい。
具は、ネギの他にはチャーシューが1枚とシンプルですが、大きめで厚切りなので満足感があります。
麺を食べ終わった後もネギは結構残ります。醤油と黒コショウのしょっぱさと辛さを楽しみながら、ネギをすくって食べました(笑)

「山椒じゃこご飯」 ・・・330円

甘辛いジャコと山椒のピリッとした刺激がいいアクセントで、ほっとする味ですね。

「本日の気まぐれデザート」・・・250円
  ブルーベリーのブランマンジェ

提供前に「今日のデザートは紫なんです」と一言あって出されたのは・・・「ブルーベリーのブランマンジェ」。 青味がかった紫のブランマンジェに赤紫のブルーベリーのジャムと白いホイップクリームの色合いがきれい♪
甘さ控えめで、とろ〜りと滑らかなブランマンジェにジャムの酸味とクリームの甘みが美味しい。ドンブリで食べたいかも・・・(笑)
訪問日 2010年3月17日

夜のみの営業だったので気になっていながらも敷居が高くなかなか行けずにいたんですが、気合を入れて仕事の後に^^

「香味やぶ」 ・・・800円
   +わんたん
(冬季限定)・・・350円

スープは、豚骨・鶏がら・煮干・野菜などを使っているとか?煮干などの魚介系は控えめというかあまり感じないくらいで、動物系のすっきりとした旨味に醤油だれのほんのりとした甘みがいい感じで、塩気も好みの加減。
麺は中位の緩いウェーブのあるもので、啜り心地も良く小麦の風味もほんのりと感じられて美味しい麺。
具は、チャーシュー・メンマ・白髪ネギ・海苔とトッピングしたわんたん。わんたんは「皿わんたん」で一品となっているくらいなので、1つ1つがデカくて餡がたっぷりで、ジューシーで柔らか。今までワンタン麺やトッピングで追加した中では一番大きいですが、口の中でホロッ溶けていく感じなので見た目よりも全然平気で食べられちゃいます。チャーシューもドンブリの間口の3分の2位は塞いじゃいそうなくらいデカくて厚みもあります。少しスープに浸してホロッとなったところで食べると美味しい。
「香味」はニンニク・玉ネギ・長ネギを焦がし揚げにしたというもの。食べ進むうちにネギ類の甘みや揚げた芳ばしさやニンニクの香味がいいアクセントになって、ついついスープも最後まで飲んじゃいました^^

訪問日 2010年1月23日