11 :00〜19:00
土・日 11:00〜20:00
定休日 月
住 所
千葉県木更津市潮見5−1−30
最 寄 駅
JR内房線  木更津駅

*自家製麺 ばくばく*
内房線の木更津駅の西口を出たら、駅を背にしてロータリーの向こう側へ伸びる道(富士見通り)を真っ直ぐ。5つ目の信号(右側前方に海が見える)で左へ曲がってひたすらず〜っと真っ直ぐ。6つ目の「潮見」の信号を渡り、左側に「ヤマダ電機」が見えたら右側前方にセブンイレブンが見えるので、そのちょこっと先の右側。徒歩30分。
もしくは、東京駅八重洲口のロータリー向こう側から出る京成バスの2番乗り場から出る「君津製鉄所」行きの高速バスに乗り「潮見」(1時間位)で降りると徒歩50mくらい。 ちなみにバスの時間表はコチラ

都立家政の「麺や 七彩」&「TOKYOらーめん 江戸甘」 に、地元木更津の高校を卒業したばかりの太田和君が就職。実はお兄ちゃんがいて、そのお兄ちゃんも「渡なべ」や「せたがや」などで働いていた経験が。そんな中、「 七彩」で始まったスタッフ君たちのサードブランド。「牛魔王」では兄弟が饗宴。他には、長生村で行われたBeeHiveのイベントでも兄弟一緒という仲良し。 そんな2人が地元である木更津で独立。
2011年5月1日「自家製麺 ばくばく」がOPENです。
店内は入ってすぐ右側に券売機があり食券制。
左側の手前には製麺室があり、その前にカウンター4席。奥が厨房でその前にカウンター2席。右側壁沿いには4人掛けのテーブルが1卓と二人掛けが2卓。お水はセルフ。

メニューは【醤油らーめん 680円】【味玉醤油らーめん 780円】【醤油ちゃーしゅーめん 980円】【味玉醤油ちゃーしゅーめん 1080円】【濃厚つけめん 750円】【味玉濃厚つけめん 850円】【濃厚ちゃーしゅーつけめん 1050円】【味玉濃厚ちゃしゅーつけめん 1150円】の他、その時々の【限定らーめん】に、【ちゃーしゅーごはん320円】【気まぐれごはん320円】【ごはん120円】など。


 

 

 

東京駅の「七彩」で朝らーの後、京成の高速バスに乗って向かいました。渋滞もなくスムーズに運行され乗車時間は1時間ちょこっと。
開店時間の少し前に到着し、中の様子を覗いてみたら兄弟揃って出てきてくれました^^ 挨拶をし、待つこと少しして開店〜

「味玉醤油らーめん」・・・780円

テーブル席に座った為カウンターの仕切りで中の様子は見えませんでしたが、作ってる様もスムーズでアルバイト?の女の子への指示やお客さんへの案内や声かけも二人で被る事なく分担されて進められてました。

朝ごはんで一杯食べていたので、醤油らーめんを味玉付きで^^
出来上がったらーめんを太田和君弟が運んで来てくれ、「やっと食べてもらえますね」と一言。 早速スープから頂いてみて、瞬間的に「牛魔王」で最後に食べたらーめんを思い出しました。 鶏のじんわりとした味わいに魚介系は旨みはあるけれど香りが突出していなくて、別の動物系のコクも感じる味わいで、飽きずに飲み続けられそうなスープ。 あの時よりもレベルアップされてはいますが、「独立したら出したいというコンセプトで作った」というあの一杯。思いは本気だったんですね(笑)
そんなスープの作り方は、種鶏にゲンコツ・モミジなどの動物系に魚介系を使ったスープ。そこにひと手間かけ、牛挽肉を入れて魚介系の味をまろやかに、そして動物系のコクをプラスしているんだそう。
麺は細麺のストレート。色々試してみて、一晩寝かせたものを使っているそうで、啜り心地&喉越しもいいもの。ちなみに、つけ麺の方は作りたてのものを使っているそうな。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・味玉・ネギ・カイワレ。チャーシューは肩ロースを低温調理したもので、しっとりながらも噛み応えがあって旨いです♪以前から肩ロースを使いたかったそうな。なるほど、これならちゃーしゅーめんで食べてみたいくらいです^^  穂先メンマは少し甘みのある味つけでしっかり味が染みてます。味玉も美味。勿論スープも残さず飲み干してました〜

訪問日  2011年8月4日