11:30〜16:00 18:00〜22:00
定休日 火(祝日の場合は翌日)
住 所
千葉県松戸市新松戸3ー136
最 寄 駅
JR武蔵野線・常磐線 新松戸駅

*らーめん 超ひがし 皐月*
JR新松戸の改札を出たら直進。信号を渡ったら左へ行き踏切を渡って真っ直ぐ行き、セブンイレブンやレッドロブスターのある1つ目の信号を左に渡って真っ直ぐ。1つ目の信号を右に渡った少し先の左側。徒歩5・6分。

以前は馬橋にお店を構えてましたが、2006年に千葉ラーメン劇場への出店を期に閉店。約1年程千葉ラーメン劇場での営業の後閉店。
そして、2010年8月20日場所を新松戸に移し、復活OPEN。
店内は入って右側に券売機があり食券制。
手前左側に6人掛けのテーブル席が2卓と右奥に小上りで3卓。左奥に厨房があり、その前にL字のカウンターで8席ほど。

メニューは【のりしおらーめん 700円】【しおらーめん 600円】【しょうゆらーめん 600円】【みそらーめん 700円】【わんたんめん 800円】【のりしおつけめん 800円】【しおつけめん 700円】【しょうゆつけめん 700円】にラーメンとセットで注文する半チャーハンの【ひがしのちゃーはん 300円】【キムチチャーハン 400円】に大盛など。他にはトッピング類や【ぎょうざ(5個)300円】【しそぎょうざ(5個)380円】【からあげ(6個)300円」など。


もう5年も前になりますが、馬橋にお店があった頃一度だけお邪魔した事が。当時のラーメン本にはこの「のりしおらーめん」の登場が多くて、私もそれを食べたくて行ったんだったっけ。復活を知り、最初に食べてみようと思ったのも、この「のりしおらーめん」。そして、今回は「ひがしのちゃーはん(半ちゃーはん)」も^^

「のりしおらーめん」・・・700円

先に「のりしおらーめん」が出て来ました。
スープは、動物系に煮干などの魚介系も使ったという透き通ったもの。
スープを一口飲むと、青海苔の味わいが口の中に、そしてスープを飲み込んだ後に息をはいた鼻腔からも磯の香りが広がります。ベースのスープの煮干などは突出せずバランスがいいのか、青海苔の風味が活かされていてちょこっとだけ塩気のはっきりしたお吸い物の様でもあり、お茶漬けっぽい味わいにも感じるかな?
麺は、中細なもので浅草開化楼のものだそう。スープにも馴染むし、青海苔も絡んで美味しい。
具は、青海苔・ナルト・ネギとシンプル。
そういえば、以前も同じメニューだったのでこちらのチャーシューって食べてないかも?
今度は、「しおらーめん」を頼んで「青のり」をトッピングしてみようかな〜?

「ひがしのちゃーはん」・・・300円

当然と言っていいのか・・・注文の度毎に作ってくれます。
具には、チャーシュー・ナルト・ネギ・卵が入り、ご飯の一粒一粒に程好く油感をまとい気持ちしっかりめな塩梅でパラっとしていて旨っ!
らーめんの途中で食べたり、麺を食べ終えた後に残ったスープと一緒に楽しみました〜
お醤油のほんのりとした甘みの出る「しょうゆらーめん」のスープとの相性も試してみたいです♪
そして、餃子や唐揚げもすごく気になります!

訪問日  2010年8月25日