2006年5月より【中華蕎麦とみ田
として 営業しています。
住 所
千葉県松戸市松戸1339
最 寄 駅
JR常磐線・新京成電鉄 松戸駅

*大黒屋本舗*
松戸駅東口を出て下に降りる。ロータリーの次の十字路を右へ曲がって真っ直ぐ行った左側。徒歩3・4分。

「佐貫大勝軒」や「角ふじ」など田代氏の手がける「こうじドリーム」のグループのお店で2004年8月開店。昼は「大勝軒」風、夜は「二郎」っぽい極太麺に野菜たっぷりの「角ふじ」風と味を変えて提供しています。

店内は入って左側に券売機があり食券制。
カウンターが6席と4人掛けテーブルが2卓。
平日の2時前の到着で私が座って満席。帰る時には外で6・7人の行列。
行列が出来ている時は、最初に店内で食券を買いお店の人に渡してから外で待つシステムの様です。

昼の部のメニューは【もりそば 680円】【特製もりそば 850円】【もりチャーシュー 980円】【中華そば 680円】【特製中華そば 850円】【チャーシューメン 980円】(普通盛り・中盛り共に)とトッピング類があります。


「特製中華そば」・・・850円

1軒目に「必勝軒」だったので、2軒目は太麺と野菜が食べたくて「二郎(松戸)」へ行ってみたけれど臨休^^; 同じ様なテイストですが食べてみたかったお店なので食べ比べ?

小ぶりなドンブリに チャーシュー4枚・メンマ・半熟味玉1コ・メンマ・海苔4枚・ネギが所狭しと盛りつけられています
スープは動物系と魚介系両方が、嫌味が無くやや重めでしっかりとしたスープ 。さすがにコレだけ具が乗ると最初の何口かは温く感じたけれど麺を掘り出して食べ出すとちゃんと熱々。麺は中太のストレートなものでもちっとした歯応えで美味しい。
具のチャーシューは巻き肉タイプのもので柔らか。最初見た時途中で飽きそうな気がしたけれど、脂身が少なめなので食べ易い。味玉は味付け控えめで黄身の甘さが美味しかった。

訪問日  2005年11月24日
個人的好み