2006年10月13日 移転
移転先はコチラ

住所
千葉県松戸市新松戸北2−19−8
最寄駅
総武流山電鉄線  小金城址駅
JR武蔵野線  南流山駅駅

*麺 ぽーかろう*
☆総武流山電鉄線の小金城址駅の改札を出たら右側の歩道橋?を渡って降りる。左側に気持ちロータリーっぽい広い道路があるので、そこを左へ(線路を背にする)行き、1つ目の信号を右。右側に大きなコンテナの置いてある場所があるので、その反対側の路地を入って行く。1つ目の信号を渡ってすぐに右に行った左手。徒歩5・6分。
☆武蔵野線の南流山駅の改札を通ったら右側に出て駅を背にして前進。1つ目の十字路で右へ曲がり真っ直ぐ。左にホンダプリモをやりすごしたところで左へ曲がる。突き当たったら(「TUTAYA」がある交差点)右へ通り沿いに行き橋を渡った少し先右側。徒歩12・3分。

店主は和食出身の方だそうで、店名は「TOTO」のドラマーだった故ジェフ・ポーカロ氏にちなんで付けられたそうです。
店内は入って左手に券売機があり食券制。奥に細長い作りになっていて、カウンターが12・3席。一番奥にテーブル席と、ドラムセットが置いてあります。入口の上部にテレビがあり、ドラム演奏の映像が流れています。

メニューは【醤油らーめん 630円】【塩らーめん】【うめしそらーめん  630円】【とまとらーめん 790円】などの他、【冷やしつけめん 780円】【冷やしとまとらーめん 950円】【冷やしなすつけ麺 780円】などなど創作メニューも豊富です。


「特濃らーめん 塩(太麺)」・・・840円

他のトマトらーめんも未食なんだけど、新メニューの「特濃らーめん(醤油・塩)」に惹かれて行って来ました。
スープは鶏白湯と魚介系を合わせたものという前情報。冷蔵庫から取り出した大きなタッパーには白濁して上部にゼラチン質が固まっている鶏のスープ。それを大き目のフライパンで温め、何かの粉末を入れて仕上げてました。
スープは魚介系の風味がふんわりと香り、鶏の旨味もいい感じで、サラッとしているのにとてもクリーミー。
麺は細麺か太麺が選べるので、太麺にしてみました。前回と同じ黄色く平たい麺でコシがあります。
具はドンブリにはチャーシュー2枚・ボイルしたもやし・水菜で、別皿にネギ・揚げタマネギ・メンマ。 もやしは特有のもやし臭さは殆ど感じないのでスープの邪魔はしてません。別皿のネギと揚げタマネギは途中から入れるとまた味わいが変って新鮮に。メンマはナムル風にごま油と塩で和えてあるのかな。美味しかったのでそのままで食べました。

醤油も食べてみたいけど、「トマトらーめん」や「生青海苔らーめん」など他にも気になるメニューが多すぎです^^;

訪問日 2005年10月29日
個人的好み  

「涼しい顔して熱い夏2005」・・・950円
        
(期間限定 〜8月31日迄)

今日はトマトのラーメンが食べてみたくて行って来ました。「千葉ウォーカー」で紹介されてるメニューにするか、以前からある塩味スープでパスタ風の「とまとらーめん」にするか迷ってたところ・・・サラダ感覚で食べられる「冷やしとまとらーめん」まであるそうな^^;悩んだ末、「涼しい顔して熱い夏2005」にしました。

きれいな黄色い色をした中太の平たい麺をドンブリに入れ、フライパンで熱したトマトスープ(チャーシューの細切り入り)を入れてレタスとパプリカの千切りしたものを乗せ、バジルが振られます。
スープはトマトの甘味と酸味が感じられ、ココナッツミルクが主張し過ぎない丁度良い加減で、レッドカレー風という感じでしょうか。ラーメンというよりはエスニックヌードルといった感じですが、熱々のスープに辛味みも効いていて汗をかきながら食べるのもクセになりそう(笑)
スープまで飲み干せました^^

他の2つのトマトメニューも是非食べに行ってみたいです^^

訪問日 2005年7月19日
個人的好み