11:30〜15:00 17:00〜22:30
定休日 無休
住 所
千葉県松戸市小金きよしヶ丘4−15−1
最 寄 駅
JR常磐線 北小金駅

*房総タンメンFactory ウルトラ麺*
各駅停車の常磐線の北小金駅の南口に出たら、2階通路を右側から回って正面に見える「サティ」の右側に出るように階段を降りて真っ直ぐ。そのまんまずっと進み、4つ目の信号で左へ曲がって道成りに進んで国道6号線に突き当たった「小金原団地入口」の信号を渡り、左に100mほど行った右側。徒歩15分位。

2010年6月7日OPEN。
千葉拉麺通信」のプロデュースで、店名の冠通りに地元や房総産の野菜を使ったタンメンを提供するお店です。
入口右側に外に出ている券売機で食券を買います。店内は、入って右側に給水器が置いてあり、その隣りにはおしぼりが。
正面に厨房があり、その前にコの字型のカウンターで16席くらい。

メニューは、並盛の【房総タンメン 680円】【カラカラタンメン 730円】【豚バラタンメン 830円】【モツタンメン 880円】【ウルトラタンメン 950円】(醤油&塩)で、味噌は各+50円に、【つけ麺 780円】【カレーつけ麺 830円】に【カラアゲ(5個)300円】【モツ煮300円】【豚バラ丼300円】など。


開店前日に某所にて「千葉拉麺通信」の山路氏の日記を見て気になってたんですが、駅からの距離もあったりで・・・^^;
駅からは歩きますが、電車だけなら近い方なので、野菜食べたいモードも手伝って行って来ました^^

「房総タンメン塩 並盛」・・・680円

醤油・塩・味噌と3味揃ってますが、塩味が好きなので^^ カラアゲも食べたかったんですが、「×」印が・・・残念^^;

スープは、豚骨がベースかな?細かい背脂も浮いてます。端っこからスープを飲んでみると、あっさりめな味わいですが、気持〜ち塩気が効いていて背脂が程好くコッテリ感も出しているかな。
麺は、「13湯麺」(閉店)の松井氏にお願いしたものだという太麺。野菜に負けず、しっかりとした食感が楽しめます。
具は、もやし・キャベツ・ニンジン・ニラ・豚肉。
ネーミングの通り地元の松戸や房総など千葉産の野菜を使っているそうな。作り方は、野菜は中華鍋で炒めてコショウと塩で味付けしたものをスープと麺を入れたドンブリに盛り付け。
スープに浸ったところの野菜を食べるには美味しいけれど、盛られた上の部分の野菜は、味付けをしていたんですが、油のコーティングのせいか殆どそのまんま素朴な味わい。ちょっともやし自体の臭いが気になっちゃったかな^^;
カラアゲを食べるつもりだったので、デフォでの注文。トッピングの豚バラやもつ煮は量が多かったので。。。たっぷり野菜は嬉しいですが、豚肉は3切れほど。。。もうちょとだけお肉も入ってたら嬉しかったかな〜

訪問日  2010年8月29日