< 閉 店 ? >
住 所
千葉県長生郡長生村一松戊3344−6
最 寄 駅
JR 茂原駅よりバスで「一つ松海岸」

*BeeHive (ビーハイブ)*
一応、最寄と言える駅はJRの「八積」駅ですが、「茂原」駅からバスが便利な様です。
「一つ松海岸」で下りたら、そのまま進み、次の交差点のファミリーマートで左へ行った所。

2008年7月にOPEN。
住所に「村」と付く様に周りにはコレといった目印や賑わいなどのない場所。車で行くと、急にに1ヶ所だけ「ココはどこ?」みたいな感じでお洒落な一画が現れます。
大きな椰子の木が植えてあり、白い壁の外壁。そんな雰囲気なのに赤い提灯にラーメンの文字。扉を開けて店内に入るとまたまたビックリ。広い空間にビリヤードの台が置かれ、ダーツも。テーブル席もゆったりでカウンターも4席ほど。ゆったりした時間が流れそうな雰囲気です。

麺メニューは【塩ラーメンNaminori 780円】【フォアグラ風厚切り塩チャーシュー麺 950円】。バンバンジー丼かミニチャーハンが選べる【小丼セット300円】や【サラダ・デザートセット】などもあります。
他には【もっちりソース焼きそば700円】【スープで炊き込んだチャーハン700円】【石釜焼き生地がふくうら生ハムのピザ750円】【石焼ビビンバ丼680円】【スパイシーメキシカンピラフ550円】【ドリア(2種)680円】【本格ハンバーグステーキ850円】などもあります。
※2009年10月14日追記
    営業時間が変更になりました。


 

 

 

 

頑張って早起きをして、電車とバスを乗り継いで行って来ました。

2009年9月18日〜10月11日
「超らーめんナビ」の会員限定メニューその1
「W軍鶏とアワビの醤油ラーメン」
               ・・・830円

平日は10食・土日は20食の限定。
「らーナビ」によるとスープは、淡海軍鶏(滋賀県産?)とシャモロック(青森県産地鶏)をそれぞれ別に摂り合わせたものだそう。醤油ダレには自家製の干しアワビやハマグリなどを使っているそうな。
そんなスープは、第一印象で醤油だれの香りや甘みや旨味が。節系などを使ったものとはまるで違った味わいでコクと深みのある美味しいスープ。 ただ、醤油味の中のアワビやはまぐりの存在を探しながら食べていたら・・・手間隙かけた元の鶏スープの方の存在がわからなかった・・・^^;
麺は自家製でこの限定用のもの。何でも、熟成させるのに3日かかるそうな。細麺ストレートで、噛むとプツッとした食感が。するすると喉越しも良く個性的な麺でした。
具は、チャーシュー・メンマ・海苔・九条ネギ。
チャーシューは三元豚のモモ肉を使い低温調理をしたもの。厚めに切られているのに、しっとりとジューシーで柔らかで美味しい。

「超らーめんナビ」の会員限定メニューその2
「三元豚の油そば」・・・700円

続いてこちらも。数量の限定は特にないとの事ですが、売り切れ御免だそうな。

節粉・自家製マヨネーズ・すだちの薬味が別皿で出されます。
こちらの麺も自家製のもので、全粒粉を使い熟成をさせていないものだそう。小麦の香りがふんわりと感じられて、もちもち感とコシの両方が楽しめます。
その麺の下には、3種のお醤油と三元豚の油を使ったタレが。
具は、醤油ラーメンと同じく三元豚のモモ肉を低温調理したチャーシュー・メンマ・千寿ネギ・刻み海苔。
よくかき混ぜてそのまんまでも美味しいですが、薬味を使った味の変化も楽しい。特に、自家製のマヨネーズが旨かったです♪

「バニラアイスビーンズ入り」・・・250円

こちらは手作りではないですが、店主がいろいろと食べ比べてみて選んだそう。
器の形も個性的。写真はないですがスプーンはハート型をしてました。量もしっかりあって、食べ応えがありました^^

訪問日  2009年9月20日

 

 

 

 

この日は、始発電車に乗って知り合いが行くというとあるラーメン屋さんで麺作りや仕込み風景を一緒に見させてもらい、その後千葉の八街近くにある有機野菜を作っているという農家を訪ねて畑や田んぼを生産者の方に案内してもらいました。 そんな2件の社会科見学の後、知り合いと3人で九十九里の海に寄って潮の香りでリフレッシュした後、4回目となるこちらへ^^ いろいろ頼んでシェアして食べました。

「塩ラーメン Naminori」・・・780円

メニューにあるラーメンは塩味のものが2種類。両方とも食べた事がありますが、ひと口スープを飲んだ時に感動するのはこっちかな?
トリュフを使ったという香味油がの風味と味わいが個性的でついつい後を惹きます。
以前よりも輪郭がはっきりとした様に感じました。
麺は中細のストレートなもの。
具はチャーシュー・千住ネギ・糸唐辛子。

[Chiba walkar] 10周年記念ラーメン
「醤油ラーメン kuroshio」・・・780円

提供最終日で到着したのは1時半頃だった為既に売り切れ。丁度お客さんが途切れた所だった事もあってか、1杯を作ってくれました。
「千葉ウォーカー」の10周年という事でスープに使う食材が10品目に限られたそうな。
そんな制約の中、4つは赤ワインなどお酒を使ってわかり易い味わいに仕上げたそう。
我々が頂いた物は提供されたものとは若干違うだろうとの事でした。煮干の風味と味わいが前面に出ていて、その後味に醤油だれ?に使ったという干しあわびの独特な味わいとのアンバランスさが少し気になりました。
麺は全粒粉入りのもので手切りした平たいもの。気持ち柔らかめな茹で加減がスープとはいい感じ。
具はチャーシュー・千住ネギ・糸唐辛子。提供版で入っていた穂先メンマが切れてしまったのと、3人だった為かチャーシューが3枚。豚モモ肉を真空低温調理したもの(だったかな)。かなりしっかりめな噛み応えがありますが、しっとりとしていました。

「スープで炊き込んだチャーハン」
                ・・・700円

前回同様に美味しかったです。
以前感じた油感も少しライトな感じでした^^

このあたりで、小林達人が取材の為に来店。
出版社?の方達とはお初だった様子ですが、こちらは3人ともに顔見知り(笑) 合い間に少しご一緒させて頂きました〜^^

「焼きそば

今は醤油をメニューに載せる事に夢中になっている様で、それが出来たら焼きそばの麺を考えてみるとか。手づくりソースは出来たみたいなので早くこちらも通常提供されるといいんですが。
同行者のわがまま?に、 醤油ラーメンで使った手切りの麺で作ってくれました。

「石釜焼き
 
生地がふっくらした生ハムのピザ」
                 ・・・750円

もっちりとした生地にとろっとしたチーズ。塩気のある生ハムがいい相性で美味しい。

今日は、自作したというサーフボードを作る為の小屋?なんぞも2つ見せてもらいました。
約2時間近くの長居の後、すぐ近くの天然温泉に立ち寄りました。砂風呂などもあるし、小旅行がてらゆっくりと立ち寄って、飲んだりダーツをして過ごしたりとゆっくりと訪問してみたいお店で。

訪問日  2009年4月12日

 

↓前回来た時に気になってた「焼きそば」はまだソースを寝かせてる段階で提供はしてなかったですが、アドリブで細麺で作ってもらえました^^

「ブルーマウンテン」

一杯のコーヒーにまで、豆を炒って挽いてと手間隙がかかってます。

 

アドリブの「焼きそば

寝かせているソースに興味があってお願いして作ってもらっちゃいました。
麺はラーメン用の細麺で、具はキャベツとチャーシューの細かい角切り入り。
約ひと月ほど寝かせたというソースは、味わいが柔らかですね〜 味覚を研ぎ澄ますといろんなスパイスの味わいがしますが、ダイレクトに感じる刺激ではなくじんわりとした味わい。
太麺だとまた違った感じになるんだろうと思いますが、焼きそばゆえ、そしてアドリブで作ってもらったにもかかわらず一言言うとしたら・・・彩りが寂しいかな〜

 

「モンブラン」

土台?はスポンジではなく、ちょっとクッキーのようなサクっとした食感のもの。甘さ抑え目の栗のクリームの下には白いクリーム?が、まるでアイスクリームの様に冷え冷えでいろんな味わいが楽しめました^^

 

訪問日  2009年2月15日

知り合い2人と共に千葉ラーメンツアーの3軒目〜♪
色々頼んでシェアして楽しみました〜^^

 

「厚切り 塩チャーシュー麺」・・・950円

端っこからスープを飲むと、前回食べて感動しトリュフ風味というかニンニクも入っているような香味が。 洋風な味わいなんだけど、鶏の旨味も深いスープ。塩梅は以前よりも少し控えめにしたそう。塩気が物足りなくても強めでも、尖りがなければどっちでも合いそうな美味しいスープです。
麺は自家製のストレートな細麺。啜り心地のいい麺。
具は、チャーシュー・千住ネギ・糸唐辛子。
チャーシューはフォアグラの油?でソテーしたものだそうで、カリッとした表面が美味しい。時間が経つにつれその油分がスープへ移ってコクも加えていくんですが、個人的には一口目の味わいの方が好き。
前回訪問した時と比べて多少手を加えたそうですが、個人的には以前のスープで麺とスープだけの「かけラーメン」を一度食べてみたいかな〜

 

「スープで炊き込んだチャーハン」
                ・・・700円

前回は食べられなかったこのメニュー。
ラーメンのスープでご飯を炊いてチャーシューなどを加えて炒めたものだそう。
お肉のダシの味わいがご飯にも深みを加えていて美味しい♪ただ、気持ち油のコーティングが強かったかな。

 

「石釜焼き
 
生地がふっくらした生ハムのピザ」
                 ・・・750円

クリスピーな薄い生地のピザも好きですが、軽い食感でもっちりとした生地も好きだったりして。。。(笑)
ドウの部分がふっくらとして、トマトソースとチーズの柔らかな味わい、そして生ハムの塩気がいい感じ。
トマトソースも今後手を加えるとか?

 

「小丼セット(バンバンジー丼)」
                +300円

前回食べて美味しかったバンバンジー丼をセットでもう一度^^
合わせてるタレは何かな?って↓で書いたら・・・「味噌ダレです」と教えてくれました。 トマトの角切りがとてもフレッシュでいいアクセントでした^^

 

「アセロラジュレ」

甘さ控えめで、プルンプルンとしたジュレ。
スプーンの先が小さなハート型で可愛いのですが、ちょっとすくい難かったかな^^;

訪問日  2009年1月29日

 

知り合いの日記ですっごく気になってたお店。でも、車でないと行けない場所。ラー友に以前からお願いしていたら当日の朝急遽メールをもらい、勢い付けて行って来ました^^

「塩ラーメン Naminori」・・・780円
         +小丼セット・・・300円

チャーシューに衣を付けてフォアグラの油でカリッと焼いたという「チャーシュー麺」と「ミニチャーハン」が気になっていたんですが、どちらもこの日は提供できずという事で、「塩ラーメン」と小丼の「バンバンジー丼」を。

先にバンバンジー丼が出され、すぐに塩ラーメンも。
ちょっと小ぶりなドンブリだな〜なんて思いながらスープを一口。
噂には聞いてましたが、えっ?って思うくらい美味しくて引き込まれます。香味油にはトリュフ油を使っているそうですが、トリュフ自体食べた事がないのでわからないんですが^^;
スープにはシャモロック(鶏)の他に20数種類の素材を使っているとか。繊細なんだけど、とても力強くて、深みもあって、実に美味しくすっごい惹きのあるスープ。
麺は自家製麺だそうで中位のストレートなもの。するすると啜り心地も良く、茹で加減も程好い感じ。
具はチャーシュー・ネギ・糸唐辛子。チャーシューは三元豚を使ったというバラの巻きチャーシューで提供前に炙ってるようです。ネギは千住ネギの白髪。みずみずしさとほんのりとした辛味も。 ついつい黙々と食べ進んじゃいました^^

小丼の「バンバンジー丼」。
店内が暗くてよく見えなかったですが、鶏肉とトマトとネギが。バンバンジーだとゴマってイメージがありますが、このタレは何だろう?しっとり鶏肉に程好く味が絡んで、トマトのほのかな酸味がさっぱりで美味しい。ミニチャーハン狙いでしたが、こっちもお勧めです^^

訪問日  2008年12月18日