< 移 転 >

住 所
北海道札幌市中央区南8条西13丁目3−35
最 寄 駅
市電  西線9条旭山公園通

*麺屋 三四郎*
市電の「西線9条旭山公園通」で降りたら、札幌銀行とロッテの間の道を入って行き、1つ目の信号を左に曲がって少し行った右手。
(地下鉄南北線の中島公園駅からも、2番出口を出て右へひたすら真っ直ぐ行って「南8西13」の信号で右に曲がっても15分強で行けます)

店主は以前は旅行会社に勤務していてあちこちを飛び回っていたそうですが、一念発起して旭川ラーメン が元々好きだったという事もあって旭川の有名店で修行をし、敢えて激戦区の札幌にお店を開いたそうです。

店内はカウンターのみで12席。
メニューは、旭川ラーメン系の【醤油】【塩】【味噌】と、鶏やサンマを使った【限定潮】があります。

2005年9月追記
10月7日より札幌の「ラーメン共和国」へ出店されます。最低でも最初の2週間くらいはご店主がそちらへ行かれるそうなので、こちらのお店はお休みとなります。


「塩らーめん」 ・・・700円    

2005年秋の北海道食べ歩きの8軒目。

一昨日の夜、6時頃来てみたら既にスープ切れで終了・・・どーしても「塩」が食べたくて最後のお店に選びました。

スープは豚骨を使い、味を整える程度に鶏がらを使っているそうです。
見た目はクリーム色。表面にラードの層があり、下のスープと混ぜると乳白色に。まろやかで程好い甘味があって濃厚かつクリーミーで美味しいスープ。
麺は加藤製麺の中細の縮れたもの。茹で加減もやや固めと丁度良く、麺の風味も好き。
具はチャーシュー2枚・ネギ・メンマ・海苔・紅生姜。
後半やや単調に感じてくるところ、ネギや紅生姜がいいアクセントになります。

訪問日 2005年9月13日

「限定潮(しお)らーめん」(1日10食)
                 ・・・700円    

スープは丸鶏・日高昆布・サンマの煮干を使い、塩は沖縄産ほか数種類をブレンドしたものだそうです。
店内に漂ってたサンマの煮干を煮出した香りとは違って、程好い感じにダシが効いたあっさりした味わい。
麺は黄色身がかった中細の縮れ麺。標準的な量よりやや多めかも。
具はチャーシュー3枚・メンマ・海苔・ネギ。
チャーシューはバラ肉2枚と巻き肉タイプが1枚。
思ったよりもボリュームのある1杯でした。

訪問日 2004年2月12日

おまけのコーナー

「醤油らーめん」・・・700円

「旭川ラーメン」という感じの一杯。
「限定潮」と比べると、濃厚かつやや重めに感じた。


メニューです