< 移 転 >
住 所
福島県福島市万世町1−26−2F
最 寄 駅
JR東北本線・阿武隈急行他  福島駅

※ 昼の部「麺や うから家から」(夜の部の「蘂(はなしべ)」は引き続きこちらで営業) は
福島県福島市松川町関谷字坂下7(JR東北本線 金谷川駅が最寄り)へ移転し
2009年9月8日プレオープン。9日がグランドオープン 。
定休日&営業時間は11:00〜100食限定(17:00頃迄)で土曜定休。(変更の可能性あり)
рヘ 024-529-6768 です。

*麺や うから家から*
JR福島駅の東口に出たら左方向へ行き、阿武隈線乗り場の少し先で右に曲がって線路を背にして進む。「置賜町」の信号の次の信号で左に曲がって「パセオ470」通りを直進。1つ目の信号を越えたら左側を注意して進むと→の外観が見えて来ます。徒歩7・8分位。

夜の部は「蘂(はなしべ)」として中華海鮮の居酒屋さん(徐々に郷土料理を主としたお店へ移行中)として営業してますが、お昼は化学調味料を使わず、スープに使う煮干まで自家製にこだわった素材を使ったラーメンが楽しめるお店。
階段を上がると重たそうな扉がありますが、勇気をもって開ければ温かな迎えの声が。
靴を脱いで案内されるのは、掘りごたつ式の部屋。先に注文と会計を済ませるシステムです。

メニューは醤油&塩味共に【らーめん 600円】【味玉らーめん 720円】【支那竹ラーメン 700円】【ちゃーしゅーめん 850円】。他には【福島味噌らーめん 800円】【男の濃厚辛口味噌らーめん 850円】に【味噌専用トッピングチーズ100円】に【生味噌おにぎり150円】【ちゃーしゅー飯250円】【「ネラの卵」の福島TKG250円】。

 

 

  

 

 

福島遠征初日の夜に合流した知り合いが高速バスで帰る為私も宿を福島へ移動し、以前から行ってみたかったこちらへ^^

「支那竹らーめん」・・・700円
     +味付け玉子・・・120円
           +手打麺・・・50円
 

麺や七彩」がプロデュースをしているというお店です。
スープは種鶏やモミジ・魚介・野菜などの他、魚介系にはアジや目光など自家製の煮干を使っているそう。醤油だれには福島産の玉鈴の生揚げ醤油を使うなど地産地消もこだわっているそうな。
そんなスープは、お醤油の深みもありながら個人的な好みでもあるビターな味わいも感じられるもの。後味すっきりながらも余韻がいい感じで旨いです。
麺はデフォだと配合などを指定して製麺屋さんで作ってもらってるものだそうです。が、今回は手打&手切りのものでお願いしました。
←ちょっとボケちゃいましたが・・・太麺でやや平たくゆる縮れの麺で、滑らかでもっちりとしたコシのあるもので麺自体にも味わいがありました。
具はチャーシュー・支那竹(メンマ)・味玉・青菜・ネギ。 支那竹は「麺や七彩」で使っているものと同じ無漂白のメンマだそうで、コリコリとした小気味良い食感でした^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜の部の餃子の皮の仕込みなんぞを見学させて頂いた後に、今度は塩を^^

「塩らーめん」・・・600
         +手打麺・・・50円
 

塩ダレにはカンホアの塩を使い、スープのベースは醤油と同じものだそうな。ですが、醤油味のものとは全然違った印象のするスープ。
麺は↑醤油で頂いたのは違う小麦を使ってみたという手打&手切りの麺で作って頂きました。スープとの相性か塩味で食べたほうが小麦の味わいが感じやすかったかな?
具はチャーシュー・メンマ・ネギ・湯むきされたプチトマト・クレソン。スープの表面に細かく散らされているのもクレソンだそうで、天然のものだそう。 チャーシューは「麺や七彩」の味がそのまんま感じられるもの。プチトマトを崩しながら食べ進むと、トマトの旨味やクレソンやコショウとあいまってコンソメっぽい洋風な味わいにも感じられて新鮮でした〜^^

印象的には「麺や七彩」にかなり近いものを感じましたが、店主ご夫婦の「美味しいものを作ろう」という前向きで真摯な姿には感心しきりです。丁寧に作られた一杯で、個人的には「麺や七彩」よりも好きかも・・・です^^
訪問日  2009年5月26日

げんきだま」の後、ちょっと休憩をはさんで再びこちらへ^^

「福島味噌らーめん」・・・800円
         +手打麺・・・50円
 

麺や七彩」と同様に「味噌専用のトッピング」があったので「江戸甘」のYOKYO味噌ラーメンを想像してたのですが・・・・いい意味で裏切られました^^
スープは醤油や塩と同じものだそうですが、味噌は福島産の田舎味噌を使ったものだそうで、ゴマや野菜の甘みやプルンとした感じの細かい背脂などが交わった奥深い味わいのスープです。加えてるという魚粉も程好くアクセントになってました。
麺は今回も手打&手切りのものをお願いしたら、たまたまこの日に試作してみたという全粒粉入りのものがあるというのでソレで^^
麺を引き上げてみると、かなりぶっ太くてビックリ(笑)さすがに啜ることは出来ないけれど、噛む毎に小麦の味わいが感じられ、もっちり&むちっとした食感がスープとも合ってました〜
具は、もやし・白菜・ニラ・ネギ・玉ネギ・挽肉。 たっぷり野菜が甘みがあって美味しいです♪

訪問日  2009年5月27日