11:45〜14:30 18:00〜20:30
(スープなくなり次第終了)
定休日  月・金
住 所
茨城県小美玉市羽鳥2732−4
最 寄 駅
JR常磐線  羽鳥駅

*中華そば 華丸(かわん)
JR常磐線の羽鳥駅の出口を出たら、左側にある歩道橋を昇り、反対側の右側から階段を降りて、右手に線路と垂直に伸びる道をずっと真っ直ぐ行った左側。徒歩5分くらい。

OPENは2009年5月頃かな?
店名は「華丸」と書いて「かわん」と読むそうです。
開店当初?は、地元の「やさと軍鶏」を使ったスープだったそうですが入手出来なくなり、代わりに「やさと本味鶏」のガラや丸鶏を使ったスープを土日に提供。そして、火〜木曜は豚骨スープを使った醤油味のラーメンやタンメンや担々麺を提供しています。月曜と金曜の定休は、スープを入れ替える為の様です。
お店は、これと言った大きな看板はなく、白いお洒落な外観が目印。店内は、白やピンクの壁にカウンターの赤や椅子の黒のコントラストが効いていてモダンな雰囲気。
店内は入って左側に厨房があり、その前にL字のカウンターで一辺のみの使用で7席ほど。その後ろ側には4人掛けのテーブル席が1卓。正面には製麺室があり、麺及び餃子の皮も自家製での提供です。
お水は入口右側にある給水器でセルフ。後会計制です。

鶏スープの土日のメニューは、【中華そば 醤油味 700円】【中華そば 塩味 700円】【とりそば 750円】に、【餃子 400円】【チャーシュー丼 300円】など。
火〜木曜の豚骨スープのメニューは【タンメン】【担々麺】【マイルド豚骨(醤油)】など。(※価格未調査)


 

 

 

 

2週間ほど前に、知人達と「茨城ラーメンツアー」に行ったばかりですが、何だか無性にもう一度食べたくて、日曜夜の部へ。
今度は電車利用。JR常磐線の「勝田」行きの後方10両(前5両は土浦止まりなので)に乗り、自宅からは片道2時間ほどの小旅行でした^^

土日の提供は、提供メニューは【中華そば 醤油味】【中華そば 塩味】【とりそば】と3種。
「とりそば」は決まってたんですが、醤油か塩と迷いましたが、塩ととりそばを。

「中華そば 塩味」・・・700円

こちらは前回、スープだけを頂きましたが、スープ自体は「とりそば」と同じものの様です。
前回は、3軒目ながらも一口目に飲んだ「とりそば」のスープの美味しさに感動!その味わいの印象が強くて、他の部分の記憶はうろ覚えだったかも^^;

改めて頂いてみると、鶏の旨味や味わいがぶわっと感じられて、やはりめちゃ旨なスープです!ただ、今日はちょこっとだけ塩の角の様なものが感じられたかな。
麺は、自家製の細麺で滑らかな喉越しが良く、噛み切る時のプツプツとした食感も心地がいいもの。
具は、チャーシュー・メンマ・チンゲン菜・海苔・細切りの白ネギ。前回チャーシューは一口だけ齧りましたが、今回はちゃんと1枚を堪能。しっとり&ジューシーなのは同じ印象ですが、ちゃんと噛み締めてみると、お肉の味がこんなにも美味しかったのか〜と発見。思わず、チャーシューのテイクアウトが出来るか、伺っちゃいました(^^ゞ
細切りメンマはコリコリで、注文の都度茹でられるチンゲン菜のみずみずしさがいい箸休めにもなります。

「とりそば」・・・750円
              +「味玉」

続いて「とりそば」を。
う〜ん。2杯目でも、やっぱりこのスープは旨いな〜としみじみ感じます。
麺は、中華そばと同じ自家製の細麺でプツプツとした噛み締め感のあるもので、啜り心地もいい感じ。
具は、蒸し鶏・細切りの白ネギ・海苔・糸唐辛子・味玉。 蒸し鶏は、提供前に再度蒸し器で暖めてから盛り付けるという丁寧さ。前回は、回し食べた為気づかなかったんですが、むね肉やモモ肉やササミの様ないろんな部位が盛られており、それぞれの食感や味わいの違いが楽しめます。細切りのネギも麺と一緒に食べるといいアクセント。味玉は、黄身の部分が半熟なもので、醤油ベースのほんのりとした甘みと旨味のある味付け。勢い良く齧りついちゃうと黄身が飛び出ちゃうので注意?(笑)
こちらは、中華そばと違ってメンマや豚チャーシューの味がスープに移らないので、最後まで鶏の味わいそのままに感じられるのが、中華そばとの違いでしょうか?2杯目にして、またまたスープまで飲み干しちゃいました(^^ゞ

そして、←写真一番下の写真は、テイクアウトしたチャーシューです。旨っ♪
訪問日 2011年2月13日

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ茨城ラーメンツアー最後で、唯一最初から決まっていたメインのお店♪
こちらは同行のなべさんからの強いリクエスト。事前に店名を聞いて調べてみたら、私自身もとても惹かれるものがあり気になったので楽しみにしてました^^

提供メニューは【中華そば 醤油味】【中華そば 塩味】【とりそば】と3種。もちろん全部!
そして最後なので、餃子とチャーシュー丼も頼んでガッツリと(笑)

「とりそば」・・・750円

現在は「やさと軍鶏」ではなく、「やさと本味鶏」を使っているそうな。
一番気になってたのがこの「とりそば」で、運良く一番最初に目の前に^^
スープを一口飲んでみてビックリ。
もうね・・・何と言うか、鶏の風味と味わいと旨味のどれもがすっごく出ていて、個人的にはストライど真ん中でめちゃ旨っ!思わず「うわっ!」と唸ってしまいました。
麺は、自家製の細麺ストレート。スープとの絡みも良く、麺の風味と喉越し感も申し分ないもの。
具は、蒸し鶏・チンゲン菜・海苔・糸唐辛子。細切りの白いのは・・・てっきりネギだと思ってましたが、もしかしたら玉ネギ?独特な香味は水にさらされて抜かれているのか、シャキっとした食感と瑞々しさがアクセントになってました。蒸し鶏は、薄味ながらもしっとりとジューシーで柔らか。鶏の味わいも感じられて美味しい。茹でたチンゲン菜の水分が口の中をリセットしてくれて、再び飲むスープがまた新鮮に美味しく感じられました。

「餃子」・・・400円

自家製の皮に、地元の「小川ニラ」を餡に使っているそうな。タレに付けなくても、薄味ながらも味わいが感じられます。結局3人とも、タレを作らずにそのまんま食べちゃいました〜

「チャーシュー丼」・・・300円

ご飯もたっぷり、乱切り?のチャーシューもたっぷりでボリュームがあります。
スライス玉ネギの上には青海苔?が降られ、ゴマだれがかけられてます。
噛み締め感がありながらも、しっとりとしたチャーシュー。中華そばに乗っているものと同じチャーシューですが、スープに浸ってるのとは違ったイメージが楽しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「中華そば 醤油味」・・・700円

「とりそば」をずっと食べ続けていたので、こちらは後半に味見で頂きました。
スープは「とりそば」と同じものの様ですが、醤油ダレが加わるとガラッと違う印象になるかな? 鶏の味わいが気持ち控えめになって、お醤油のふんわりとした甘みがして優しい味わいに感じましたが、提供直後に食べた同行者ふたりの感想を聞くと、一口目のインパクトがスゴかったとか。隠し味程度に魚醤も入っているそうな。
麺は、こちらも自家製の細麺ストレート。
具は、チャーシュー・チンゲン菜・海苔・メンマ・ネギ・粗みじんのネギ?。
チャーシューはスープの味に影響しない様に脂身の少ないもの。しっとりと柔らかでジューシー。コリコリとしたメンマも小気味いい食感。

「中華そば 塩味」・・・700円

こちら自体は食べてませんが。。。スープは「とりそば」と同じでトッピングは「中華そば 醤油味」と同じなのかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3軒目にして、メインで食べていた「とりそば」のスープも完飲。餃子を2コ、チャーシュー丼は2・3口でかなりお腹いっぱいでしたが、スープが後を惹いて、同行者の食べた「中華そば 塩味」の残ったスープまで殆ど飲み干しちゃいました〜(^^ゞ
火曜〜木曜提供の豚骨スープのタンメンも気になるし。。。また、近々お邪魔しちゃいそうです♪

訪問日 2011年1月30日