12:00〜14:00 17:30〜20:00
※スープ無くなり次第終了
定休日  木
住 所
茨城県つくば市東光台3−7−10
最 寄 駅
つくばエクスプレス  研究学園駅(遠い)

*喜元門 つくば東光台店*
ルート検索をすると一番近いと思われる研究学園駅からは徒歩44分。循環バスの6Aというのが近くの「東光台体育館」まで行きますが、本数は約2時間に1本。なので車の方が良さそうです。

小美玉市にある人気店「喜元門」の直営支店で2010年9月3日OPEN。
道路沿いにありますが、入口は反対側になるので「ホテル東光」を目指して行けば、その隣りにあります。
店内は2重の入口になっていて、ちょっと北国の玄関を思わせる造り。左手に券売機があり食券制。席はカウンターのみで12席くらい。

メニューは【鶏白湯 細麺 700円】【鶏魚介煮干 中太麺 730円】【濃厚魚出汁しょう油 中太麺 760円】【濃厚魚出汁塩 細麺 760円】【鶏魚介に母子つけ麺 200g〜 750円】【大蒜辛肉飯 130円】。
チャーシューは、炭焼き・バラ巻き・直火焼き・低温調理の4つから好みで選べます。

店内にはドリンクの自販機も設置されています。


番外編
東京背脂 銀の豚」のあと、茨城ツアー2軒目に行ってみましたが。。。
日曜の昼時だった為、お店の駐車場は車でいっぱい。
目の前の道路の 両脇にもたくさんの車が。
一応店内を見てみましたが満席で店内待ちも20名近くと、すごい人気@@;
時間の制約もあるので断念し、たまたま外にいらした大竹店主にご挨拶。
↓前回は夜の部だったので、お店外観の写真を撮って差し替えてみました^^

訪問日 2011年1月30日


 

 

 

 

 

 

 

 

某所で知り合いの日記を見て気になり、本店へ行こうと思ってたんですが、店主さんは今つくばの方にいるのでつくば店がお勧めと聞き、方向修正(笑) せっかくなので2杯は食べてみたい!ですが「食べログ」などで調べてみると麺量が多めみたいなのでくじけていたら、その知り合いが店主さんにお願いしてくれたとの報告♪昼の部で伺う予定でしたが、寝坊した為夜の部へ(^^ゞ 11月5日より夜営業が始まっていてラッキーでした〜(笑)

「濃厚魚出汁 塩(麺少なめ)」・・・760円

間口は普通ですが、高さというか深さのあるドンブリで提供されます。
魚介出汁99%というスープ。 お店の50mくらい手前から香っていたのはこのスープかな?(笑)  節系の香りや旨味がとてもしっかりと出ていて、でもそれだけではない奥深さも感じられる味わいながらも程好い余韻とキレの良さも感じるスープ。
醤油味だと中太麺だそうですが、塩は細麺。
通常は180gとの事ですが120gで作ってくれたそうです。しなやかでスルスルと啜り心地が良いもので、プツッとした噛み口。細麺なせいか、120gでも結構食べ応えがありました。
具は、チャーシュー・メンマ・白ネギ・青ネギ・海苔・味玉。
チャーシューは炭火焼をお願いしました。今回の訪問を取り持ってくれた知り合いと言うのが、こちらの店主さんが「あの人、大好きなんですよ〜(職人さんとしてですが(笑))」というお人。その人の知り合いという事もありバラ巻きも添えて下さったみたいです^^ バラ巻きはホロっと柔らかで、炭火焼はほんのりと香ばしく脂がお肉に混ざってジューシー。肉厚で大きなメンマは、食べ易い様に切られたもの、ほんのりと甘みがありじゅわっとジューシー。味玉は半熟で黄身がとろ〜り。

「鶏白湯(麺少なめ)」・・・700円

続いて「鶏白湯」を。
お米などを使ったりして粘度を出したりはせずに、そのまんまというサラリとしたスープ。鶏の素朴でストレートな味わいがダイレクトに感じられます。白醤油と薄口醤油を使っているそうなので、ほんのりとした甘みはそちらからかな。券売機には「あっさり」との表記がありましたが、深みのある味わい。
麺は細麺。以前は中太麺だったようですが、土地柄か色々調整されたそうで細麺でした。
↑と同じく120gで作ってくれたそうですが、こちらも食べ応え感があります。
具は、チャーシュー・メンマ・粗みじんの玉ネギ・青ネギ・海苔。こちらのチャーシューは低温調理のものでお願いしましたが、↑に書いた知り合い効果で直火焼きのものも添えて頂いちゃったみたいです(^^ゞ 低温調理のものは、しっとりと柔らか〜。直火焼きのチャーシューは、部分的には噛み切り難かったりもしたけど、しっかりとした噛み締め感があって個人的には一番好みだったかも♪
粗みじんの玉ネギは香味がいいアクセントになり、瑞々しさもいい感じ。残ったスープは飲むというよりは、噛んでシャキシャキ感を楽しむ食べるスープでした〜^^

訪問日 2010年11月10日