<移転>
2010年7月
大阪市西区新町4−16−3
(閉店した竜馬亭の場所)へ移転
住 所
大阪府大阪市鶴見区鶴見4−1−18
最 寄 駅
地下鉄長堀鶴見緑地線 今福鶴見駅

*カドヤ食堂*
今福鶴見駅から徒歩2・3分。

元々は大衆食堂で奥様のお母様が切り盛りされていたのを、今のご店主が引き継いで中華そばのお店になったそうです。
播州系の甘い味わいがする醤油味の中華そばが人気ですが、研究熱心なご店主は試行錯誤をしながら微妙に味を変えたりもしているそうです。
店内は入ってすぐに大テーブルに8席位と、壁に向かうカウンター席が6席位。

メニューは【中華そば 650円】【豚そば 950円】【メンマそば 800円】【かけそば定食 800円】(塩は30円増し) 【特選つけそば 750円 大盛り850円 特盛り 950円】他、めし・豚めし・メンマめし等。


上 「和牛冷しそば」・・・880円

岩手の短角牛のお肉を使った冷しです。
スープはしっかりと冷えていながら、鰹節の風味と旨味がきっちりと前面に出ていて、コクがありながらもあっさり。
麺は全粒粉?を練り込んだというもので、ひらひらとした平たい麺で、食感が面白い。
具は、岩手の短角牛のたたきが3枚・玉ネギスライス・シソの千切り・浅漬けきゅうりの摩り下ろしたもの。
短角牛のたたきは噛むごとに肉自体の味わいがジュワーっと出てきます。千切りのシソも、玉ネギのスライスもきゅうりの摩り下ろしもとてもスープと合っていて、涼しげで夏にぴったりな一杯でした。

 らーナビ限定
  「白金豚旨味そば」・・・850円

油そば初体験(^^ゞ  
ですが、ちゃんと説明をしてくれました。
下にタレが入ってるのでよく混ぜて食べて、具や麺を少しだけ残して、後から出されるスープご飯と混ぜて頂くのだそう。

ドンブリには、太麺の上にチャーシュー2枚・角切りチャーシュー・ネギ2種・メンマ・海苔。

教えてもらった通りによく混ぜて・・・油は白金豚のラードを使っているそう。タレともよく混ざり、麺としっかり絡んでやや濃い目だけど美味しい♪多いかな?と思った角切りチャーシューも麺を食べてはつまんでみると食べ応えがあって美味しい。
小皿に出された「あさかぜ胡瓜」というのも途中で頂くと、口の中がさっぱりとリセットされる感じ^^

ドンブリの中が大分減ってきた頃合を見計らって、スープ入りのご飯が出されます。
このスープは淡海鶏と白金豚で摂ったものだそうで、残った油そばに入れて、お茶漬け風に。麺がレンゲからはみ出してちょこっと食べにくいけど、すごくさっぱりとして最後まで一気に食べきれちゃいます。
う〜ん 満足。美味しかった♪

訪問日  2006年7月9日
個人的好み  

「中華そば」・・・650円

知人との大阪・京都の食べ歩きの旅の4軒目。 ここで再び大阪在住のひろぴさんと合流。

化学調味料は使わずに素材を厳選したという動物系と昆布などの魚系とのWスープだそうです。突出したもののないバランスのいい旨みと甘みを感じるすっきりとしたスープ。
麺は中細の縮れ麺でスープの中できれいに泳いでます。
具はチャーシュー・メンマ・ネギ・海苔とシンプルながら、チャーシューが絶品。白金豚を使ってるそうで、チャーシューの中央に軟骨の部位があって柔らかなんだけど、少しコリッとした食感がたまらなくめちゃ旨です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪ラーメン事情通のひろぴさんによると、今日のラーメンは甘くない方だとか。ご店主がお休みだったので、たまたまなのか味を変化させてなのかは不明ですが。。。

訪問日  2006年2月15日
個人的好み  

「特選つけそば(大)」・・・850円

つけそばだと麺が全然違います。全粒粉の粒々が見えます。
しっかりと締められてぷりっとした麺はそのままでも美味しい。