11:30〜14:30 18:00〜22:00
定休日 水
住 所
京都府京都市下京区朱雀正会町1ー16
最 寄 駅
JR嵯峨野線 丹沢口駅

*拳ラーメン*
丹沢口駅の改札を出たら、右側の道をUターンするように線路おを右側に見ながら京都方面へ。ひたすら道沿いにずーっと真っ直ぐ進み、1つ目の信号を渡らずに左へ曲がった少し先の左側。徒歩10分位。

2008年6月に開店し、以前は中京区壬生中川町で営業していた「ラーメン こぶ志」。店名も「こぶ志」から「拳」と変え、2011年3月に移転OPEN。
店内は、入って正面右側に厨房があり、その前にL字のカウンターで10席ほど。待ち席もあり広々とした店内。 提供はお盆に乗せて運んでくれました。後会計制。

メニューは、【塩系】の【ラーメン 700円】【拳ラーメン(煮玉子入り) 750円】【塩釜チャーシュー麺 850円】【特選拳ラーメン(煮玉子・チャーシュー入り) 900円】と、醤油系の【ラーメン 700円】【拳ラーメン(煮玉子入り) 750円】【塩釜チャーシューめん 850円】【特選拳ラーメン(煮玉子・チャーシュー入り) 900円】に、昼限定【鶏ドロつけ麺 850円】、夜限定【こぶトンつけ麺 850円】などに【汁なし坦々麺 850円】【黄金鶏和え麺 800円】など


「塩ラーメン」・・・700円

ちょっと横広な縁のあるドンブリです。
実は、30mくらい離れてた交差点に立った時、魚介系の香りがしてお店の場所がすぐ解りました。
スープを飲んでみると、その魚介のイメージとは打って変わって、とっても穏やかな味わいが。ベースは鶏?それにお魚のダシやエビの様な香ばしさも感じます。そして時折山椒の様な個性的なアクセントも。
麺は、麺屋棣鄂(ていがく)のものだそうで、全粒粉の粒々が練り込まれた細麺で、風味もいいですね。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・チンゲン菜・細かく切ってある菊菜・糸唐辛子。→手前の細いのは、何だろう?春雨かな? チャーシューは、塩釜にして蒸し焼きにしたものだそうで、ジューシーで味もめちゃ旨!チャーシュー麺にすれば良かった^^; 菊菜もいいアクセントでした♪

訪問日  2011年11月15日