11:30〜14:30 18:00〜22:00
定休日 月(月曜が祝日の場合、火曜も休み)
住 所
大阪府大阪市北区曾根崎2-10-27
最 寄 駅
地下鉄谷町線  東梅田駅

*大阪 麺哲*
最寄駅的には東梅田ですが、大阪駅や梅田駅とは地下で繋がっています。
「東梅田駅」方面に行き、「H60」の出口を出て数mほど進み、左側1本目の路地を曲がって直進。Y字を右に行き、「新御堂筋」に突き当たった右側手前。

2014年7月26日OPEN。
豊中にある「麺哲」の大阪店で、麺哲グループでは、他には「麺野郎」「坊也哲」などがあります。
この場所は、店主の庄司さんにとっても所縁がある場所なんだそうな。
店内は入って右側が厨房で、その前にカウンターが11席ほど。右側手前がレジになっており、その隣にはお寿司屋さんなどにあるネタケースが置かれています。
入り口左側手前に給水器が置いてあり、お水はセルフ。

メニューは【醤油 700円】【肉醤油 1000円】【醤油雲呑 900円】【肉醤油雲呑 1200円】で、塩味変更は+100円。
他には【白ごはん200円】【ホタテご飯300円】の他、【盛り合せ500円より】など。
尚、「麺硬め」などはお断りです。


 

 

友人に「大阪の美味しい清湯のラーメン」をメインに教えてもらい、久しぶりの食べ歩きの旅です^^ 最初のラーメンはこちらから♪

店長をされているのは、「巌哲」@早稲田のOPEN当初にお手伝いで来られていた中田さん。そして、8年半ほど前に天保山のマーケットプレイスで期間限定で出店していた時にお邪魔してお話した庄司店主もいらっしゃいました♪

「醤油雲呑」・・・900円

中田さんのお勧めで「醤油雲呑」を^^
鶏や昆布の出汁がじわりと染みわたってくるスープ。薄口醤油の香りや味わいも絶妙な加減です。「巌哲」で食べる醤油とはまた違った味わいと滋味深さがあります。
麺は、自家製のストレートな中細麺でつるりと表面滑らか。啜り心地も良く、小麦の香りもふわりと感じられて美味しい麺です。
具は、チャーシュー・雲呑・メンマ・九条ネギ・海苔。チャーシューは厚みがあってデカいです!食べ応え&ボリューム満点。雲呑は、皮がちゅるんと滑らかな食感。餡の挽肉は、練って固めたものではなく、ふわりと空気を入れながら味付けをして包んだものかな。口に入れるとホロリと挽肉が解れます。九条ネギのシャキシャキ感もいいアクセント。
スープも残さず堪能させて頂きました♪

訪問日  2014年9月28日

 

 

 

大阪食べ歩き初日の最初に頂きましたが、〆もやっぱりコチラに^^
前日夜に、大阪&京都の友人達と「麺野郎」で飲み会。庄司店主も早めに顔出ししてくれ、呑んだ勢いでちょっとわがままバージョンをお願いしちゃいました(笑)

「塩雲呑(肉なしで)」・・・800円

麺とスープと九条ネギだけの「かけ」状態のものも食べてみたいと思ったんですが、雲呑は好きなので「塩雲呑」からチャーシューだけを抜いてもらいました。
チャーシューからの味が移らない分、ベースのスープの昆布や鶏の味わいが堪能出来ますね。スープの温度変化による素材の顔の出し方も楽しかったです。
麺を啜る時にふわっと感じる出汁の味わいや、口から鼻に抜けていく鶏出汁の香りまでも心地良く、思わず唸っちゃいました(笑)
具は、雲呑・バーグ・メンマ・九条ネギ・海苔。バーグと雲呑の餡は基本同じものかな。バーグの方は焼き目がついていて、雲呑の餡よりも味をしっかりめに感じるかな?ホロリとした解れ具合は一緒ですが、茹でと焼きの微妙な食感の違いが面白かったです。

大阪のラスト1杯。もちろん、スープまで堪能させて頂きました♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「鶏そば」・・・800円

前夜ご一緒した友人からお土産を頂戴するのにコチラで待ち合わせ。庄司店主おまかせで作ってもらった「鶏そば」をちょこっと味見させて頂きました。
鶏肉を「ハラミ」の部位にしてみたそうで、弾力があってしっかりとした噛み応え感がすごかったです。

訪問日  2014年10月2日