11:00〜翌3:00
祝 11:00〜翌2:00
定休日 無休

住 所
神奈川県川崎市中原区上新城2-11-26
最 寄 駅
JR南武線  武蔵新城駅

*元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン 新城店*
JR南武線の武蔵新城駅の改札を出たら、左側の北口へ。すぐに「南武沿線道路」に突き当たるので左へ真っ直ぐ7・80mくらい進んだ先の左側。徒歩1分。

1967年に創業した「元祖ニュータンタンメン本舗」。
今ではすっかり川崎や横浜あたりでスポット的ではありますが、しっかりとご当地ラーメンとして根付いている「タンタンメン」。一説によると、その前身的なものは1940年代頃には既にあったとか。ですが、現在認知されているスタイルにしたのは創業者である「五十嵐源吉」氏だそうです。
現在では30店舗ほど展開し、そのうち直営店は5店舗ほど?「本舗」は「ほんぽ」と読むのではなく、創業者の名から「イソゲン」と読むそう。
「元祖ニュータンタンメン本舗」の中には、ラーメン専門店と焼肉提供店とがありますが、こちらの新城店はラーメン専門店で直系のお店です。
店内は、奥に細長い造りになっていて、左側から奥にかけて厨房があり、その前に変形のカウンターが12席ほど。後会計制です。

メニューは【タンタンメン 700円】【醤油らーめん 600円】【チャーシューメン 850円】【ねぎ味噌らーめん 950円】【チャーシュー味噌らーめん 1000円】の他、【焼餃子 400円】【味噌餃子 400円】【チャーハン 700円】などに、トッピングやセットものなど。
「タンタンメン」は、辛さが「控えめ・普通・中辛・大辛・めちゃ辛」が選べます。


ご当地ラーメンの中でも、上位に入る大好きなタンタンメン。無性に食べたくなり、ちょっと足を延ばしてみました^^
通し営業で駅からも近く、現在でもお昼時には行列になるというこちらのお店。作り手によるのか、夜よりも昼間の方が美味しいとか。

「タンタンメン 中辛」 ・・・700円

写真だと分かりにくいですが、通常よりもひとまわり以上大きな広口のドンブリ。レンゲも2倍くらいの大きさでしょうか。
スープは、ガラを主体とした動物系の清湯スープに、ニンニク・挽肉・溶き卵・粗挽きの韓国唐辛子が入った塩味スープ。
見た目は真っ赤に見えますが、韓国唐辛子なので辛さは色ほどではなく、じんわりとした辛味と唐辛子の味わいが楽しめます。そして、ニンニクの香味と挽肉からの旨みも加わり、溶き卵がちょっとまろやかに。ふわふわの卵の食感も楽しく、ニンニクのジャンキーな感じが何ともクセになるんです(^^ゞ
麺は中太のもの。気持ち柔らかめな茹で加減なのがまたいい感じ。

こちらの印象は、スープ熱々で挽肉がたっぷり。スープを飲むというより、レンゲに入ってくる挽肉達と一緒に食べるスープ的な感じかな? 残ったスープにご飯を入れてクッパにして〆るのもお勧めです。

訪問日 2013年6月9日