「創作塩つけ麺」

「巌哲」@早稲田

金曜と土曜の夜に提供される「創作塩つけ麺」。
お魚をメインに毎週使う素材が変わるのも楽しみのひとつ。
素材により添えられる小皿も変わり、出汁(つけダレ)の味わいの違いも楽しい。

 

 

「つけそば」

「焙煎汐蕎麦処 金字塔」@赤羽

つけダレはトリュフオイルのふわっとした香りと鶏の味わい。
一度で2種類の違った麺を食べられるのも楽しく、スープ割りの代わりに
玄米茶が提供されるというのも斬新でした。

 

 

「鶏白湯つけ麺」

「麺や 七彩」(現:食堂 七彩)@都立家政

鶏白湯で煮込んだ麺のドンブリとつけダレ、そして味変の小皿が添えられます。
つけダレも醤油・塩・味噌などのバリエーションがあり、そのままラーメンとして
食たり、つけ麺として食べたり、最後につけダレを麺のドンブリに入れてラーメンとしても
楽しめる食べ方色々なつけ麺です^^