< 閉 店 >
住 所
宮城県仙台市若林区連坊1−10−23
最 寄 駅
JR仙石線  榴ヶ岡駅 ・ 仙台地下鉄 五橋駅 他

*仙台中華そば すずき
JR仙石線の「榴ヶ岡(つつじがおか)駅」の出口2を出たら左(出口1だと右)へ。1つ目の交差点「榴ヶ岡4」を左に曲がってずーっと真っ直ぐ。5つ目の信号手前の右側。徒歩10分位。
仙台駅から歩いても20分くらいです。

東北大震災の影響で開店予定が遅れたそうですが、2011年4月23日にOPEN。
ご店主は青葉区の陸前落合にある「みずさわ屋」の出身。こちらでも同様のスタイルと味を提供する暖簾分け店。
店内は入って左側にレジがあり後会計制。
L字のカウンターが10席で、その内側に厨房があります。「みずさわ屋」同様に漫画本がたくさん並べられてました。

メニューは、【中華そば 並500円・大650円】【煮卵入り中華そば 並620円・大770円】【メンマそば 並670円・大820円】【チャーシューそば(もも肉) 並770円・大920円】【やわらか肉そば(バラ肉) 並880円・大1030円】などにランチセットで【肉ご飯小&漬物 +230円】【肉ご飯並&漬物 +330円】【肉ご飯大&漬物 +430円】の他、【チャーハン】【トロ肉丼】【バター肉ご飯】などなど。


JR東日本パス」を利用した日帰り仙台遠征の2軒目でラストです^^;(ちなみに1軒目はコチラ

「煮卵入り中華そば 並」・・・620円 

ドンブリの渕までナミナミと入ったスープ(お店の方がちゃんと前まで置いてくれます)。見た目的にもしっかりと修業先の一杯を継承されていますね。
みずさわ屋」と同様な作り方だとすれば、スープには鶏や豚などの動物系に煮干や昆布や椎茸などを使用かな?あっさりながらも、煮干しの香りも良く、滋味深くて何だかホッと味わい。
麺は、白っぽい色味の細麺ストレート。柔らか目な食感ですが、このスープには太さとこの茹で加減がすごく合います。
具は、チャーシュー・メンマ・絹さや・ネギ・煮卵。チャーシューは脂身の部分だけが顔を出してますが、もも肉の部位が。厚めに切られていて、お肉の部分はしっとりながらも噛み応えがあり、脂身はサクッとした食感で美味しい♪隣の人が頼んでた「チャーシューそば」は5・6枚ほど入っていて麺が見えないくらいのボリュームでビックリ。煮卵は結構甘目な味付けだったかな?絹さやの青い味わいもいいアクセント。
たっぷりなスープも、程よい塩梅&あっさりさも手伝い気が付くと飲み干しちゃってました^^

訪問日  2011年7月10日