7:00〜麺終了次第閉店
定休日 水・第2木
住 所

新潟県新潟市中央区東堀通6番町1045

最 寄 駅
JR越後線 白山駅  JR白新線・信越本線 新潟駅

*中華のカトウ 本店*

最寄駅からは1.6キロとか1.7キロ程らしいので、徒歩で20分くらいでしょうか。

1971年創業で、新潟四大ラーメンの内の1つである「新潟アッサリ醤油」の老舗だそうで、朝の7時から営業しています。
同じ新潟市の中央区内にも支店があるそうで、そちらでは小盛り・普通盛り・大盛りの他にタンメンや餃子などのメニューももあるそうですが、こちらは中華そばとチャーシュー麺の2本立てとシンプル。
店内は入って右側が厨房でその前にカウンターが4席と、左側にテーブルが2卓。
ご店主おひとりで営業されていました。

メニューは【中華そば 450円】【中華そば大 550円】【チャーシュー麺 550円】【チャーシュー麺 大 650円】。


知り合い達が新潟遠征へ行くという話しを聞き、急遽休みを変更して付いて行っちゃいました(^^ゞ こちらは1軒目。

「中華そば(小)」・・・450円

深夜に出発したので、朝4時頃には新潟に到着。しばし仮眠の後、7時開店のこちらへ10分前くらいにシャッター。
開店時間の気持ちほんの少し前に開けてくれました。

6人共「中華そば」の(小)を。新潟四大ラーメンで、他には長岡系の「生姜濃厚しょうゆらーめん」というのもあるそうですが こちらでも店内に入った瞬間ほんのりと生姜の香りが。
3杯ずつ2度に分けて作られてました。
スープは、塩梅が控えめながらもダシ感があってとてもあっさりとしたスープ。食べてる途中ではわからなかったけど、食べ終えた後に煮干しがちょっと抜きん出てたかな?
麺は手打式との事。自家製麺なのかな?
きしめんや稲庭うどんを感じさせる白くて平たいもの。同行者の分析によるとかん水は使っていないのでは?との事。
具は、チャーシュー・メンマ・玉ネギ・ナルト。
以前はナルトに穴が開いていたそうですが、現在は穴なしのナルトを使っているようです。あっさりとしたスープにも、玉ネギの香味はいいアクセント。ただ、食後しばらく玉ネギが口の中で居座ってましたが・・・(^^ゞ

訪問日 2009年7月21日