訪問日  2010年3月21日

2009年12月から始まった中山競馬場クリスタルコーナーでのラーメンフェスタ。
毎週土日で2店舗ずつデフォだったり限定だったりするラーメンやつけ麺が提供されて来ました。
3月の20・21日は、「らーめんダイニング ど・みそ」@京橋・「麺や 七彩」@都立家政の2店舗。

厨房内はスタッフ勢ぞろい(笑)

らーめんダイニング ど・みそ
齊藤店主との会話で・・・4月1日の八丁堀でOPENする2号店。
何でも2階席があり、そこでは味噌鍋を食べたりしながら飲めるダイニングの空間があるとか。

麺や 七彩
阪田店主の他、山下君・長尾君に、先日「麺や 七彩」を卒業し来週「麺や 河野(こうの)」を
OPENする河野君や元某店出身でSAI−ROCKなどイベントスタッフのTさんもいました〜。

↑店舗前はこんな感じ

麺や 七彩」@都立家政
麺や 七彩

福井県小浜発 馬鹿勝ちぶっちぎり 鹿らーめん『OBAMA』・・・900円

先日の3月3日に「麺や 七彩」で20食限定で提供された「蝦夷鹿そば」。
麺や 七彩」で鹿というのは意外だったんですが、某所で見た店主の創作過程で「思ってたよりも美味しい」という感想を見かけて気になってました。
何でも、福井県の小浜市にある食文化館というところから・・・現在は鳥獣害対策として駆られている鹿などが廃棄されている状態。それを有効活用できないかとの依頼で中華やイタリアン、漁師料理や学生の創作メニューの他、ラーメンでも活用できないかとの依頼で作られ、3月3日の限定メニューでの登場&先週3月13日に福井県の小浜市で「鹿の食べ比べ」イベントで披露された様です。

先日の「麺や 七彩」や今回でも使っているのは大きく分けて「日本鹿」。
ですが、先日のは北海道などの寒冷地方に生息するために大型になり脂質も多くなったという俗に言う「蝦夷鹿」。そして今回のは、福井県の小鹿だったそうな。
前回のは鹿の骨や肉などに昆布を使ったものだったそうですが、今日はほんのりと魚介の味わいもした様な?前回同様に牛の様な甘みを感じながらもあっさりで、滋味深い&すっきりとしたキレのあるスープでした。
麺は中太のストレートで滑らかな喉越しで、スープとの相性がどことなくお蕎麦っぽい感じも?
具は、通常では豚のモモチャーシューと鹿チャーシューの様ですが・・・ 豚のモモチャーシューは普段たくさん食べてるせいか、鹿チャーシューで盛られました(笑)
低温調理された鹿のモモチャーシューは、前回食べた時はレバーの様な食感と味わいだったんですが、今回はしっとり柔らかな鹿肉感を感じました^^