長野県の南松本駅近くにある「EAON 南松本店」の東側駐車場で
4月23日〜5月8日まで開催中の「信越麺戦記 part3 中京の章」。
提供時間は10:00〜20:00

 

4月23日〜29日までが「前半戦」。
4月30日〜5月6日までが「後半戦」
そして、5月7・8日は信州麺友会のサプライズラーメンが提供されるそうです。

前半戦の参加店は・・・
「肉そば おとど」@千葉・「信州生麺 三銃士」@長野
「GO‐GO宝来軒」@新潟・「フジヤマ55」@愛知
麺家 喜多楽」@愛知・ 「麺屋 白神」@岐阜

後半戦の参加店は・・・
「麺屋 あっ晴れ」@愛知・「麺の坊 晴レル屋」@愛知
「肉拉麺 SEN」@新潟・「麺匠 克味」@新潟
「風神・雷神」@長野・「江戸川ヌードル悪代官」@東京

「肉そば おとど」@千葉

「信州生麺 三銃士」@長野

「GO‐GO 宝来軒」@新潟

「フジヤマ55」@愛知

麺家 喜多楽」@愛知

麺屋 白神」@岐阜


訪問日  2011年4月24日

「前半戦」に。

ウチから南松本までを調べてみたら片道3時間半ちょっと。という事は往復7時間半・・・
どうしようかな?と思ってましたが、夜更かしして気が付いたら朝方になってて。。。
そのまま寝ずに勢いつけて行って来ちゃいました(^^ゞ

今回の目的は・・
「前半戦」の愛知県名古屋市の「麺家 喜多楽」と岐阜県関市の「麺屋 白神」。
何年前になるのかな?都内でのとある飲み会に知り合いから誘って頂き、
そこで初めてお会いした両店主。それ以来親しくさせて頂いてます^^

OPEN時間の10時頃の到着。 まだ人はまばらでしたが、まずは挨拶に。
驚きながらも、笑顔で迎えてくれました。 そして、↓こんなツーショット写真も^^

左:「白神」@石神店主 右:「喜多楽」@林店主

「塩そば かさね味」・・・700円
           +メンマ・・・100円

前半戦では唯一の塩味であっさり系。
透明感のある澄んだスープは、動物系や魚介系をメニュー名通りに合わせてあるというか、重ねてたもの?コレ!っていう単体の素材の主張がなく、どれもがバランス良く合わさっていて、まろやかでホッとする優しい味わいのスープで美味しい♪
麺は中細のもので、スープともいい感じ。
具は、チャーシュー・メンマ・水菜・ネギ・海苔。チャーシューはほろっと柔らか。サクッとした脂身の部分も美味しい。太い短冊のメンマはダシがじゅわ〜っと染みていて、柔らかくてジューシー。

「豚骨煮干しそば」・・・700円

まだ行った事がないんですが、2009年8月にOPENした博多ラーメンを提供する「二代目 白神」で限定で出していた「豚にぼ」ってこんな感じなのかな?

豚骨&煮干しの両方がしっかりと効いていて濃厚でパンチのある味わいのスープ。
麺はやや中細のもので、スープが良く絡みます。
具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・海苔。
チャーシューは角切りにされたもので、ゴロゴロとたくさん入っていてお得感が^^ メンマは、こちらも太い短冊状のもので、柔らかでジューシー。濃厚なスープにいいアクセントになってました♪