2012年5月13日

「日本のラーメンを変える若手っぽい会」(仮)が発足?。
参加店は去年OPENしたお店をメインに11店舗が参加。
その参加店は、麺場ながれぼし@蒲田・くろき@秋葉原・ソラノイロ@麹町・
とら食堂松戸分店@松飛台・えにし@戸越・凪@新宿 ・ 二代目にゃがにゃが亭@三河島・
福の神食堂@秋葉原・ほうきぼし@志茂・マタドール@北千住・楽観@六本木。

そしてその参加店の中から、新宿ゴールデン街の「凪」と北千住の「牛骨らぁめんマタドール」
2012年5月12日&13日の二日間でコラボ。

「凪」といえば煮干し。「マタドール」といえば牛骨。

初日の5月12日は新宿ゴールデン街の「凪」で、「凪」が「マタドール」をイメージしたという
「マタドールと凪」と銘打ったイベントで、マタドールの岩立店主も「凪」へ。
そして5月13日は北千住の 「牛骨らぁめんマタドール」で、「凪」の煮干しをイメージしたという
「ナギドール」と銘打ったイベントには凪の生田店主も「マタドール」の厨房に立たれました。


 

朝寝をむさぼり過ぎて、かなり遅い出だしでしたが無事に87番の整理券をGET。
1時間ほど並んでようやく店内へ。
メニューはコラボの「牛骨煮干しラーメン」のみですが、ご飯ものの提供があったので「サラダごはん 海老風味」も^^

「牛骨煮干しラーメン」 ・・・1000円

普段と同様に平ザルを使い、メインで調理するのはコチラの岩立店主。そんな調理する姿を眺めながら、凪の生田店主とちょこちょことお話ししていると、ほどなく提供。

見た目的には「マタドール」のラーメンですが、「凪」の一反も麺も入ってて思わずウキウキ♪
スープは、こちらマタドールで何度も頂いた牛骨の香りと味わいのあるスープに、ゴールデン街の凪で提供しているよりもふわっと軽めに効かせてある煮干しの香りと味わいのするもの。同化していながらも、ちょこちょことそれぞれの味が垣間見れて面白いし、美味しいスープです。
麺は、マタドールの普段使いのものかな?それに、凪で「麺刺し(麺のお刺身)」などに使われている幅広の「一反も麺」と呼ばれるものも。スルスルと啜り心地も良く麺の風味もいい麺。そして、ちゅるん♪と滑らかな一反も麺の2種の麺。どちらも堪能出来ました〜
具は、とろっとろに柔らかく煮込まれた甘辛い牛筋肉。そして、白ネギ・青ネギ・みじん切りの玉ネギ・細切りタケノコ・海苔。ネギ達や牛筋肉達が徐々にスープに味わいをプラス。細切りタケノコの食感も良かったです。

「サラダごはん 海老風味」 ・・・280円

「サラダごはん」は以前に「ガーリック風味」を食べた事があるので、今回は「海老風味」を。
フライドガーリックに対して、こちらはカリッとした海老が乗るもの。たっぷりの水菜やネギが乗り、その下には角切りの牛チャーシュー?
そのまんまだと食べ難いので、上部から箸で押し付けてネギ達を密着させて端っこからちょっとずつ頂きました(笑)


そして、記念のツーショット♪
左:マタドールの岩立店主・右:凪の生田店主