今年も「大つけ麺博」が開催。
日比谷で始まり、その後浜松町で開催。
そして今年は新宿の大久保公園で行われています。

 

開催期間は、2013年10月10日から11月6日までの4週間で
1週間ごとに6店舗ずつが入れ替わります。

11:00〜21:00
水曜は店舗入れ替えの為11:00〜15:00まで。

   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問日  2013年10月17日

「第二陣」。参加店と提供メニューは

「麺屋 白神」(岐阜)・・・「肉盛り生姜味噌」

「麺処 蒼生」(群馬)・・・「あおいつけ麺」

「ラーメンJACKSON'S」(大阪)・・・「きゃに〜かにゅかにゅ☆濃厚カニつけ麺」

「中華蕎麦 とみ田」(千葉)・・・「八年目の豚骨魚介」

「竹本商店☆つけ麺開拓舎」(秋田)・・・「比内地鶏と海老にぼつけ麺」

「博多一幸舎」(福岡)・・・「一幸舎濃厚豚骨魚介つけ麺」


仕事の後、「第二陣」の初日に行ってみました。

日比谷や浜松町と比べると、かなり狭いかな?という印象。
ですが、2階建てのプレハブの飲食スペース(2階は立食)や敷地の囲いの際のところにも
立食できるテーブルが置かれていたりと、食べるスペースは思ったよりも確保されていました。

時間がなかったので1軒だけ。

 

「麺屋 白神」(岐阜)

岐阜県関市に3店舗を構える「白神」。

一昨年は「東海四天王」として、白神・喜多楽・ぎんや・晴レル屋の4店舗で
コラボしましたが、 ことしは「白神」が単独で参加です。

 

「肉盛り生姜味噌」(普通盛り)・・・850円

「白神」本店の裏メニュー的な存在だという「味噌つけ麺」。
今回は、その味噌つけ麺を「つけ麺博仕様」にアレンジを加えて提供。

つけダレのベースのスープは豚骨。味噌ダレには江戸甘味噌など数種類をブレンドしたものに、
エゴマ(岐阜では「あぶらえ」と呼ばれる)を すり潰したものもたっぷり。
事前のテレビ紹介では隠し味にキウイフルーツも入れてるとか。
ぶつ切りにしたネギもゴロゴロ。しょっぱくはないけど、個人的にはちょっと甘いかな。。。

麺は、焙煎小麦をブレンドしたという太麺。
その上には、豚肉を細切りにして生姜焼きにしたお肉がたっぷりと彩りの青ネギが。
そのまま、お肉と麺だけでも美味しかったりします(笑)
すり潰しのエゴマがたっぷり入っているので、麺につけダレがしっかり絡みます。
添えられたたっぷりの擦り卸し生姜を加えつつ食べると、味わいも変化。
冷え込む秋の夜には、体が温まる一杯でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訪問日  2013年10月21日

「肉盛り生姜味噌」

「第二陣」の5日の内、ちょこちょこと4日ほどお手伝いに参加してくれたという「HAJIME」の
内田店主と白神の面々が営業終了後に飲みに行くというので、私も便乗^^;
早めに到着したので、腹ごしらえに一杯作ってもらいました。
2日目から始めたという味玉トッピングで。
色々と意見を聞きながら バランスを 調整した様で、甘さも控えめになり
つけダレが美味しくなってました。 豚肉の生姜焼きは相変わらずご飯が欲しくなりますが
つけダレと絡めても味が濃くなり過ぎずのいい塩梅。
初日の夕方に食べた時よりも、格段にいい仕上がりでした。