開催期間 2014年10月24日〜11月3日

今年で6回目となる「東京ラーメンショー2014」が駒沢オリンピック公園の中央広場で開催。

第1幕が6日間、第2幕が5日間と計11日間で、それぞれに20店舗が並びます。

10:00〜21:00
10月29日と最終日の11月3日は、10:00〜18:00

ラーメンは完全チケット制(追加トッピングは現金)で全店一杯850円。

第2幕

2014年10月30日〜11月3日

今年も東海の「麺家 喜多楽×麺屋 白神×麺座 かたぶつ」のお手伝いで3日ほど参加です。
頂いた賄い達をご紹介♪

 

麺家 喜多楽 × 麺屋 白神 × 麺座 かたぶつ

「東海炙焼肉玉子とじ」

お手伝いした東海ブースのラーメンです。
「秘密のケンミンSHOW」でも紹介された事があり、「萬珍軒」から始まった
ご当地ラーメンの「玉子とじラーメン」。
ふわっ&とろっとした玉子が麺に絡んで、優しい味わいのスープ。
粗挽きのコショウがアクセントになります。

麺や 七彩 × BASSO ドリルマン × 魂麺

「秋田稲庭中華そば」

去年に続き、今年も頂きました^^
トッピングの三関のセリもめちゃ旨!
滑らかな麺に、具のひとつひとつが
美味しいんです^^

めっちゃ好きやねんズ
(ストライク軒 × べらしお × JUNK STORY)

「極太なにわ中華そば」

大好きなご当地ラーメンのひとつの「高井田系」。
極太の麺に濃いめのお醤油色のスープ。
九条ネギと粗挽きコショウがアクセントです^^

今年はデザートブースも♪

雪うさぎ

「紫芋ココナッツミルク」

ラーメン屋さんのスイーツ

名称失念^^; とりあえず3種類を一気に!(笑)

麺京都祇園 らぁ〜めん 京

お濃「京野菜」鶏つくね塩そば

お野菜の出汁も出て優しい味わい^^

麺屋 宗 × らぁ麺 やまぐち

「鶏塩そば」

鶏ダシと滑らかな麺で旨〜♪

らーめん なると家 × 麺屋 政宗

「伊達の炙り牛tナンネギ塩そば」

トッピングの牛タンはホロリと柔らか。

喜多楽 × 白神 × かたぶつ

「玉子とじ」

勝手に賄い(笑) シンプルなのも美味しかった。

 

支那そばや

「佐野実の醤油らぁ麺」

お隣だった「支那そばや」ブースから頂いたイクラのおにぎり。
ラーメンも頂いて、一緒に堪能しました^^

東珍軒 × 喰海

「本場ご当地の尾道ラーメン」

大きめのぷにっとした背脂が美味しかった^^
そして、↓こちらはお手伝いしたブースのスタッフや友人のをちょこちょこと頂いたものです^^

津軽ラーメン煮干し会

「濃厚煮干」

今治バリラーひろめ隊

「瀬戸内発 海の香りの今治ラーメン」

麺や 七彩 × BASSO ドリルマン × 魂麺

「稲庭中華そば 味噌(裏メニュー)」

日本ラーメン教会 コミュニケーションブース
(麺や食堂×ヌードルラボラトリー金斗雲×麺処鳴声)
「神奈川淡麗しおラーメン」

京都ラーメン(元祖京都ラーメン 麺喰亭)

「京醤油ラーメン」

BumBumBlauCafe with BeeHive

「マンゴー」

第1幕

2014年10月24日〜10月29日

訪問日 2014年10月25日

仕事の後に行って来ました。
会場に向かう途中にあるセブンイレブンでチケットを3枚購入。
到着したのは20時頃でした。

 

酒田のラーメンを考える会
ワンタンメンの満月・新月・中の口三日月軒・花鳥風月・つけ麺道 癒庵・めん工房 さらしな

「山形酒田の自家製ふわ・とろ ワンタンメン」

酒田ラーメンは、大正15年に中国人が「支那そば屋」として開店したのが起原なんだそう。
「大来軒」をルーツにした大来軒系と、そこから分れた三日月軒系、そして「満月」で修行した人が
独立した満月系と、その3つが伝統を汲む大きな流れだとか。

ラーメンショーの公式HPを見て、このワンタンに惹かれたので1杯目に^^
並んでいると友人から声をかけられ、ワンタンは作り置きではなくブース裏で
現在進行形で包まれているとの情報を頂き、期待が高まります。
スープは煮干しと昆布を使ったものだそう。じわりと染み入る味わいです。
麺もその場で揉まれているそうで、程よい縮れで食感も良くスープとの絡みもいい感じ。
具は、チャーシュー・ワンタン・メンマ・ネギ。期待通りにワンタンの美味しい事!
大きな皮に餡はちょこんとタイプ。お箸で持ち上げると崩れてしまうくらいトロンととろける皮。
ワンタン増し増しで食べたいくらい美味しかったです♪

 

来々軒

「日本初の醤油ラーメン」

今はもう存在しませんが、浅草の地で1910年(明治43年)に創業した東京ラーメンの
元祖的なお店。(1944年(昭和19年)に閉店)
その味を、「せたが屋」の前島さんが再現したという一杯です。

100年前のラーメンというには洗練されていますが、コショウが効いていて
鶏ガラベースのスープは 何ともほっこりとして懐かしい味わいを感じます。
麺は中細の緩いウェーブのあるもので、スープともいい感じ。
具は、チャーシュー・メンマ・ナルト・ネギというシンプルさも懐かしい雰囲気満載です。

 

彩色ラーメン きんせい

「なにわの金の塩」

大阪の高槻に本店がある「彩色 きんせい」。 移転前の8年ほど前にお邪魔した事が。
その時は夏の限定を食べたんですが美味しかったので^^

鶏を使ったスープに、数種類の乾物などを使ったという魚介系とのダブルスープとの事。
ふわりと香って来るのは「紫蘇油」だそうで、これがまた斬新な味わいを加えてます。
麺は中細のもので、啜り心地滑らかで美味しい♪
具は、チャーシュー・メンマ・2種のネギ。
たっぷりと盛られたネギは、ほんのりとした辛味もいいアクセント。
白髪に切られた白ネギは麺と一緒に食べてシャキシャキ感を楽しみ、
青ネギはスープと一緒に口に含んで噛むスープにするのが楽しいです^^