開催期間 2009年10月22日〜11月11日

日比谷駅すぐ近くの「日比谷パティオ」で開催の「大つけ麺博」。
1週間ごとに参加店舗が入れ替わり、第1陣から第3陣まで計24店舗が参加。

第1陣は・・・10月22日〜10月28日
第2陣は・・・10月29日〜11月 4日
第3陣は・・・11月 5日〜11月11日

※参加店やメニューの詳細、天候による営業時間や待ち時間などは
公式HPで紹介されています。
地下鉄日比谷駅の「A5」か「A11」出口からが便利です。

券売機が5台並ぶコーナーがあって食券制で追加トッピングは現金で。
先に食券を買ってから並ぶシステムとなっています。
各店とも800円と値段が統一されています。

↓「第2陣」の参加店舗。

蒙古タンメン 中本 @板橋

(※↑リンクは池袋店になってます)

「頑固麺飯魂 気むずかし家」@長野

文京区春日(東京)や長野にある
信濃神麺 烈士洵名」なども展開。

「大勝軒」@南池袋

(※↑リンク先は閉店した東池袋店になってます)

「BASSO ドリルマン」@目白

「ジャンクガレッジ」@さいたま市

(※↑リンク先は大崎の旧店舗のもの)

訪問日 2009年10月29日

休みだったので、第1弾に引き続き第2弾も初日に行って来ました。
基本的?には、麺量は150gくらいと決められていた様ですが、 第1弾での声を踏まえてか
「大盛無料」を提供するお店や、有料トッピングが増えたりとバリエーションも広がってるみたいです。

公式HPで第2弾の中では、何が提供されるのか一番最後に発表されたのがこちら。
内容を見ると惹かれるものが。。。ココのが食べたくて第2弾へ行って来ました。

「頑固麺飯魂 気むずかし家」@長野

限定プレミア濃厚鶏白湯つけそば
     石臼挽き麺」 ・・・800円
          +鶏叉焼・・・100円

麺は信州と北海道の小麦をブレンドし、石臼挽きした「春よこい」を合わせて作ったという黒っぽくお蕎麦みたに見える麺。
麺自体に甘みがあって風味も良く、そのまんま食べても充分美味しい麺。
具は、鶏叉焼・メンマ・岩海苔・玉ネギ(だったかな)・生卵。麺の上のは追加トッピングの鶏叉焼。これが美味しかった^^
つけダレは、鶏白湯に魚介を合わせ白醤油で味付けしたというもの。なかなか濃厚で軽く酸味も効いています。途中で生卵を溶いて食べるとよりまろやかに。岩海苔は磯の香りも良く、麺にも絡んで来て美味しかったです。

偶然来ていた知り合い数人と合流し、大勝軒・BASSOドリルマン・とみ田・中本のつけ麺をちょこっとずつ味見させて頂いた後、凪と迷い挽肉に惹かれてこちらを(笑)。

ど・みそ@京橋

 「幻のみそつけめん」・・・800円

期間中には魂麺阿吽の店主さん達も友情応援で厨房に立つんだそうです。
もうイベントも何度目かなので、すっかり慣れた様子で提供もスムーズでした。

つけダレはゲンコツや鶏がらなどの動物系に鰹節や鯖節など魚介系を使ったもので、味噌ダレは5種類の味噌をブレンドしたものだそう。
具は挽肉・ニラ・海苔の筏に節粉が乗り、別添えで辛味のペーストも。
麺は中太のもので、お店で使っているものよりも少し細めにしたのかな?
具の挽肉の旨味も加わって美味しい味噌ダレ。ニラの香味もいい感じ。徐々に節粉で味に変化が出て、好みで辛味のペーストを入れるとピリッと引き締まって最後まで楽しんで食べられます。