開催期間 2009年10月22日〜11月11日

日比谷駅すぐ近くの「日比谷パティオ」で開催の「大つけ麺博」。
1週間ごとに参加店舗が入れ替わり、第1陣から第3陣まで計24店舗が参加。

第1陣は・・・10月22日〜10月28日
第2陣は・・・10月29日〜11月 4日
第3陣は・・・11月 5日〜11月11日

※参加店やメニューの詳細、天候による営業時間や待ち時間などは
公式HPで紹介されています。
地下鉄日比谷駅の「A5」か「A11」出口からが便利です。

券売機が5台並ぶコーナーがあって食券制で追加トッピングは現金で。
先に食券を買ってから並ぶシステムとなっています。
各店とも800円と値段が統一されています。

↓「第3陣」の参加店舗。

らーめん処 潤」@新潟

アイバンラーメン」@芦花公園

頑者」@川越

新風」@福岡
(※↑リンクは催事の時のものです)

前略っ。つけそばまるきゅう」@池袋
(※↑リンクは「まるうきゅうらーめん」)

せたが屋」@駒沢大学
(※↑リンクは品達のものです)
そしてもう1店舗はイレギュラーで・・・

11月5日〜6日 「ジャンクガレッジ」

11月7日〜8日 「佐野ジャパン」

11月9日〜11日 「六厘舎」

だそうです。

訪問日 2009年11月5日

休みだったので、第1弾第2弾に引き続き第3弾も初日に行って来ました。
到着と同時に知り合い軍団が食べてたつけ麺を試食させてもらい、その後本命だったこちらに並んだら・・・数人前に軍団の総長?が(笑)そちらをご相伴させて頂く事にしました。

アイバンラーメン@芦花公園

「全粒粉のWhiteChickenつけ麺」

午後2時過ぎでトッピングのローストトマトは売り切れとなってました。
こちらは、 アイバンさんと知り合いの知人が受け取ったもの。デフォのものよりもサービスされてるのかと・・・

全粒粉を使ったという自家製麺は、見た目にも粒々したものが練りこまれてるのが見えます。その麺の上にはガーリックはちみつドレッシングをかけたという鶏肉に水菜やネギなど。
つけダレは鶏や魚介や野菜や果物など20種類の素材を使っているそうな。
まずは麺をそのままで。小麦の風味が香りますね。
つけダレは色んな素材が合わさっていて、味の表現が出来ないような個性的で新しい味わい。麺の上に添えられている甘みのある鶏肉や水菜などとの相性もいい感じ。
初めての味わいでしたが、新感覚で美味しかったです♪
↑知り合い達と分かれた後に気になっていたこちらへ。

「前略っ。つけそばまるきゅう」@池袋

「阿波尾鶏の塩つけそば」・・・800円

つけダレは阿波尾鶏と大山地鶏を使ったものだそうな。すっきりとしていながらも、鶏の旨味が凝縮されていて、シソの香味とおぼろ昆布のまろやかな味わいがめっちゃ好みな味わい。
別添えの梅肉ペーストも麺と絡めたり、つけダレに入れたりで色々と楽しめました。
麺はBASSOドリルマンで使っているものを使用しているとか。ストレートな太麺ですが、あっさりスープにもよく合ってました。

知人から「四代目けいすけ」のつけ麺も食べさせてもらいましたが、個人的には一番のHITでした〜♪
らーめん処 潤@新潟

「燕三条流つけそば 背脂の乱」
                ・・・800円

他の知り合いともお話したりして時間を過ごした後、やっぱりもう少し食べたくて散々悩んみましたがこちらへ。

魚介ダシがベースのつけダレにはぷかぷかと背脂が。中には薄めではありますが、チャーシューが2枚とメンマ。そしてネギと岩海苔が入ってました。チャーシューは焼いてあるもの?芳ばしさを感じる味わいでした。
つけダレには、大きめな背脂ですが しつこさではなくて甘みがプラスされていました。
麺は〆られていてむっちりとした噛み応えのあるもの。
別添えのものは「かぐら南蛮味噌」。 辛味のプラスは控えめで、コクというか深みが追加される変化が楽しかったです。