2007年12月31日の大晦日の日に今年で7年目を迎えるという
千葉のラーメンイベントが【ラーメン好@津田沼】で開催されました。
1日限りの味のコラボラーメンが11時OPENで200食の提供。

今回の参加ラーメン店は
場所を提供された【ラーメン好@津田沼】【13湯麺@五香
魂麺@本八幡】 【拉麺阿修羅@船橋】【つけ麺目黒屋@馬込沢】
【栄昇らーめん@津田沼】【らー麺にしかわ@鎌取
【勝新亀ふじ@上本郷】 の店主の方々。

テーマは「エコ」

使い捨て容器や割り箸などのゴミを出さないように参加ラーメン店の
店舗での開催。マイ箸を持参した人には100円引きのサービスが
あったり、使う食材も「地産地消(千産千消)」と地元のものばかり。

提供されたメニューは・・・
「千産千消千葉ラーメン」・・・800円
※マイ箸持参の方は700円で、オリジナルマイ箸付は1000円


きっちりと役割分担をされていて作業が早いです。
紅一点の「にしかわ」の店主がとても印象的でした。

 去年の「チバヂカラ」に続き「魂麺」の山西店主が
奥でポーズを取ってくれました^^

黒・紺・朱色の3色を作ったそうですが、会計を担当していた知り合いに
薦められて朱色のお箸を。ようやく「マイ箸」を手に入れました^^


開店時には50人程の行列だったそう。
12時半過ぎの到着でも20人ちょっとの列。回転が良く30分くらいで座れました^^

「千産千消 千葉ラーメン」
   オリジナルマイ箸付き ・・・1000円

座って程なくラーメンが出されました。
スープは煮干の香りが先に来て、海老のような香ばしさも。飲み込んだ後には貝出汁のような旨味といい感じの渋さがあったりといろんな味わいが押し寄せて来ます。塩梅も丁度良く、旨味もしっかりで味わい深くてとても好みなスープ。食べ終わった後に知ったのですが、油は海老油と抹茶油を使い、タレにミル貝を使ったとか。
麺は中太のストレートで滑らかな口当たりのもので、もっちり感とコシを楽しめます。何でも見た目同じような太さの「13湯麺」と「目黒屋」の2種の麺を混ぜたそう。
具は、豚チャーシュー・蒸し鶏?・かぶ・ヤーコン・キャベツ・青菜・海苔・味玉半分・ネギと具沢山。かぶはちょっとソテーされているようで焼き目が見えました。かぶのみずみずしさと素朴な旨味が美味しく、ヤーコンは生ではなく火が入ってるようですが独特なシャキシャキ感が小気味いい。青菜は縮れほうれん草のような茹でてもしっかりとした食感が残っていました。細かく刻まれたキャベツも全然邪魔にならないし、スープの味を壊さずで美味しい野菜達でした。
最後はドンブリを持ち上げてスープまで完食〜♪美味しかったです^^

訪問日 2007年12月31日