お台場のフジテレビ1階広場にて昨年の12月から開催されている「ラーメンPARK」。
ラストの1週間、4月20日〜25日まで千葉県長生村の「BeeHive」が再び。

公式HPも更新されておらず・・・ 某サイトでの店主のコメントで初めて知りました。
後から聞いた話によると、先日のイベント「麺魂」の前日に連絡が来たんだとか。。。
こちらの出店に伴い、本店の方は4月20日〜26日まで休業になるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お店は「R3」のブース。
店舗写真は・・・
BeeHive」の斉藤店主と、たまたま来ていた「やきそば どろっ」の長尾君も一緒に(笑)

訪問日 2010年4月25日

「お台場ラーメンPARK」の最終日。 先日も行ったばかりですが、再び。。。
昨日某所で見かけた店主の「醤油も七彩の麺で出せます〜」というコメント。
それも食べてみたいけど、七彩の細麺の方でも食べてみたい!
でも、七彩に寄ってからお台場へは時間がかかるので、「喜楽々」で
細麺を分けてもらって麺を持参して行ってみました〜(笑)

 

  
「粋 お台場バージョン」・・・800円
  
(「喜楽々」の細麺バージョン)」

偶然お会いした知り合いが七彩の麺で食べてたので、ちょこっと頂いてみましたが・・・七彩の新人さんが作った麺だからなのか、手揉みして茹でられた麺は・・・短っ@@;
やっぱり持参した「喜楽々」の細麺でお願いしました。

3席設けられた店内だったので、陶器のドンブリでの提供。
スープは鶏をベースに魚介がふわっと香るもの。先日食べた時に感じた濃い〜ハマグリの味わいは、私には今回殆ど感じられなかったかな。その事を正直に告げると・・・、昼間はハマグリの味わいがすごい!と言ってた人も居たとか。スープではなく濃縮したハマグリ出汁を醤油ダレとして使っているのですが。。。私が2度目だからなのか、使っている弓削多の醤油が生で生きてるものなので数日でいろんな変化が起きたのか。。。ハマグリの味わいが感じられなくても魚介系の旨味があってスッキリとした味わいで美味しいスープでした。
具は、低温調理したモモとバラのチャーシュー。バラ肉の脂身もサクッとした食感で甘みがあって美味しい^^
デフォで使ってた三河屋製麺のものもなかなかなんですが。。。しなやかで滑らかな喉ごしで「喜楽々」の細麺は、このスープととても合って美味しかったです^^

  
17時以降限定メニュー
「鶏×にぼ 塩ラーメン」・・・900円

本来は (↓BeeHiveのスープ×七彩の自家製麺コラボ)のメニューですが・・・↑ テイクアウトした「喜楽々」の細麺の中に1玉入れてくれてた「津軽麺」で作ってもらいました。

スープは鶏をベースに煮干がキリッと効いたもの。↓前回気になって告げた塩加減は控え目にし、更に私用に塩ダレを減らしてくれたそうです(^^ゞ
喜楽々」の津軽麺は、通常の細麺と比べるとちょこっと弾力があってもちっとした食感。
七彩」の太麺を手揉みして平たく縮れさせたものも美味しかったですが、この津軽麺も旨いです♪
具は、こちらも低温調理したモモとバラのチャーシューにメンマとネギ。こちらも、苦手であるはずの脂身がサクッとした食感で甘くて美味しく感じました(笑)

訪問日 2010年4月21日

休みの前日だったので、別のお店へ寄ろうと思って帰り道とは違う電車に乗っていたんですが、
それがたまたま「りんかい線」直通のもの。思わず予定変更して東京テレポート駅へ。

「粋 お台場バージョン」・・・800円

第1弾では塩ラーメンの「Naminori」の提供でしたが、今回は醤油ラーメンの「粋」をお台場バージョンにしたもの。

スープは、↑のポスター通り、シャモロック・淡海地鶏などを使った鶏のスープに、九十九里のハマグリのダシを濃縮したものを弓削多醤油と合わせた醤油ダレを加えたものだそう。
鶏の旨味や醤油のほんのりとした甘みなどもありますが、ハマグリの味わい濃い目に感じられて、滋味深くもありますがビターな味わいで美味しい♪
麺はさすがに自家製麺ではなく、「地雷源」で使っているのと同じものだそうですが、気持ち太めにしてあるそう。噛み切る時にプツプツとした食感が。
具は、チャーシュー・ネギ・メンマ・海苔・糸唐辛子。 チャーシューは松坂豚を低温調理したものだそうで、バラ肉とモモ肉の2種が。どちらも、しっとり柔らかでジューシー。

17時以降限定メニュー
(BeeHive×七彩コラボ)
「鶏×にぼ 塩ラーメン」・・・900円

BeeHive」の鶏スープに「麺や七彩」の自家製麺とのコラボな一杯。
鶏をベースに九十九里の煮干を効かせたキリッとした味わいのスープ。閉店間際だったので、若干煮干のエグミが出ちゃってましたがこのくらいなら許容範囲内かな。それよりも香味油をとても少なめにしてるせいか、塩気をやや強めに感じました。これは素直に店主に報告済みです(笑)
麺は、「麺や七彩」の自家製麺。こちらでも、「麺や七彩」の提供時と同様に手揉みをしてから茹でてるとの事。小麦の風味と手揉みの縮れの食感がいい感じ。
具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・海苔。
こちらもチャーシューは、バラとモモの2種。海苔がなければ 「麺や七彩」を思わせる風情。
ですが、塩ダレは「BeeHive」のものなので味わいは異なものになってます。

偶然お会いした「麺家うえだ」の店主みさえちゃん曰く、「七彩の麺が強すぎてBeeHiveらしさが感じられない。細麺の方が合うのでは」という意見も。なるほど。。。七彩の夜の部の江戸甘で提供している「支那そば」の細麺も、このスープとは合いそうな気がしました。