2009年12月23日。
今年も埼玉のラーメン屋さん達による年末恒例のイベント
「SAI‐ROCK(彩岩)」が行われました。
今年の会場は東川口の【麺匠 喜楽々】。

年末のイベント自体は4回目ですが、10月10日〜12日に
各店舗にて 共通テーマの「鴨」を使ったスタンプラリー
「彩埼祭(さいさいさい)」があった為 「第5回」という
表記になっている様です。

2009年の参加店は、
喜楽々@東川口】【麺家うえだ@志木】【羅麺家 匠@浦和】
【こだわりラーメン津気屋】【とんこつ 津気屋】【近喜屋@川越
【和風らーめん 凪@富士見市】【麺屋 番@川口】。

12月12日から始まった「お台場ラーメンPARK」。
麺家うえだ@志木】+サイロック軍団が交代で参加してる為
今年は全店舗の店主さんが揃っていませんでしたが、
お台場ラーメンPARK」の営業終了後に駆けつけ、皆で遅くまで
準備をされていたそうです。

ちなみに・・・
2006年の第1回は「麺家 うえだ」
2007年の第2回は春日部時代の「羅麺家 匠」
2008年の第3回は栃木のラーメン軍団 「雷麺’z(ライメンズ)」
との 「交流戦」として 「麺家 うえだ」で行われました。
「彩埼際」では「麺家 うえだ」の「焦がし塩鴨麺」と
【麺匠 喜楽々】の 「鴨らーめん」を頂きました。


早い時間は行列もあったそうですが、私が行ったのは3時頃。客足も落ち着き、そこに居たのは知り合いばかり(笑)
180食用意したそうですが、3時半過ぎには終了しました。

「ナマズを使った美味しい味噌ラーメン」
                  ・・・850円

頂いた案内より抜粋すると・・・
スープは第1回にも使ったナマズと豚頭を使い、味噌は埼玉産のコメと大豆を使った「弓削田醤油」の白味噌を使用。
麺は県内産のハナマンテンをブレンドした中太の手揉み麺。
具は和風テイストに、豚バラの味噌漬け・大根の煮付け・ゴボウとニンジンのキンピラ・赤カブの酢漬け・春菊との事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはスープ。豚頭というと臭みが強いイメージがあったんですが、そんな事は全然なし。味噌の麹の味わいなのかまろやかで、しっかりした味わいながらも重たく感じさせないのがナマズからのダシなのかな?優しい味わいでコクもあって美味しいな〜とシミジミ。
麺は、中太との表記でしたが個人的には太麺の部類?手揉みされた不規則な縮れもあってスープともいい感じで、コシもあって食感も良く小麦の風味も。このスープで煮込みにしてみても美味しそうかも?
豚バラの味噌漬けは焼きたてで芳ばしく、大根はしっかり味が染みてて温かで美味しく、キンピラゴボウもいい味わい。赤カブの酢漬けも程好い酸味で意外といいアクセント。春菊と細切りの生姜も香味がいい感じ。
具はどれもラーメンに乗せるには個性的ですが、意外にも一体感があってそれぞれが美味しかったです^^