2006年12月24日のクリスマスイブの日に、埼玉のラーメン屋さん
6店舗の コラボレーションのラーメンが200食限定で提供されました。

SAI-ROCKとは、「埼玉(彩の国)のラーメン屋さん有志が一枚岩となって心ひとつに団結、新たな活動にチャレンジしていこう!」というそんな想いを込めて命名したそうです。

参加されたお店は場所を提供された【麺家うえだ@志木】の他、
羅麺家 匠@浦和】【あぢとみ食堂@吹塚】【麺匠むさし坊@東川口
【津気屋@南与野】【近喜屋@川越】。
厨房にはご店主達の姿があり、なかなか壮観でした。

塩以外は全部埼玉の素材を使っているそうで、スープには児玉豚・タマシャモ・日本ナマズ。トッピングには、しゃくしな・千寿葱・児玉豚のチャーシュー。麺には、埼玉地粉100%使用でハルイブキ・農林61号・アヤヒカリを使った自家製麺。醤油は神泉村のヤマキ醸造御用蔵醤油、日本酒は蓮田市の神亀酒造のものとの事。


気になってはいたのですが、開店前に行ってもかなり混むだろうと、朝一での狙いは断念。
案の定、朝起きてミクシィを覗くとマイミクさん達の日記が。
1番乗りの人は8時前から並び、9時頃で15人待ち。そして開店の11時頃では既に110人とか@@;
そして、12時頃知り合いのMさんからの情報では「残り50杯くらい」との事。完全に諦めて2軒目へ。
2軒目も食べ終え帰ろうと電車に乗っていた3時頃、再びMさんから連絡が。最長3時間待ちというのもあり、来たけれど諦めて帰って行かれた方も多かったようで「まだ大丈夫!」と。
勿論そのまま向かいました。4時過ぎに到着で行列は無し。
今日のスープは時間が経った方がいい感じになるタイプだそうなので、そういう意味でもラッキーでした♪


「海のない埼玉の食材だけで
   創った無化調ラーメン」 ・・・900円

豚白湯・鶏白湯・魚白湯のトリプル白湯のスープは、コラーゲン質が豊富といった感じのとろみがあって濃厚な味わいですが飲み易い。
「うえだ」の店主がおっしゃるには「朝はちょっと角があったけど今はいい感じよ」と。
確かにその通りまろやかでした^^
麺は太麺。茹でる前に丁寧に手揉みをされてました。濃厚なスープともよく絡んで存在感があります。
具はチャーシュー・しゃくし菜・葱・味付け目玉焼き。ポークステーキのような厚みと大きさのチャーシューは、しっとりとした肉質で食べ応えも充分。しゃくし菜(ドンブリの左側の白いもの)はレンゲ代わりに使い、その後食べます。シャキシャキとした小気味のいい食感。
味付け目玉焼きは黄身が半熟でとろっとしていて美味しかった^^

訪問日 2006年12月24日