2008年12月18日。
麺や 七彩」で頂いた限定メニューです^^;
番外編その3で「キタムラサキ」という紫じゃがいもを使ったラーメンを作って頂いた事が。
以前、「季織亭」で食べた紫じゃがいものポテサラの鮮やかな色がどうしても気になって
「シャドークイーン」という種類の紫じゃがいもを取り寄せてみました。
そして、今回もこちらにお裾分け〜というか、持ち込みですね^^;
そのじゃがいもを使ったラーメンを作ってくれるというのと、頼まれていた届け物もあったので
知り合いと共に行って来ました。

 

 

 

 

気まぐれ御飯
 「豚肉梅菜飯」・・・370円

知り合いが頼んだのを、ちょっと味見させてもらいました〜
今月?の気まぐれ御飯は「豚肉梅菜飯」。
「梅菜(メイツァイ)」とは、先月出張で香港へ行った際に探して来た野菜だとか。
端っこチャーシューの他に水菜や紫玉ネギなど野菜もたっぷり。別皿には、豆板醤にゴマや柚子などを使った辛味味噌。
半分くらい食べたところで入れて辛味のアクセントをつけてとの事。ゴマのまろやかさと柚子の風味がいいアクセントになった辛味味噌。知り合いはがばっと食べたので辛さで咽てましたが、程好く混ぜると御飯も辛味味噌も引き立ちます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラーメンを待っている間に本日のスープを見せてくれました。シャドークイーン(紫じゃがいも)から抽出した紫色のエキスにスープを加えたもの。味付けしてないそうですが、物足りなさを感じないほのかな塩気とコンソメの様な洋風な味わいが。

「シャドークイーン」

スープは、夜の部の「江戸甘」のタンメンで使っているのものだそう。紫好きな私は見た目の色だけでも幸せなんですが、見た目からは想像しがたいと思える芋の素朴さや洋な味わいや程好い塩梅が美味しいんです(笑)
麺は、鶏白湯で使ってるというカンスイの少ないもの。でないと、カンスイが溶け出して紫色のアントシアニンに邪魔をするんだとか。
具は、チャーシュー・ネギ・シャドークイーンを短冊切りにして茹でたものとシンプル。ですが、このシャドークイーンは素朴で芋らしい味わいで茹でたまんまでも美味しい。
見た目と違った?美味しさに同行者ふたりもスープまで飲み干してました〜^^

「気まぐれデザート」・・・各100円

今まで私が食べてたのは冷した杏仁味のもので「1号」というらしい?現在2号は納得が行かなくて封印中で、暖かいデザート版が登場してるとか。
←左:3.5号 右:3号
どちらも熱々のデザートで食べる頃合を見計らって暖められます。
右の3号は杏仁味に牛乳の味わいがプラスされた熱々のもの。
左の3.5号は卵白を加えてプリン風に仕上げられてカラメルソースも直前に作れてた熱々のもの。
100円なのに、こんなに手間隙かけてもらっていいの?って感じです^^;

「鶏紫湯(ちーしーたん)らーめん」

前回作り置きしておいたら紫色がちょっと黒っぽくなってしまったという「鶏白湯つけ麺」。
その後知り合いが食べた時にはきれいな紫色だったとか・・・
なので、「次回はそれを〜」と軽く言ってみたら「時間があれば作りますよ」とのお言葉。
すかさず「お願いします」と(爆)
同行者のひとりはココで3軒目な上に中盛で食べちゃったのでスープの味見だけ。
もう一人の同行者と分けて頂きました。

前回はつけ麺でしたが、取り分ける事もあってらーめんバージョンでお願いしてみました。
同行者がいたので話に夢中になっていたのもあって詳しい作り方は見てませんが、ミキサーが用意され、色素の濃い皮の部分が投入?途中で紫萌豆も。ガラガラと音がしてどろっとしたスープの完成〜
具には、モモチャーシュー・鶏肉・ネギ・青菜・もやし。そして、濃く抽出した紫と黄色い鶏油が。
スープはまるでポタージュの様。紫萌豆のナッツ感やじゃがいものとろみ感が濃厚ですが油じゃないので程好い重さ加減です。
スープのとろみが麺によく絡みます。
そして最後まで熱々で頂けました〜^^