*麺や 七彩 in 喜楽々@東川口*

特にイベント名はなかったようなので、勝手につけちゃいました^^;
2008年4月22日火曜日。 「麺や 七彩」の定休日でもあるこの日、古巣でもある「麺匠 喜楽々」(当時は「むさし坊」) に於いて 、【埼玉の人たちや、むさし坊@東川口店(喜楽々)への恩返し、みたいな事を】と、1日限りで「麺や 七彩」が営業されるというイベントが100食限定で11時から行われました。

提供メニューは
・喜多方らーめん(醤油) 720円
・喜多方らーめん(塩) 720円
・TOKYO味噌らーめん 870円 (ハイカラ 100円・セット150円)
の他 ・半熟味付卵 100円 ・葱 200円 
・気まぐれご飯(あげちゃーしゅー飯) 370円
麺の量は150g・200g・250gが同料金で選択可能。

麺や 七彩」での提供と同じように麺上げは平ザルを使い、間口や高さによって味の変化があるからとドンブリも持ち込まれていました。


お店は「麺匠 喜楽々」の看板は布で覆われ、
麻布の「麺や 七彩」の暖簾がかけられていました。


3月の下旬にこのイベントの話を知り、食べ歩きの遠征にも行けて、こちらのイベントにも参加できるように休みを調整してました(笑)
開店20分前に到着。先客ふたり&その後ひとりは知り合いでした^^
開店早々の時間は、藤井さんが麺を上げられ「喜楽々」のスタッフの方達がサポートされていました。そういえば、「七彩」になってから藤井さんの作るラーメンを食べるのは2回かな?

「喜多方らーめん(塩)」・・・720円
         半熟味付卵・・・100円

両脇の知り合いがいきなり2杯ずつ注文してましたが、食べ始めてみないと胃袋具合がわからないので私はとりあえず塩を1杯^^;
スープは魚介系がいつもより少し強めに出てる感じの印象を受けましたが、旨味も深くてキレのいい美味しいスープでした。
麺は平打ちの手もみされたもの。何となく印象が違ったので聞いてみると、微妙に変更したそうな。
具はチャーシュー・メンマ・味玉・三つ葉・ネギ。チャーシューはバラ肉とモモ肉と2枚。
バラ肉のチャーシューも美味しいですが、こちらのモモ肉のチャーシューはやっぱりめちゃ旨♪ 味玉は黄身が濃厚で、メンマも食感が良くて美味しい。

「喜多方らーめん(醤油)」・・・720円

両脇の方々に釣られたせいもあり、丁度待ちもなく続けて食べられそうだったので醤油も追加で注文しちゃいました(^^ゞ
スープの味をストレートかつシャープに感じられる塩とはまた違って、お醤油のほんのりとした甘味と旨味が加わって同じスープでも全然印象が違って楽しめます。
麺や具材も美味しく、食べ終わるのが勿体無いような気がして後半ペースを下げて最後のスープ1滴までゆっくりと堪能して来ました^^

訪問日 2008年4月22日