テレビ東京主催?で2010年11月28日から2011年3月31日までの期間で
新宿住友ビルの49階で始まった「新!東京らーめんチャンピオン」。
「FIRST SEASON」「SECOND SEASON」「THIRD SEASON」「FINAL SEASON」と
各シーズン毎に各店舗がそれぞれひとつのメニューを一ヶ月間提供し、
食べた人達が美味しかったと思うお店にレンゲで投票するというシステムの様です。

「FIRST SEASON」では「つけめんTETSU」「なんつっ亭」
「九州ラーメン火の国」「麺えるびす」が。
そして今回の「SECOND SEASON」では、「初代けいすけ」
「中華そば専門 田中そば店」「東池袋大勝軒」「本枯れ中華そば 魚雷」が。

11:00〜15:30 17:00〜21:00(ラストオーダー20:45)
休館&定休日は、 1/26・27・2/6・26・27

各店とも、レギュラーサイズ 850円・ハーフサイズ 550円で、
+トッピングが用意されています。

予め券売機で食券を買い、お店の人に渡すと番号を書き込まれた半券が
渡されるので席に着き、その番号が呼ばれたら取りに行くという方式。


「SECOND SEASON」へ。
各店ハーフサイズも用意されていて、食べ比べて美味しいお店に投票を!という趣旨の様ですが、「貝ダシ」に惹かれて「魚雷」の提供する「貝そば」をレギュラーサイズ&トッピングで^^

「貝そば(レギュラーサイズ)」・・・850円
        +「岩のり」・・・100円

公式ページによると、アサリ・シジミ・ムール貝に昆布などを加えたというスープに追いアサリをし、塩ダレはホタテの貝柱・昆布・藻塩などを使っているそうな。
そんなスープは、じわ〜っと滋味深い和な味わいながらも、貝類独特の旨味がぶわ〜っと押し寄せて来ます。その旨味なせいか、塩気がとても柔らかく感じます。
麺は、「魚雷」@春日で食べるのと同じなのかな?ちょっと茶色味のある細麺でするする〜っと滑らかな啜り心地。
具は、アサリ・鶏チャーシュー・姫筍を煮たもの・白髪ネギ・青ネギ・三つ葉にトッピングした岩海苔。アサリは「追いアサリ」効果と具を兼ねてるのかな。数えてみたら9粒入ってました(笑) 丸い切り口の鶏チャーシューは春日のお店よりもちょっと小ぶりに感じましたが、作り方は同じかな。かすか〜にニンニクの香りもした様な?
食べてる途中で岩海苔をスープに混ぜると磯の香りが移ってより一層和風な味わいに変化。ご飯があれば、お茶漬け風にして〆てみたかったかも〜

訪問日 2011年1月2日