11:30〜14:00 17:00〜21:00
(スープ終了次第閉店)
定休日 火

住 所
埼玉県川口市江戸袋1−11−3
最 寄 駅
JR京浜東北線 川口駅
東武伊勢崎線 草加駅よりバス

*麺屋 番*
京浜東北線の川口駅の東口からバスで「江戸袋」の停留所で下車して、次の信号を超えた右側。 又は、東武伊勢崎線の草加駅西口から「川口駅東口」行きのバスで「江戸袋」の停留所で下車して少し戻る。共に、国際興行バスか東武バス。
※川口駅からだと、殆どのバスが江戸袋まで行き、次で路線が枝分かれするようなので本数は結構ありますが、草加駅からだと本数が少なめです。

2006年6月2日にオープンしたお店で、ご店主は神奈川の有名店「中村屋」で修行された方だそうな。
店内は、くの字型のカウンター席が8席と大テーブルが1卓。 後会計制です。

メニューは、塩と醤油が選べる【らーめん 680円】【味玉らーめん 730円】【ゆずそば 780円】【辛そば 780円】【チャーシューメン 930円】など。


水戸の「スタミナ冷しツアー」の〆にスープのあるラーメンが食べたくて・・・(笑)
実は、3度目の訪問^^  2回塩を食べてるので、「埼玉にご当地ラーメンをつくろう会」のメニューである焦がし醤油らーめんを。

「焦がし醤油らーめん」・・・800円
             味玉・・・50円

ドンブリを暖めて醤油ダレを入れた後と、麺が茹で上がるちょっと前の2回に分けて?バーナーで醤油ダレを炙ってました。
スープは塩と同じ鶏などの動物系に魚介系の清湯かな。焦がし!って感じはしないけれど、お醤油のビターな味わいは好み。
麺は中細で緩いウェーブのあるもので、茹で加減もいい感じ。
具は、チャーシュー・メンマ・青菜・味玉・海苔・ネギ・揚げネギ。同行者の食べた「ゆずそば 塩」(写真なし)には肩ロースのチャーシューでしたが、こちらは豚バラの巻き肉タイプのものでした。メンマがコリコリとした食感で好み。味玉はデフォで半分乗っている様で、トッピングにすると1個まんまになるみたいですね。

訪問日 2009年5月3日

「鶏油らーめん (塩)」・・・650円
       平打ち麺に変更・・・50円

「鶏油らーめん」は普通の「らーめん」に鶏油が入ったもので、値段は一緒です。
スープはあっさりとしながらも程好いコクのある動物系に魚系は気持ち鰹節が強め?塩梅も丁度いい加減でした。パラパラと浮いている揚げニンニクが時々主張して来るのも以外といいアクセントに感じました。
麺は緩いウェーブのある平打ち麺。さすがに修行元の「真空平打麺」とは全然異なったものですが、ほんのりと小麦の風味がしてチュルチュルっと啜れる滑らかなものです。
具はチャーシュー・メンマ・青菜・半熟味玉半分・ネギ・揚げニンニク。チャーシューは小ぶりながら、直前に切って炭火で炙ったもので香ばしく美味しい。 メンマもいい食感でした。 ;

訪問日 2006年7月14日
 個人的好み