11:30〜翌1:00
定休日 第3火曜
住 所
埼玉県川口市戸塚2−24−4
最 寄 駅
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道 東川口駅

*麺匠 喜楽々(きらら)*
武蔵野線東川口駅の改札を出て、右前方を線路沿いに行った右手。徒歩30秒。

2007年9月1日、「麺匠 むさし坊」か店名変更で「麺匠 喜楽々」に。
入口を入って右手に券売機があり、店内はカウンターのみで13席。
カウンター内は厨房になっており、その奥には製麺室があります。 子供さん用の椅子も用意されているので、小さな子供さん連れでも大丈夫です。

メニューは【つけ麺(温・冷) 780円】【喜楽々らー麺 720円】【塩らー麺 730円】【菜彩担々麺 850円】【汁なし担々麺 550円】【タンタン麺 730円】などに、【鶏蛋湯50円】【今月の御飯】【卵かけご飯】など。

※「麺匠 むさし坊」時代のレポはコチラ

2009年分のレポはコチラ  2010年分のレポはコチラ 2011年のレポはコチラ

年末ですね。。。ラーメンも食べたいけど掃除もしなくちゃ^^;
あまり時間もないので近場でと考えて、美味しかった「和風味噌らー麺」をもう一度食べたくて^^

「和風味噌らー麺」・・・900円

詳しいレポは↓を参考に^^;

スープは、味噌の旨味やコクや甘みが程好い濃厚さ加減で味わい深いですね。
具に入れてる白菜はさっと火入れしたくらいのシャキシャキしたものですが、野菜の甘みもほんのりと出ています。
麺はやや中太の平たいもので、もっちりとしたうどんの様な食感がいい感じ。
ゴボウの風味も良く、白菜のみずみずしさと食感と甘みがいいですね〜
炙った鴨肉も弾力があって美味しかったです。

「半ライス」・・・80円
  +鶏蛋湯(ちーたんたん)・・・50円

惹きのあるスープなので、麺や具と同じペースで飲み進められるんですが。。。何となく鶏蛋湯か雑炊にして食べたいなと思ってたら結構残っちゃいました(笑)
「鶏蛋湯」はつけ麺のつけダレの時のメニューみたいだったので、半ライスを注文してご飯にスープをかけて雑炊に〜♪すると「鶏蛋湯も美味しいですよ」との声が。そちらもお願いしちゃいました〜。
雑炊にした方は、味噌や野菜の甘みの濃厚さがそのまんま感じられ、具に入っていた豆腐や挽肉が丁度いい具材になります。
鶏蛋湯は和ダシで割ってくれるので、あっさりとした味わいに変化。そして、卵のとろっと感がまたいい感じ。

この食べ方・・・お勧めです^^

訪問日  2008年12月28日

味噌が始まったと聞き、仕事の後に。
以前から「味噌ラーメンが好き」だと聞いていた柴田さんの作った和風味噌らー麺。

「和風味噌らー麺」・・・900円

味噌ダレは、新潟のお味噌屋さんの18年ものの他にも2種類と、埼玉のお味噌も1種類と計4種類のブレンドした味噌におからも混ぜたものだそうです。

スープの一口目は味噌の甘みを感じるかな。鶏油の他には、最後にジュワッとかけられる香味油は太白&純正のゴマ油と鴨油を混ぜたものなんだそうで、その香味油とスープの混ざり具合でコクのある味噌の味わいだったり、鴨油の個性的な味だったりと飲む場所によって味の変化が。
麺は、やや中太のストレートでもっちりとした食感のもの。何でも、うどんを意識したとか?
具は、鴨肉・白菜・ゴボウ・ネギ・鶏挽肉・糸唐辛子。鴨肉は提供直前に炙られたもので、筋肉質な弾力のある噛み応え。そして、ドンブリの底にはお豆腐が。レンゲですくって具として食べたりしているうちに自然にホロホロと崩れて行って、スープもまろやかに変化して飲み進んじゃいます。
麺を食べ終えた後も、挽肉やお豆腐やネギなどがスープに残っているので、それらを拾っているうちにいつの間にかスープまで飲み干していました〜

訪問日  2008年12月13日

「埼玉にご当地ラーメンをつくろう会」が考案したという「焦がし醤油ラーメン」。 アドバイザーには石神秀幸氏も参加。 発起人は「麺家うえだ」の上田店主。 参加店も大分増えて来ているみたいです。

「焦がし醤油らー麺」・・・780円

こちらでも「焦がし醤油らー麺」が登場。
麺の太さ・茹で加減に加えて、醤油の焦がし加減も3段階で注文できる様で、しっかりの焦がし加減でお願いしました。
小ぶりなフライパンで、醤油ダレ・鶏油・ネギを注文した加減で焦がされます。ベースのスープは魚介系だそう。 焦がす際に投入したネギの甘みが出たスープ。香ばしさも感じられますが、少し弱いかな?もうちょっと強めでもいいかも。
麺は太麺か細麺が選べますが、細麺&茹で加減普通で注文。やはり細麺の方がスープの拾いもいいかな〜
具は、鶏チャーシュー・芋がら・青菜・ネギ・玉ネギのスライス。この玉ネギのスライスがシャキッとしていて、ほんのりとした辛味がスープと良く合っていていいアクセント。
最初はネギの甘みを感じていたスープですが、後半はほんのとしたビターなお醤油の味わいが感じられて後味のキレもすっきりでした。

訪問日  2008年10月19日

 

「喜楽々らー麺」・・・720円

もっと食べた事があるつもりだったけど、去年「喜楽々」になってからは初めてで、「むさし坊」で食べて以来2年ぶりだったみたい^^;

スープは鶏の味わいに和ダシかな?まろやかで柔らかい味わいです。揚げ玉ネギが徐々に芳ばしさと甘味を加えて行きます。
麺は細麺。茹で加減は普通でお願いしました。小麦の味わいもほんのりと感じられて、啜り心地も良くて美味しい麺です。
具はチャーシュー・芋がら・青ネギ・揚げ玉ネギ。鶏チャーシューは箸でつまむとほろっと崩れる柔らかさ。ネギは万能ネギの一種であるというタカタネギ。他のメニューでも使ってますが、切り方&先の丸め方は見た目にも存在感があってきれい。芋がらのサクッとした食感も楽しい。

「かき氷 黒ゴマ」・・・300円

前回食べたブルーベリーのかき氷にミルクを追加して食べてみたかったんですが、好評につき2・3日で売切れてしまったとか。
なので、「黒ゴマ」(正式名称失念^^;)を。
去年も提供していたそうですが、食べるのは初めてかな?去年は黒ゴマをペーストにして使っていたそうですが、今年は炒って細かく擦った粒々感が感じられるもので、使っている豆乳も変えてみたとか。オーガニックシュガーで作った「すい」の甘味も程好くて濃厚な黒ゴマの香りと味わいが楽しめました^^

訪問日  2008年8月16日

 

仕事の後に行って来ました。

「冷やし担々麺」・・・900円

もう一度「MISOらーめん」を食べてみたかったのですが、売切れのランプが。
去年「むさし坊」の時以来、丁度1年ぶりの「冷やし担々麺」を^^

すり鉢でゴマを擦りながら待ちます。プチプチとゴマの潰れる音と香りが何だか楽しい(笑)
出てきた冷やし担々麺は、ベビーリープもたっぷりで彩りも鮮やか。
スープは、ゴマのペーストを鶏白湯で丁寧に伸ばしたもの(かな?)。ゴマの芳ばしい香りと白湯のまろやかな味わい。スープを飲む場所によって自家製ラー油や挽肉と和えてある花椒のピリッとした辛味がいい感じ。
麺は太麺か細麺が選べるので、今日は細麺で。スープの拾いがいいですね。
具は、ベビーリーフ・挽肉・ネギ・紫玉ネギスライス。途中途中で少しずつ擦ったゴマを加えていくと、よりゴマの風味と味わいが濃厚になっていきます。

「かき氷」・・・300円

まだ、かき氷のメニューにはアナウンスされていませんが。。。
有機栽培のブルーベリーと山梨のぶどうを使ったものだそうで、赤みがかった紫がきれいなかき氷^^ 一番若手のM君が紫をイメージして作ってくれました♪
シロップ状のものと、とろりとしたソースがかけられてます。ほんのりとした酸味に程好い甘味で、ブルーベリーとぶどうのフレッシュが味わいが楽しめます^^

訪問日  2008年8月7日

 

 

 

夏季限定メニュー
※味噌ダレが無くなり次第終了
「MISOらーめん」・・・850円

1軒目に続き野菜をたっぷり食べようと訪問。

中華鍋で挽肉やキャベツ・もやしなどを炒め、小さく切ったトマトやさいの目に切ったニンジン・玉ネギも投入。小さめな中華鍋なので炎が上がって見ているだけでも熱そうです(笑)
味噌ダレは豆味噌・麦味噌・米味噌3種(うち4つは非加熱のもの)に弓削田醤油のもろみも細かくして加えてるとか。
ドンブリに卵を生のまま入れて茹でた麺を乗せ、最後に熱々のスープを上からかけてタカタネギをこんもりと。上にかかってるのは韓国唐辛子かな?
スープは、味噌の奥行きのある味わいに、一緒に炒めた野菜や挽肉やトマトの旨味が加わってとても柔らかな味わい。
麺は中太の平打ちのもの。
3分の1ほど食べ進んだところで、麺と具を天地返し。ドンブリの底で暖められた生卵がとろ〜っとスープと混ざり合ってまろやか。 もう少し食べ進んだところで別皿で出された粉チーズを半分ほど。チーズのコクとまろやかさが加わって味の変化が楽しい。そしてその変化に慣れた頃に残りの粉チーズを再び入れるとまた新鮮に感じられます^^ 最後まで飽きずにスープが楽しめるので、底に残った野菜や挽肉なども残さず食べられちゃいました。
江戸甘」で学んだ食べ方が活かされました(爆)

「氷ゆず蜜」・・・300円

デザートにはやっぱり夏限定のかき氷。 今日は「天然はちみつ100%と柚子のシロップ」の「ゆず蜜」を。蜂蜜はあかしあのものだそうで、甘さも程好く柚子の風味と味わいが効いていてさっぱりで美味しかったです^^

訪問日  2008年7月29日

直近2回が「うどんの日」に来ていたので、ラーメンを食べるのは久しぶりな気が。
22時近くの訪問でしたが賑わってました。
今日はフルコースで(笑)

今月の御飯(2008年6月)
「ガーリックチーズリゾット仕立て
    チキン照り焼き添え」・・・350円

生ビールを飲みながら「今月の御飯」を。
6月の「今月の御飯」は店内のアナウンスによると、「ガーリックライスに2種のチーズをブレンドして、トマト・玉ネギ・パプリカで野菜の甘味を出し、イタリアンをイメージしたもの。チキンの照り焼きは自家製のタレに無添加リンゴジャム・イチゴジャムを加えたもの。
ソースばバジルのジェノヴェーゼとオリジナルマヨネーズの2種類のWソース」との事。
実はこちらで初めて「今月の御飯」を食べましたが斬新で創作性もあって楽しいです。

「塩らー麺」 ・・・730円

続いてはメイン? 「塩らー麺」は過去に何度か食べてますが、塩ダレを徐々にホタテからホッキ貝へと変更して来たそう。旨味もいい感じで、以前のホタテの時よりも和ダシがすっきりと感じられました。
麺は細麺ストレート。こちらも麺を以前よりも細く長めにしたとか。啜り心地も良く、滑らかな食感。太麺と細麺が選べますが、塩は細麺の方がお勧めかな〜。
具は鶏チャーシュー・三つ葉・揚げネギ。具的にはシンプルですが、揚げネギの甘味と香味、どっさり三つ葉の青みのある香味がとても合うんです^^

「氷チーズ」? ・・・300円

夏の名物「かき氷」が6月28日からスタートしたようです。
スタートメニューは「氷アーモンド」「氷ゆず蜜」「氷うめ」「氷みるく」「氷すい」の5種類の表示でしたが、丁度少し前に出来上がったという「チーズ」を食べさせてもらいました。
マスカルポーネチーズとみるくを合わせたものだそうで、甘さはかなり控えめ。チーズのコクとクリーミーさもありながら意外とさっぱり。今回もコーヒーが添えられましたが、去年の「氷チーズ コーヒーがけ」とはまた違った印象でした。

訪問日  2008年6月30日

 
↑ソースのアップ

前々回に伺った時、今年は冷しシリーズをどんどん出すと聞き「紫の冷しも食べたいな♪」とリクエストしたら作ってくれました〜^^

「むらさきの和え麺(仮)」

冷しの予定でしたが、ソースにとろみがついた為?冷し和え麺になりました(笑)

前回食べた「梅冷しつけ麺」と同じローストした胚芽を使った太麺に、紫のクリーム色をしたソースがかかってます。
具は、同じく「梅冷しつけ麺」の白湯鶏にレタスとバジル。
紫色のソースは、紫芋と玉ネギを炒めて甘味を出し、香ばしさをプラスするためにちょっとだけ焦がしたものに、白湯を入れて伸ばしたものを裏ごしして、塩コショウで味付けしたものだそうです。
見た目の色ほど味にはインパクトはありませんが、紫芋や玉ネギ自体の素材の甘味をそのまんま活かした優しい味わいで、麺にもよ〜く絡みます。
途中で、別皿で出されたレモンを絞って。
ソースの色がほんのりとピンクに変わり、酸味が効いて味わいがガラッと変化します。
柔らかな白湯鶏はソースに絡めて頂き、レタスはシャキッとしていてみずみずしく、バジルの香味もいいアクセントでした。

「鶏白湯つけ麺」 ・・・850円
           +鶏蛋湯・・・50円

続いて・・・今日は「鶏白湯つけ麺」も出来るというので、麺をちょっと少なめにしてもらってもう一杯(^^ゞ
つけダレを坦々かホッキ貝のものか選べるとの事。前回食べて美味しかったホッキ貝のつけダレで再び。

今日はシソのスプラウトがあるとの事で、つけダレに使って頂きました。他には、ネギと揚げネギ入り。シソのスプラウトはそのままではそれほど香りませんが、噛むとふわ〜っとシソの香りがして爽やか。揚げネギも香ばしくコクと甘味がいい感じ。
食べ終えた後はやっぱり「鶏蛋湯」♪
溶いた卵に熱々にしたスープを投入。とろっとろな卵を食べながら、スープを最後まで楽しめました^^

訪問日  2008年6月1日

今年は冷しシリーズをどんどん出すそう。
暑かった事もあり知り合いのレポで惹かれていたので行って来ました^^

「梅冷しつけ麺」・・・850円

魚介のダシをベースに梅や富士酢の酸味が程好く効いていて冷え冷えなつけダレ。揚げネギ・大根の細切り・ネギが入ってます。ちょっと白っぽく見えるのは豆乳を混ぜているそうで、コクもありながらもあっさり&すっきりとキレがあります。
麺は自家製なので時々でいろいろといじってみてるそうですが、今日はローストした胚芽を使ってみたとの事で小さな粒々が混ざってます。風味も良くて茹で加減普通でお願いしましたが、〆られた麺はコシもあってそのままでも美味しい。
具はレタス・白湯鶏・大根の梅肉和え。つけダレ自体に程好い酸味があるので、大根の梅肉和えは麺と合わせて食べてみましたが、この食べ方は結構気に入っちゃいました(笑)

「白いワルツ」 ・・・300円

今日はイチゴジャムでした^^

訪問日  2008年6月1日

※毎週火曜日にやっていた「むさし坊の日」は昨日の提供にて一旦お休みになるそうです。

「支那そば(仮)」

むさし坊」時代に時に食べた事のある「支那そば」。 「喜楽々」に店名が変更になり、一旦メニューを整理した時点で券売機からはなくなってしまいましたが、近所の常連のおじいちゃんが来た時は出しているんだとか。
いずれはまたメニューに加えたいというお話を聞き、今日はその「支那そば」を食べさせて頂けました。
スープは、魚介系の味わいがすっきりと効いていて塩梅も程好い加減で後味すっきり。以前の「支那そば」と違うのは素材ホッキ貝を使っているとか。ホッキ貝をミキサーにかけて使っているそうな。旨味がしっかりです。
麺は細麺で。スープの拾いもいいですね。
具はチャーシュー・芋がら・かつお菜?・白髪ネギ・糸唐辛子。鶏チャーシューは柔らかで味付けも美味。かつお菜の青みがいい感じ。

「白いワルツ」 ・・・300円

今日はリンゴとイチゴのジャムがあるというので、リンゴでお願いしました。リンゴ自体のシャリ感も残っていてこのジャムも美味しい。
来月頃からは、自家製のジャムを作ってみたいと話されていました。楽しみです^^

訪問日  2008年5月14日

2008年5月3〜5日限定
『点と線』コラボ第7弾
      テーマは「ホッキ貝・春野菜」
「ホッキ貝と旬野菜のらーめん」
                
・・・850円

スープは小鍋にホッキのスープとキャベツと玉ネギ・鶏挽肉?を一緒に温めたもの。
以前食べた「鶏白湯つけ麺」のつけダレのものよりはホッキの味がやや弱めですが、野菜の甘味が移って旨味もしっかり。
麺は細麺か太麺が選べますが、お勧めされた細麺で^^滑らかな喉越しで美味しい麺です。
具はチャーシュー・アルファルファ(もやしのスプラウト)・そばの新芽・かつお菜・キャベツ・玉ネギ・鶏挽肉。チャーシューはホロッと柔らか。そばの新芽は何となくエシャロットのような味わい。かつお菜は葉が肉厚な感じで青い味が美味しい。
ドンブリの底に残った挽肉などをすくっているうちに、スープまで飲み干してました(^^ゞ

「白いワルツ」 ・・・300円

前回来た時は無かったメニュー。 券売機にアナウンスが貼ってあったのでこちらも^^
杏仁豆腐といえばプリンをちょっと柔らかくしたような食感のイメージでしたが、これは味わいも口どけ感も濃厚。上に乗ってるのはフルーツソースではなくてフルーツジャムだそう。オーガニックなものなのかな?甘さ控えめで美味しい。
今日はブルーベリーでしたが、他にも何種類か用意してるそう。コンスタントに出るようなら、ジャムの種類が選べる様になるみたいです。

訪問日  2008年5月3日


↑白い塊は濃厚な豆乳でした

昨日のイベントの時にちらっと小耳に挟んだメニューが気になって、仕事の後行って来ました^^

「春の塩らーめん」・・・800円

麺は細麺か太麺が選べますが、細麺で茹で加減は普通でお願いしました。
スープは、節系・昆布・桜エビなどを使った和出汁だそうで、旨味もしっかりで美味しいスープ。アスパラの下に見える白いのは豆乳。別皿でちょっと飲ませて頂きましたが、どろっとしていて豆の味わいと甘さが濃厚なもの。
少しずつ食べながらスープに溶かしていくとまろやかな味わいになって行きます。
具はチャーシュー・アスパラ・白髪ネギ・糸唐辛子。チャーシューは上にチェダーチーズを乗せてレンジアップしたもの。とろっとしたチーズとチャーシューが美味しい。
別皿には春キャベツの味噌和え。そのままでもいいおかずになりそうな。。。(笑)
お味噌は岩手の「味噌職人」という加熱殺菌やアルコール添加のされていない生味噌の様です。途中から少しずつ加えて行くと、元のスープの味をそれほど大きく変える事なく薄っすらと感じられる味噌の風味と甘味が柔らかでこちらも美味しい。

杯数の限定はなく、しばらくは提供されるようです。

訪問日  2008年4月23日

 

「鶏白湯つけ麺」・・・850円

券売機ではいつも「売切」ランプが点灯している「鶏白湯つけ麺」。 でも実は、提供できる時には「売切」ランプが消えてる時が不定期にあるんだそうです。

麺の方には味付けしていない鶏白湯スープに鶏肉・舞茸・白ネギ・青ネギ?小皿でカンホアの塩が出されます。
つけダレは今日はホッキ貝のスープ。去年のクリスマスに限定で出したという刺身用のホッキ貝を使ったもので今日は醤油ベース。具は小松菜・芋がら・ネギ。
以前ホッキのスープで食べた事のある方々の噂では「化調入ってないよね?」とか「ここって無化調のお店だよね?」と思ってしまうくらいの旨味があるとかで・・・ホントにそう感じてしまう旨味がありました(笑)それに、ホッキ貝ってこういう味が出るんだ〜と新鮮な発見♪
麺は前日「むさし坊の日」で使ったというつけ麺用の麺。先週の「むさし坊の日」で使ったマル特ナンバーワンという小麦の他に、普段使ってる埼玉産の小麦も入れ、せっかくだからと卵を入れ、それならと料理酒も追加。そんでもってオリーブオイルも混ぜて作ったという麺を冷凍庫で一晩寝かせたものだそう。
途中途中でお話ながらゆっくり食べてたにもかかわらず最後までコシがあって食感も良く美味しい麺でした。
鶏白湯のラーメンとして、つけ麺で食べたり、最後はつけダレを麺のドンブリに入れて鶏白湯ベースのホッキ貝スープラーメンとして食べたりと堪能しました^^

「鶏蛋湯(チータンタン)」・・・50円

そして〆はもちろん「鶏蛋湯」。
勿体ないのでと、残した鶏白湯につけダレを全部合わせましたがちょっと塩梅が濃かったので鶏白湯を足してくれました。
スープを鍋で熱々にしたものを、ドンブリに割りいれて解しておいた卵に注いで出来上がり。 ふわっふわでトロトロの溶き卵。胃袋に余裕があればご飯も投入したかったですが残念^^;

訪問日  2008年4月9日

 

 


チャーシューはこんな感じ

 

先週の3月25日から始まった火曜日限定の「むさし坊」の日。(※開店は12時から)
8年前に開店した武蔵浦和店の味を再現したとか。本日のメニューは【つけ麺】【むさし坊らー麺】【ゆず塩らー麺】【牛肉高菜飯】。来週は【坦々麺】も再現するとか。
ちなみに4月22日は「むさし坊」の日はお休みとなります。

「むさし坊らー麺」・・・720円

先週とはスープの濃度をライトにし麺も変えたそうな。 麺の茹で加減は普通、味はちょっと薄めでお願いしました。
スープはシングルスープで寸胴ひとつで作ったものだとか。ライトとはいえ、鶏の旨味がすっごい出ていて味わいも濃厚な味わい。ひと口飲んで思わず美味しいと言っちゃいました。揚げ玉ネギは香ばしさと後半に出てくる甘味がいい感じ。
麺は薄い黄色味のある太麺。麺のコシもあって食感があって美味しい麺。先週は埼玉産の小麦のものだったそうですが、今日はマル特ナンバーワンを使ったそうな。
具はチャーシュー・クコの実・芋がら・海苔。
チャーシューは皮付きのものだそうで、皮の部分が香ばしくしっとりしていて柔らか。クコの実はほんのりとした甘さがいいアクセント。

「ゆず塩らー麺」・・・730円

続いて「ゆず塩らー麺」も^^;
スープは同じものだそうですが、塩味なので全然違った雰囲気になります。
具の鶏チャーシューは皮付きの鶏もも肉で、鶏挽肉&カシューナッツを粗く砕いたもの&クコの実を巻いたもの。ナッツの食感がいいアクセントで美味しいチャーシュー。
青ネギ・柚子皮・黒ゴマはゴマ油で和えたものだそうで、食べ進むうちにゴマ油の風味や柚子の爽やかさが楽しめます。

武蔵浦和店で同じメニューを食べたのは5年近く前。まだ一人でラーメン店へ入るのにドキドキしてた頃なので正直あまり印象に残ってないんですが・・・^^;今日のはとても美味しかったです^^

訪問日  2008年4月1日

 

仕事の後に行って来ました♪

2008年1月12〜14日限定
『点と線』コラボ第6弾テーマは「魚卵・白子」
「いかすみ和え麺?」・・・800円

鶏油でイカと「にがな」という沖縄の野菜を炒めて、茹で汁を少し足して中太の麺を和えたものにパプリカが振られ、穂ジソが添えられます。
イカはピキッとした張りがあって歯ごたえがいい感じ。にがなは独特の苦味があって意外といいアクセント。
ただ、麺を絡める油がそれ程多くないのと、麺の量が多めなので麺同士がくっ付いてしまって箸を持つ手がちょっと疲れました^^;
つけダレは沖縄の郷土料理の「いかすみ汁」をイメージしたもので、スルメイカの墨と肝を使いイカの白子と鶏の挽肉入り。
イカ墨と肝の独特な味わいが最初に感じられますが、ひと口ふた口と食べ進むうちに気にならなくなり、ぷりっとした白子は口の中でとろ〜っと溶ろけて美味しい。
麺をそのまま食べたり、つけ麺にしたり、最後はつけダレを麺にぶっかけて和え麺にと3通りの食べ方が楽しめます。

和え麺。でもいろんな食べ方も出来るからメニュー名に「?」が付くんだそうです(笑)

訪問日  2008年1月13日

店名が変わって暫く経ちますが、ようやく^^;

「塩らーめん」・・・680円

「むさし坊」時代にも2回ほど食べてますが、どっさりと乗る三つ葉が好きで再び塩を^^

スープは動物系は使わずに魚介系だけで摂ったものだそうで、すっきりとした味わいですが、鶏脂を使っているそうでいい感じにコクもあって美味しいスープ。
麺は細麺&茹で加減普通でお願いしました。太麺でも食べた事あるけど、細麺の方がこのスープには好みかな。
具はチャーシュー・三つ葉・青ネギ・揚げ玉ネギ。チャーシューはホロッと柔らか。てっきり豚だと思っていたチャーシューが鶏肉だったと初めて知りました^^;
三つ葉の香味もさわやかで、揚げ玉ネギも徐々にスープに馴染んでいっていい感じ^^

訪問日  2008年1月9日C