11:30〜15:30 (L.O.15:00)
17:30〜翌2:00 (L.O.翌1:45)
定休日 無休
住 所
埼玉県越谷市蒲生寿町15−41
最 寄 駅
東武伊勢崎線 蒲生駅

*鉄板餃子房 満天食堂*
蒲生駅の改札を出たら、左側の東口へ。ロータリーを右から回って、東武ストアを過ぎたところで右へ曲がって真っ直ぐ行き、道路に突き当たった手前左側。徒歩2・3分。

2011年5月22日OPEN。
足立区の竹ノ塚にある「しおの風」が展開するお店で、こちらは7店舗目だそうな。
それぞれのお店に個性があり、こちらでは「鉄板餃子房」と店名に冠が。昼間はランチメニューとして、麺類が主体ですが、夜の部では、サラダ・豆腐・肉の他、本格的な中華の一品料理名がずらっとメニューに載ってます。
店内は入って右側が厨房で、その前にカウンターで6席。左側には、4人掛けが4卓と2人掛けのテーブル席が1卓。後会計制。

ランチメニューは【中華そば 680円】【焦がし中華そば 680円】【にぼし中華そば 680円】【とり塩中華そば 680円】【担々メン 800円】【ヤサイタンメン 800円」】【エビタンメン 800円】【ミソタンメン 800円】【チャーシューメン 800円】【チャンポンメン 800円】【五目旨煮タンメン 800円】【汁なしタンタンメン 800円】【ザージャンメン 800円】の他【正油つけめん】【担々つけめん】などに、丼やチャーハンに、お勧めメニューなどなど。 


 

  

 

 

近いのに、4年振りになっちゃいました^^;
ボードメニューに、日替わりで?2つの定食と1つの麺類が書かれており、ソレを注文している人も多かったかな?

「ビール 中」・・・580円
「玉露入りお茶割り」・・・350円
「フレッシュとまとのガーリック和え」
               ・・・390円
「若どりの唐揚げ (塩山椒 or             ユーリンチーソース」・・・680円

一品料理などもメニューも豊富なので、麺の前にちょい飲みを(^^ゞ  「若どりの唐揚げ」は塩山椒かユーリンチーソースが選べ、今回はユーリンチーソースにしましたが、塩山椒も美味しそうで悩みました^^;
2品を肴に3杯ほど飲んで、〆の麺を。

「サンラータンメン」・・・840円

最近お気に入りの「酸辣湯麺」を。
こちらではメニューにカタカナ表記でした。

スープの酸味と辛味のバランス、そしてトロミ具合も個人的には丁度いい加減。
具は、豆腐・タケノコ・きくらげ・エノキ・ふかひれみたいな透明なもの・カマボコ?・ネギ・溶き卵・もってのほか(食用菊)など。
麺は中位のウェーブのあるもの、だったかな? トロリとしたスープや溶き卵が絡んで美味しかったです^^

訪問日  2015年8月26日

 

 

 

 

「焦がし中華そば」・・・680円
 +満天飯ランチセット
 (鉄板餃子3ケ+ドリンクバー)・・・150円

ドリンクバーは、アイスコーヒー・アイスティー・ウーロン茶・ジャスミン茶・オレンジジュースの5種だったので、ジャスミン茶をチョイス。
先に焦がし中華そば、すぐに餃子も提供されました。
スープのベースは魚介系であっさりとしながらも、魚介の香りを出したものだと思いますが、醤油ダレの深みと大豆の甘みを感じる味わい。店内の案内には「中華そばにはポルチーニ茸を使ってます」とありましたが、焦がしにも入ってるかは不明・・というか、わかりませんでした^^;
麺は、中くらいの太さで緩いウェーブのあるもので、浅草開化楼のものだそう。
具は、チャーシュー・ネギ・ナルト・青菜・海苔・鰹節を揚げたもの。チャーシューは豚のモモ肉かな。脂身が落とされ、しっとりとジューシーでちょこんと粒マスタードが乗ってます。ネギで見えませんが、厚切りの鰹節を揚げたというものも3枚ほど。端っこの部分はカリッとしてますが、肉厚の部分はちょっと食べ難いですが、噛む毎に鰹の味わいが濃厚になって行きます。
餃子は、店名通りに鉄板で提供されます。
皮はカリッ&もちっとして弾力があり、餡は肉と野菜のバランスがいい感じ。
肉汁も野菜の甘みが加わって甘みがあってジューシー。何もつけずに、そのまんまで食べちゃいました〜^^

訪問日  2011年6月12日