11:300〜14:30 18:00〜21:00
定休日  未定? 店頭&店内表記無し
住 所
埼玉県久喜市青毛3-13-19
最 寄 駅
東武日光線 幸手駅

*麺堂 稲葉 〜Kuki Style〜*
久喜市とはいえ、最寄は幸手駅です。
東武スカイツリーラインの南栗橋行きに乗って、東武動物公園の2つ先の幸手駅で下車。
改札を出たら、ロータリーを左側から周ってそのまま左へ曲がります。道成りに100m程行き、整骨院の手前の路地を左へ曲がると踏切への近道。踏切を渡ってずーっと真っ直ぐ道成り6・700m進み、2つ目の信号と川を越えたすぐの右側。徒歩10分位。

2013年4月24日OPEN。
茨城の古河市にある「麺堂 稲葉」の2号店です。有名な話ですが、店名は店主のB'z好きな高じてだそうで、営業(開店)時間ではなく「開演時間」との表記、そして店内のBGMももちろんB'zです。
店内は、入って左側に小さな券売機があり食券制。正面に厨房があり、その前にカウンターが6席と後ろ側に4人掛けのテーブル席が2卓。

メニューは【塩らーめん 650円】【醤油らーめん 650円】【あっさり塩つけめん 700円】【とりそば(塩味) 700円】【とりそば2号(醤油味) 700円】【とりそば黒 750円】【つけめん(塩味) 750円】【つけめん2号(醤油味) 750円】【鶏白湯つけめん 750円】【鶏黒つけめん 800円】【えびつけめん 850円に、トッピング類や【チャーシュー丼 250円】など。

 

↑準備中の外観です。
営業中は暖簾がかけられ、「まぁだだよ。」の木札が
「もういいよ。」になります。


 

 

一昨年の「大つけ麺博」で東海四天王の手伝いをした際、通路を挟んだお隣がこちら。2度ほど賄いを頂き美味しかったと、同じ東武線沿線と知り早速^^

メニューが豊富なのであれもこれもと目移りし、最初から食券2枚買い(^^ゞ 先に「とりそば(塩)」をお願いしました。

「とりそば(塩味)」・・・700円     

スープは鶏白湯。鶏の味わいがなかなか濃厚で、スープを飲んだ後に唇がピタッとくっ付く様なコラーゲン豊富って感じながらも、重たさは感じないですね。
麺は、中くらいの太さのもの。若干加水が低めかな。濃厚なスープの中にも麺自体の味わいも楽しめます。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・青ネギ・粗みじんの玉ネギ・海苔。チャーシューはバラ肉の部位で、焼き目がついたもの。炙る音はしなかったので、ソテーかな。しっとり&ジューシーで程よい噛み応え感。穂先メンマはダシが染みててサクッと柔らか。粗みじんの玉ネギの香味とみずみずしさが濃厚なスープのいいアクセントになってました。

「醤油らーめん」・・・650円     

続いて、醤油らーめん^^
こちらは鶏の清湯スープを使ったもの。あっさりながらも鶏ベースのスープに、醤油ならではの醸すほんのりとした甘味とまろやかさ。味は美味しいですが、個人的には若干塩気が強かったかな。
麺は「とりそば」と同じものかな。スープが違うと印象が変わって感じるのも面白い。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・ネギ・海苔。チャーシューは「とりそば」と同じものですが焼き目は無し。そのせいなのか、こちらはお肉が濃厚&クリーミーに感じました。穂先メンマも存在感があります。こちらは白ネギの香味がいいアクセント^^

ニンニク焦がし油を使った「とりそば黒」や、古河のお店で限定で出していたけどこちらでは定番化する予定という【えびつけめん】も気になります^^

訪問日 2013年4月24日