< 閉 店 >
住 所
埼玉県三郷市半田1353−2
最 寄 駅
JR武蔵野線  新三郷駅

*麺の家 とりとん*
新三郷駅の東口を出たら、ロータリーの向こう側に線路と平行になっている道を左へ。真っ直ぐ100mちょっと行った右側。徒歩1・2分。

2009年9月3日OPEN。
IKEAやららぽーとが出来たりと賑わってきた新三郷ですが、お店は反対側にあります。
2重のドアを開けて入ると、右側に厨房が別スペースで設けれています。正面にL字型のカウンター。角の所は冷水ポット置き場で両端だけを使って7・8席。その向こう側に4人掛けのボックス席が2卓。左側には小上りで掘りごたつ式のテーブルが4卓ほど。

メニューは【とりとん白湯麺 680円】【味玉白湯麺 780円】【野菜白湯麺 780円】【チャーシュー白湯麺 880円】【からか白湯麺 950円】【イベリコ豚の角煮白湯麺 980円】にトッピング類や【明太子ごはん330円】【チャーシューごはん420円】【イベリコ豚角煮ごはん480円】など。
17時以降は夜メニューとして【イベリコ豚の焼き餃子420円】【にんにく抜きの焼き餃子380円】におつまみなども。


仕事帰りに駅でふと「らーナビ」の日毎ランキングの埼玉版を見てみたら、新三郷のお店が一位に。デジカメも持っていたので乗り越して行ってみました♪

「味玉白湯麺(太麺)」・・・780円

すぐに座れましたが開店間もないのと、世間ではシルバーウィークという事もあってか家族連れなども何組かいて提供まで少し待ちました。

スープは、メニューの表記によると豚骨を弱い火力で8時間以上煮込んだものに、九州産の鶏を丸ごとにっくり煮込んだスープを合わせたものだそう。
そんなスープは、表面に細かい背脂も少々。
鶏と豚骨の両方の味がちゃんと感じられますが、どちらかというと豚骨の方が強いかな?甘みもあってまろやかでクリーミーな味わい。
麺は、デフォだと極細の平たい断面のものだそうですが、太麺でお願いしてみました。
気持ち固めの茹で加減でスープとの相性もそれほど悪くはないけど、細麺の方がいいのかなとも思ってみたりして。
具は、チャーシュー・メンマ・九条ネギ?味玉。味玉は切れ目が入っていますが、そのまんまでした(笑) 黄身に液体はなく、全体が固まりかけたくらいのものでした。

訪問日  2009年9月19日