11:30〜14:30 17:30〜翌2:30
定休日 火
住 所
埼玉県さいたま市浦和区北浦和4−7−10
最 寄 駅
JR京浜東北線 北浦和駅

*メン屋 ちっきん
北浦和駅の西口に出たら、そのまんま左へ線路沿いに進んだ左側。徒歩1・2分。

霧島鶏を使った串焼きや料理をメインに提供している「炭火串焼台所 ちっきん」が母体で、OPENは2008年9月15日。
暖簾に書かれた「丼・定食」から店舗上部の看板が「メシ屋」にも読めますが、「メン屋」で間違いないようです。店内はL字のカウンターに6席と二人掛けと4人掛けのテーブルが1卓ずつで広々としています。後会計制。
昼と夜とではメニューが違うのかな?「お昼のメニュー」と書かれたものが置いてありました。

お昼のメニューは、細麺か太麺が選べる【ちっきん麺 690円】【ちっきん麺(赤) 750円】【ちっきん麺(味噌) 790円】に【支那そば 670円】と【にんにく無餃子290円】。
他には、ちっきん麺or支那そば+ちっきん丼or餃子と小ライスor蒸し鶏の香味胡麻ダレサラダ+オーガニックシュガー蜜のミルク寒のランチセットもあります。


 

「ちっきん麺」・・・690円  

ドンブリの渕には柚子胡椒が添えられ、「お好みで加えて下さい」との事。

霧島鶏のいろんな部位を使ったという白湯スープ。黄色味を帯びているのは鶏油かな。
程好く濃厚な重さ加減で、鶏の旨味も充分でまろやかな味わい。ほんのりとコーンのような甘みも感じられます。
麺は、浅草開化楼のものだとか。細麺か太麺が選べるので細麺をチョイス。中細のゆる縮れ麺で、太麺とは比べてはいませんがこっちの方がスープとの相性は良さそうです。
具は、鶏チャーシュー・メンマ・かいわれ・白ネギ・揚げネギ。お店の案内によると鶏チャーシューは、香味野菜と一緒に茹でた後に塩を塗り込んで余熱で塩気を浸透させたもの。ちょっと筋肉質っぽいような弾力のある噛み応えがあって美味しい。
そのままでも最後まで飽きない味でしたが柚子胡椒も好きなので、残ったスープに溶かして。柚子の爽やかな香りとピリッとした辛味が加わって、こちらもなかなかでした^^

ミニデザート(ランチ時のサービス)

ランチ時は、ライスかミニデザートのサービスがあるとの事で、ミニデザートをお願いしました。 オーガニックシュガーを使った葡萄の蜜をかけたというミルク寒天。
本当にミニですが、 甘さもほど良くてさっぱりといい口直しでした^^

訪問日  2008年11月23日C