塩バターコーンらーめん  



< 閉 店 >
住所
埼玉県さいたま市南区沼影1−8−17
最寄駅
JR武蔵野線・埼京線  武蔵浦和駅

*えるびす*
武蔵浦和駅西口すぐ。
2003年11月19日にオープンしたラーメンアカデミーの中のお店。本店は池袋の西口にあり、東口にも支店がある。

麺は自家製で、保存料や着色料も無添加。
店内はカウンターが12・3席とテーブル席もある。カウンターは低めで座り易い。
元気のいいおばちゃまがフロアーを仕切っていたが、私の次に入った赤ちゃん連れに気を取られたのか、おしぼりとお冷を忘れられてしまっていた^^;

メニューは醤油らーめん650円と塩らーめん750円。それと各種トッピングが追加されたメニューと、また別にもトッピングが単品である。
塩らーめん(濁り仕立て)は本店で期間限定として出していたものの中で、一番リクエストの多かったものだそうだ。

2004年3月17日追記
濁り仕立ての塩味メニューは新作の豚骨生粋麺の登場に変り、無くなっています。


塩バターコーンらーめん

「塩バターコーンらーめん」・・・900円  

見るからに濁り仕立てという感じだ。
スープは豚のげんこつや鶏がら・野菜・煮干などを煮込んだものだそうで、煮干の味が効いていてとてもまろやかだが、気持ち塩気が強い感じがした。
麺は中位のストレートな麺で、茹で加減もいい。
具はチャーシュー・メンマ・ネギ・コーン・バター。チャーシューは巻き肉タイプのもので程好い柔らかさで美味しい。
バターは途中から溶かして食べたけれど、スープの味自体がしっかりしてるので、バターを入れてもバターの味だけにならずにスープの風味も最後まで感じることができる。

訪問日  2003年11月29日
個人的好み   


「豚骨生粋火山」・・・650円  

久しぶりにラーメンアカデミーを覗くと、それぞれのお店で新作メニューが扱われていた。
えるびすでは“豚骨生粋麺”だ。その中でも激辛と謳われていた「豚骨生粋火山」を注文。
スープは豚骨ベース。黒いソースのようなものがかけられており、これをスープに混ぜると一瞬にして赤くなる。何が入っているのかは不確かであるけれど、ごま油とラー油の香りがする。他にも小さな香辛料の粒のようなものが浮いていた。結構辛い^^;
麺は博多ラーメンで使う極細麺。硬めの茹で加減だ。
具はチャーシュー・ネギ・細切りのきくらげ。
チャーシューも柔らかく、きくらげの食感もいい。
辛いもの好きの私でも汗が流れて落ちてくる程でした。辛いのが苦手な方はやめた方がいいかもしれません^^;

訪問日  2004年3月17日
個人的好み