11:30〜14:00 18:00〜22:45
定休日  水
住  所
埼玉県さいたま市南区南本町1‐3‐13
最 寄 駅

JR京浜東北線・武蔵野線 南浦和駅


*坦々麺・水籠包専門店 
      功夫担担
(カンフータンタン)
南浦和駅の改札を出て、右側の西口の階段を降りる。駅前ロータリーを左側から回って、みずほ銀行の手前の道を左へ曲がり、1つ目の十字路を超えて少し行った先の左側。徒歩2分位。

2011年5月10日OPEN。
ネット情報によると、店主さんは以前イタリアンの経験があるとか。ですが、 店名の通り、坦々麺各種と水籠包専門店と謳ってます。飲んだりも出来る様で肴になる中華メニューや揚げ物なども用意されています。
店内は入って正面に厨房があり、その前にカウンターが5席。左側手前に四人掛け×1卓・二人掛け×1卓、そしてその奥左の壁側に二人掛けが1卓。後会計制です。

メニューは【汁なし坦々麺 780円】【汁有り坦々麺 780円】【坦々つけ麺 880円】【功夫ラーメン 880円】に、【水籠包 380円】などに、一品料理やお酒類など。


看板の冠に付いている「坦々麺」と店名の「功夫担担」の「たんたん」の漢字が違うのがちょっと気になりますが・・・(笑)

「汁あり坦々麺」・・・780

メニューは全て「担々」の表示でした。
壁に貼ってあった「揚げたてアジフライ」等のメニューに心惹かれながら待っていると、目の前まで運んでくれました。
スープは、芝麻醤(チーマージャン)のゴマのほんのりとした甘みや、まろやかさとコクのあるスープ。食べ進むうちに辛いと感じて来たのは、ラー油というよりは山椒のピリピリとちょっと痺れる感じによるものかな。
麺は中細のもの。途中からちょっと辛味を感じて勢いよく啜れなくなりましたが、麺に程よくスープが絡んでました。
具は、担々挽肉・ ナッツの砕いたもの・粗みじんのザーサイ・チンゲン菜・糸唐辛子。
ナッツは葉の凹みにくっ付き易いかな^^;ザーサイの塩気と食感がいいアクセントですね。

麺を食べ終えた後も、底に沈んだひき肉やザーサイなどをすくって食べましたが、途中からちょっと味の単調さを感じました。ビールをお供にして、汁なしにしたらさぞかしどちらも進むのでは?(笑)

訪問日  2011年12月29日