11:30〜20:30(品切れ次第終了)
定休日 木

住 所
埼玉県さいたま市桜区田島1−21−18
最 寄 駅
JR武蔵野線 西浦和駅

*トーフラーメン 幸楊*
西浦和駅の改札を出てすぐ左方向へ行き、細い路地を抜け、ファミリーマートの所を右へ。少し先の左側にあるラーメン屋さんを通り過ぎたところで左に曲がり真っ直ぐ。1つ目の信号(左側にダイエー)を右に曲がり、次の信号を渡った左側。徒歩8分位。

開店は2002年6月2日。
今では「埼玉B級グルメ」としてお馴染みの「トーフラーメン」ですが、元々は、以前勤めていた岩槻のお店で、賄い食としてご店主が発案されたメニューなんだそう。
入口は中央右側のガラス戸。店内に入ると左半分が厨房、その前にカウンターが6席と後ろ側にテーブル席が2卓で後会計制。
女性一人でも気楽に入れるお店です^^

メニューは【トーフラーメン 600円】【ラーメン 650円】【塩ラーメン 650円】【ネギみそラーメン 700円】【担担メン 700円】【田島ラーメン(黒ごまスープ) 700円】【チャーシューメン 900円】【醤油つけメン 750円】【みそ辛子つけメン 750円】。
毎月12日はトーフの日という事で「トーフラーメン」が100円引きになるそうです。


 

涼しい日が続いた事もあり、無性に食べてみたくなって仕事の後に^^

「トーフラーメン」・・・600円

大き目なドンブリにたっぷりと入ったスープの上に、これまたたっぷりとお豆腐の入った餡かけが。
ベースのスープは、清湯で動物系を使ったものかな? 麺の写真を撮った後にその近くのスープを飲んだほんの一瞬だけ、ベースの味わいを感じられた様な? 旨味もあってなかなかな味わいでした。
そんな醤油味スープの上には、生姜や挽肉などと炒め煮され、トロミのついた餡かけが乗り、刻みネギが添えられています。
餡はお醤油味で、ゴマ油の香りがふわっとするもので、ラー油もかかってますが辛味というよりはアクセント的かな。お豆腐は大き目に切られていますが、崩れずに角がきちんと残ったままで、結構な量が入っています。餡の味付けと豆腐自体のほんのりとした甘みの対比が面白く、何よりもめちゃくちゃ滑らかなお豆腐の食感が印象的。
麺は、黄色味のある中細の縮れ麺。最初のうちは餡が絡んで熱々〜。麺自体の味わいも結構好きかも。
スープ・具(お豆腐)・麺と交互に食べ進んで行くと、徐々に餡がスープと合わさってサラッとした変わっていく様も面白いです。
ネギや挽肉がいいアクセントで、ついついたっぷりスープも飲み干しちゃってお腹いっぱいでした^^;

訪問日 2011年8月22日

 


巾着袋の中身

「埼玉ラーメンマップ10」
冬季(2006.12. 1〜2007.2.28)限定メニュー

1日15食限定
「冬季みそラーメン」・・・750円

評判の「トーフラーメン」も食べてみたいと思っていたものの、なかなか行けず・・・^^;
「埼玉ラーメンマップ10」の限定につい惹かれて行って来ました。

具には、鶏の肉団子・青菜・白ネギ・シソの葉・油揚げの巾着袋が乗ります。途中で巾着袋を開けて混ぜながら食べるそうです。

ベースのスープは動物系と魚介系をブレンドしたものだそうですが、節類のような魚介系ではないようです。表面にはラー油が細かく点々と散っていて、茶色のパウダーが振り掛けられてます。(五香粉かな?)
スープは結構サラッとしていて、酒粕が入ってるからか味噌の味わいがまろやか。でも、やや淡白な印象が。
少し食べ進んだところで巾着袋を開けてみました。中には挽肉・かぼちゃ・コーン・玉ネギ・うずらの玉子が。少しずつ崩しながら食べると挽肉などから味が溶け出し、辛味と旨味がスープに広がっていって物足りなさも無くなり美味しい。 意外にもかぼちゃが美味しかった。
麺は黄色味のある中細の縮れ麺。気持ち柔らかめの茹で加減がスープと合ってました。
具の鶏の肉団子は、レンコンの様なシャキっとした食感のものが入っていて美味しかった♪

訪問日 2006年12月6日
個人的好み