11:30〜15:00 17:30〜21:00
定休日 水

住 所
埼玉県さいたま市岩槻区本町3-3-4
最 寄 駅
東武アーバンパークライン 岩槻駅

*とうふらぁめん 蘭蘭*
岩槻駅の改札(一ヶ所)を出たら、左側からロータリーを回って正面の道を左へ。200mくらい行った先の右側。徒歩3分くらい。

1977年(昭和52年)OPEN。
今では「埼玉B級グルメ」としてお馴染みの「トーフラーメン」ですが、元々は「レストラン大手門」で賄い食として考案されたものだそうで、西浦和の「幸楊」はその発案者の方のお店で、こちらは「大手門」にいらした方のお店。お洒落な外観は2005年にテレビの「「大改造!!劇的ビフォーアフター」で匠によってリニューアルされたんだそう。
店内は横長に広い造りになっていて、正面が厨房でL字のカウンターが10席くらいと、左側奥にテーブルが2卓。後会計制です。

メニューは【とうふらぁめん 700円】【しょうゆらぁめん 620円】【塩らぁめん 620円】【もやしらぁめん(みそ・しょうゆ) 720円】【チャーシューめん 930円】【とうふチャーシューめん 1030円】などに【餃子 390円】【チャーハン 770円】など。


もう10年くらい前かな。ラーメンの食べ歩きを始めた頃に当時の同僚から聞いていたお店です。

「とうふらぁめん」・・・700円

目の前に置かれた瞬間、ふわりと漂うゴマ油の香ばしい香り。スープのベースは鶏や豚などを使った動物系の清湯かな。
具は大きめに切られた絹ごしの豆腐と挽肉でゆるめの餡かけにしたもの。そして、小松菜?とネギが乗ってます。
キメ細かく柔らかな豆腐は、中まで熱々なので火傷注意です(笑) つるっと滑らかな喉越しで食べ易いですが、見た目よりもボリューム感があります。お豆腐は一丁分くらい入っていそうな食べ応えがあります。
麺は、中位の緩い縮れのあるもの。少し柔らかめに感じる茹で加減もこのスープには丁度いい感じです。

「餃子」・・・390円

ラーメンと同時に提供されました。
ラーメンの具がお豆腐で軟らかかったので、焼き目のカリッと感が食感のいいアクセントになりました^^

訪問日 2015年2月22日