11:30〜15:00 17:30〜21:00
日・祝 11:30〜20:00
定休日 月・第3火 不定休あり
※月曜祝日の場合は営業、翌日休み
住 所
埼玉県さいたま市南区太田窪2-6-8
最 寄 駅
JR京浜東北線  浦和駅

*佐野ラーメン たかの*
京浜東北線の浦和駅から徒歩20分くらい。
浦和駅かJR武蔵野線の東浦和駅から国際興業バスで「太田窪」停留所で降りれば2・3分。(南浦和や北浦和からのバスもありますが、若干本数が少な目)
武蔵野線の東浦和駅からバスで行きました。
改札を出たら正面を横切る道路(信号)を渡ってすぐ左側にあるバス停から「浦和駅東口」行きのバスに乗って「太田窪」(20分位210円)で降り、50mくらい引き返して「太田窪(北)」の交差点を右へ曲がって200mくらい行った先の右側。

開店したのは1986年3月17日。
ご当地ラーメンとしても有名な、青竹を使って麺を打つという栃木県の佐野ラーメンを提供するお店です。ご店主は、その佐野ラーメンで有名な「おぐら屋」の出身だそうな。
店内は、入って正面に厨房があり、その前にL字のカウンターが9席と、右側には小上がりで4卓ほど。後会計制。

メニューは、塩味の【ラーメン 580円】【チャーシューメン 780円】【揚げネギラーメン 780円】【辛口スタミナラーメン 780円】【梅塩ラーメン 780円】、醤油味の【中華そば 680円】【中華チャーシューメン 880円】に、【醤油つけめん 680円】【ゴマダレつけめん 680円】【揚げ茄子つけめん 700円】の他、【チャーハン 700円】「キムチチャーハン 800円】(チャーハンは半分サイズもあり)【炙りチャーシュー丼 350円】【餃子(5個) 350円】などの他、セットメニューなども。


うだる様な暑さですね^^;
あっさり系のラーメンが食べたくて、思いついたのがコチラ。東浦和(武蔵野線)からバスに乗って、行って来ました^^

Aセット
  「塩ラーメン+半チャーハン」

                ・・・850円
 

透明感のあるきれいなスープ。
節系を強く出し過ぎず、程よい効かせ方加減が何とも絶妙。塩梅も個人的には丁度良く、ついつい後を惹いてしまう美味しいスープ。
麺は、青竹を使って打たれた平打ちのもの。表面が滑らかで啜り心地もいい感じ。幅広めなものがメインですが、細めのものもあったりと不揃いなのも食感的に楽しい。
具は、チャーシュー・メンマ・海苔・ネギ。チャーシューは小ぶりですが2枚入っていて、しっとりと柔らか。メンマは軽めの味付けで、柔らかでサクッとした食感でいくらでも食べられそう。

お漬物付きの半チャーハン。
半とはいえ3分の2くらいの量があるかな?
具は、チャーシュー・ナルト・卵・ネギ。味付けも程よく、油も少な目なので食べ易く、白菜の漬物がいい箸休めになりました^^

訪問日  2014年7月25日

 

 

 

 

 

 

ラーメンの食べ歩きを初めて10年目。
当初から気になっていたお店ですが、その当時は「駅から○分」というよりも「○インターから○分」みたいな表示だったような?そんな事もあり行けずにいたんですが、知り合いのサイトでバスで近くまで行けると知り、早速♪

想いが詰まっている分もあり、あれもこれも食べたくて狭いカウンターにお皿を広げちゃいました(^^ゞ

「塩ラーメン」・・・580円
 +「チャーハンセット
(半チャーハン+サラダ・お新香付き)
                 ・・・350円
 

塩味のラーメンは、とてもきれいな透明感のあるスープ。鶏をベースに魚介を加えたものだそう。鶏ダシはあっさりめに摂られてるのかな。そんな下支えもあってか、鰹節の香りと味わいが柔かくふわ〜っと感じられて、キレが良くあっさりですが滋味深くて美味しいな〜。
麺は青竹を使って打たれた平打ちのもの。表面が滑らかで一瞬ちょっと柔らかめかな?という印象ですが、コシもあってもっちりとした食感で絶妙。
具は、チャーシュー2枚・メンマ・海苔・ネギとシンプル。
半チャーハンは、具にチャーシュー片・ネギ・ナルト・卵入りのもの。味付けも程よく、塩味のラーメンのスープとの相性がいいですね。
ミニサラダやお新香が付くのも嬉しい。

「餃子(5個)」・・・350円  

そして、こちらも食べたくて^^;
皮がもっちり、焼き目はカリッと。餡には挽肉の他にニラやキャベツかな?女子だと2口サイズですね(笑)
タレは作らずにそのままで頂きました。餡自体の味付けは控えめですが、肉汁ジューシーで野菜の甘味や香味など素材の味わいが感じられて美味しかったです^^

訪問日  2013年3月3日