< 閉 店 >
営業形態変更だとか?で、
「本格中華 檜庵(ひあん)」に
住 所
埼玉県草加市高砂468−1
      ヴァリエ草加 フードセラー内
最 寄 駅
東武伊勢崎線  草加駅

*重厚煮干中華そば 大ふく屋*

草加駅の改札を出たら…東口は回れ右、西口は回れ左をして高架沿いに谷塚方面へ行くと「ヴァリエ・フードセラー」が線路下で行き来出来る場所があるので、その通路のところ。徒歩2・3分。11:00〜21:00の間であれば、改札の反対側にフードセラー直通の小さな改札口があるので、そこを真っ直ぐ進んでドアを出た向かい側。

2009年5月30日OPEN。
「せたが屋」の新店舗という事?で、2008年12月にOPENした赤羽に続き、十条・川口・草加と4店舗目。
一番右側の扉を開けると券売機があり食券制。食券を買っている間に人数などを見て、お冷が用意されるのでその場所に着席。
店内は入って左側が厨房でその前にカウンターが10席ほどと、右側には6人掛けのボックス席が2つ。

メニューは【中華そば 730円】【重厚中華そば 730円】【重厚つけそば 780円】に大盛りや肉盛りや全特盛などに1日30食限定の【和み中華そば 750円】。 他には【豚骨身にカレー200円】【黒ぶた餃子400円】【肉野菜辛しあえ200円】など。


最近では、すっかり濃厚豚骨魚介系が食傷気味なのであっさりの「中華そば」にしようと思ってたんですが…野菜を使ったという「ベジポタ系」(ベジタブルポタージュ)との事で気になって^^;

「重厚中華そば」・・・730円

メニューには「長時間丁寧に炊き出した豚骨スープに、強烈な煮干出汁と野菜を組み合わせたスープ」との案内。
そのスープは、レンゲからこぼれる感じがジャバっと乱れ落ちるのではなくて、少しまとまっている感じ?
ひと口飲んでみて、まろやかではありますがベースにある厚みを感じるスープ。豚骨の臭みはないですが、この厚みが豚骨+野菜とも感じ取れないかな。そして煮干の強烈な香りと味わいがすぐ後から。ちょこっと入ってる柚子皮がいいアクセント。
麺は中細のストレートなもので、プツプツ&ポキポキとしたような食感。
具は、チャーシュー・メンマ・海苔・ネギ。 チャーシューは程良い柔らかさで美味。メンマは部位によりサクッと食感が良かったり柔らかかったりとそれぞれ。

食べ進むうちに、ベースの厚みがずしりとした重さに変わり、煮干出汁も「味が濃い=しょっぱい」という印象に。 重厚というだけあってずっしりと胃に溜まる一杯でした^^;

訪問日 2009年6月7日