< 閉 店 >

住 所
埼玉県草加市高砂1−10−17
最 寄 駅
東武伊勢崎線 草加駅

*ラーメン 太鼓*
草加駅東口に出て、駅を背にして丸井とヨーカ堂の間の道を行く。信号2つ目を右に曲がりずっと真っ直ぐ。3つ目の信号の少し手前右側。徒歩10分位。

世田谷区桜上水にある「OKAZAKI」のご店主兄弟(長男と三男)のお父様が10年位前から営業されているお店です。以前はお父様の作っていたとんこつラーメンを提供していたそうですが、今年の夏頃から三男の方がいらして「OKAZAKI」の味を提供しています。昼の部と夜の9時迄がお父様、夜9時からラストまで息子さんがお店に出ているそうです。
店内はL字のカウンターが10席位と2人掛けのテーブルが2卓。後会計制でお水はセルフです。

メニューは【醤油らーめん 600円】【塩らーめん 600円】【味噌らーめん 650円】【つけ麺 600円】【塩つけ麺 600円】【味噌つけ麺 650円】にそれぞれ葱・焼豚・葱焼豚増しのものと、【ぶためし 300円】【こぶためし 200円】など。


「塩らーめん(大盛)」・・・700円

今日はお勧めだという「塩らーめん」を大盛(麺1.5玉)で^^
貝を使っているという塩ダレは、今日はハマグリだそう。仕入れに行った時々でムール貝を使ったりと素材が変わるようです。
スープは動物系・魚介系共にどちらも強すぎることなく、塩ダレのハマグリも強く効かせ過ぎずで全部のバランスがとてもいい感じ。
塩梅も良く、半摺りの白ゴマ・揚げネギ、入れる前に手のひらで叩いて香りを立たせたシソ・ 種を取った梅干など色んな味わいがスープをすくう場所によって楽しめる一杯。
しなやかな平打ちの麺は、麺自体の味に主張があるわけでなく食感と喉越しがいい。塩のスープにもよく合っていて、大盛にしても飽きずに最後まで美味しく頂けました^^

訪問日  2006年10月17日
個人的好み  

「味噌らーめん」・・・650円

スープは鶏ガラを主体にゲンコツなども使い魚介系も入れているそうで、スープ作りに8時間ほどかかるそう。
味噌は信州と新潟(だったかな?)の白味噌と赤味噌をブレンドしたものだそうで、味噌の甘味がちょこっと強めかな。
麺は「醤油らーめん」と同じく平打ちのしなやかなもの。こちらの麺も「OKAZAKI」と同じものを使っているそうな。
具はチャーシュー・もやし・ネギ・揚げネギ。
チャーシューは部位によるのかな?この前よりもちょっと小ぶりではあるけれど、柔らか。
もやしもシャキシャキ。揚げネギも香ばしい。
今のところ、醤油の方が好みかな?

「こぶためし」・・・200円

乗っているお肉は、チャーシューを作った時の端っこの部分を甘辛のタレで煮込んだものだそう。角煮のようにぶつ切りになっているけれど、箸でつまむと崩れてしまうくらい柔らか。
甘辛いタレとマヨネーズがよく合います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご主人曰く息子さんのお勧めは「タレに沖縄の塩と貝のダシを使っている塩」だそうで、 種を取った梅干とシソも乗っているそうな。
話だけでもそそられます(笑) また食べに行かなくては^^

訪問日  2006年10月4日
個人的好み  

「醤油らーめん」・・・600円

炊飯器のスイッチを入れ忘れてご飯が炊けてなかった(^^; なので「らーナビ」で調べてお昼はラーメン♪

スープは豚骨や鶏ガラかな?油は少し多め。醤油が気持ちたっているけれど、揚げネギや生姜が入っているので意外と丁度いい感じ。
麺は平打ちのもので、茹で加減が柔らかいわけではなく、しなやかさのある食感。
具はチャーシュー・もやし・揚げネギ・青ネギ・海苔。チャーシューは注文の都度スライスしているようで、薄いけれど大ぶり。箸で摘むと崩れる柔らかさ。もやしもシャキシャキ。ほんのりとごま油の香りがしたような。。。

塩と味噌も食べてみたい^^

訪問日  2006年9月29日
個人的好み