11:30〜15:30 17:30〜23:00
定休日 木

住 所

埼玉県戸田市上戸田5-19-2

最 寄 駅

JR埼京線 戸田公園駅


*麺屋 あがら
JR埼京線の戸田公園駅の東口の左側の階段を降りて、高架沿いにずーっと真っ直ぐ。500m位進むと「五差路」の交差点が。「餃子の王将」が見えるので、その向こう側。
徒歩7・8分。

2013年3月OPEN。当初はつけ麺を主体としたお店だったそうですが、2014年10月に、「らあめん HAJIME」の内田氏のプロデュースで、店主の故郷である和歌山県産の食材を中心に使ったラーメン店にリニューアル。
店内は入って左側に券売機があり食券制。
厨房の前にカウンターが9席と、4人掛けのテーブル席が1卓。待ち席もあり清潔で広々とした店内です。

メニューは【豚骨中華そば  680円】【中華そば 650円】【つけそば 750円】に、トッピング増しのものや、【チャーシューごはん 300円】】【しらすごはん 350円】【ぎょうざ(5こ) 350円】など。


直近で友人が食べに行っており、写真とコメントを見て気になったので仕事帰りに^^

「豚骨中華そば」 ・・・680円

あっさりという「中華そば」もありましたが、和歌山ラーメンをイメージしたという「豚骨中華そば」の方に。
スープは、豚骨をじっくりと炊き上げたという白濁したスープに、和歌山の有田にあるカネイワ醤油の天然醸造醤油を使ったというもの。豚骨もしっかりと味わいが出ていて濃厚で、醤油の味わいがビターで美味しいです。
麺は、中細のものでスープとの相性もいい感じ。麺量は、普通盛りで140gだそう。
具は、チャーシュー・メンマ・花形のかまぼこ・ネギ。チャーシューは3枚入っていて、ホロリと柔らか。メンマはコリコリとした小気味いい食感。
ただ最近、清湯系ばかりを好んで食べているので、途中ちょっと重たく感じて来ちゃったかな。そこで、卓上に置いてあった「じゃばら」の果汁を投入。かなり酸味の強い果汁なので、ほんのちょこっとだけでもスープが軽くなって再び楽しめました^^
お願いすれば「生粒こしょう」も出してくれるそうで、そちらも試してみたいですね。

訪問日 2014年12月5日