11:30〜15:00 18:00〜21:00
土・日 11:30〜21:00
定休日  木・第3水

住 所

埼玉県鶴ヶ島市新町3-1-21

最 寄 駅

東武越生線  一本松駅


*麺屋 信玄
一本松駅の改札を出たら、すぐ右側の踏切を渡ってずっと真っ直ぐ。2つ目の信号を渡ってすぐに右へ曲がって50mくらい行った先の左側。徒歩8分位。
お店の横に駐車スペースが3台分と、お店の正面にも1台分のスペースがあります。

OPENは2006年2月17日。
全てのラーメンに化学調味料を使わないというこだわりのお店で、スープも4種類用意しているんだそうな。
店内は、入って右側に券売機があり食券制。その隣には給水器が置いてあり、お水はセルフ。
L字のカウンターのみで12席ほど。

メニューは【和風らーめん 700円】【醤油らーめん 670円】【豚骨醤油らーめん 670円】【塩豚骨らーめん 730円】【塩らーめん由布姫 710円】【らーめん勘助 770円】【勘助らーめん味噌 870円】【焦がし醤油らーめん 730円】【つけ麺 770円】【つけ麺orらーめん信方 810円】【カレーらーめん 800円】【カレーつけ麺 830円】などなど。


 

 

 

ずっと以前から気になっていたものの、同じ埼玉でも東京と千葉の堺あたりから行くとなると、川越を越えてとなると遠いイメージが強くて^^; ですが、勢いをつけてようやくお邪魔して来ました^^

「塩らーめん由布姫(ゆうひめ)」
               ・・・710円

「ラーメンウォーカー埼玉」や「ラーメンマップ埼玉16」ではガッツリ盛りの「勘助」が紹介されていましたが、初志貫徹でずっと気になっていた「塩らーめん由布姫」を^^
スープは、最初の一口目はとてもあっさりとした印象ですが、二口目、三口目と飲み進むうちにじわ〜っと穏やかに染み渡る鶏の味わいと、昆布?のまろやかな旨味がどんどん後を惹いて来ます。
麺は細麺の緩いウェーブのあるもの。スープとの相性もいいですね。
具は、鶏チャーシュー・メンマ・青ネギ・海苔。鶏チャーシューは味付控えめながらも、しっとりとジューシーで鶏肉の旨味がします。メンマは見た目濃い色ながらも程好い味付け具合で、ほんのりと香るコショウがアクセンになってますね。

時々無性に食べたくなるというよりは、毎日でも食べられるらーめんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして。。。お代わりを^^;
「カレーらーめん」も気になりましたが、「焦がし醤油らーめん」を^^ 麺ちょっと少な目の120g(通常は150g)で作って頂きました。

「焦がし醤油らーめん」 ・・・730円

スープを入れたドンブリを2丁のバーナーでしっかりと炙ったもの。スープの中に入ってるネギがしっかりと熱せられ、スープと馴染んでクタッとなって部分的に焦げ目も付いた甘みと香ばしさが控えめながらもいい味わいを出してます。スープもまろやかでコクがありますね。そして、もちろん熱々〜
麺は、「由布姫」と比べると太目ではありますが、それでも中細くらいな感じかな。
具は、チャーシュー・メンマ・かいわれ・海苔。
チャーシューは表面が炙られカリッと香ばしく、厚切りなので中の方はホロッと柔らか。

2杯共に、スープまで飲み干しお腹いっぱい満足でした〜^^

訪問日 2012年11月18日