11:30〜14:30 18:00〜21:30
日 11:30〜14:30
定休日 月・祝・第2火

住 所

埼玉県鶴ヶ島市上広谷18‐27

最 寄 駅

東武東上線  鶴ヶ島駅


*中華そば 頓知房(とんちぼ)
鶴ヶ島駅の東口の階段を降りたら、右手にある道路沿いに50mほど進んだ右側。徒歩1分。

2008年11月17日OPEN。
ご店主は、荏原中延の多賀野や高田馬場のお店などで修業をされたそう。
店内は入って左手に券売機があり食券制。その奥の左側が厨房で、その前にL字のカウンターで9席ほど。
接客もとても丁寧で心地良く、女性ひとりでも気軽に立ち寄れるお店ですね。

メニューは、【中華そば 680円】【特製中華そば 1000円】【煮玉子そば 780円】【チャーシュー麺 950円】【つけそば 780円】【特製つけそば 1100えん】【煮玉子つけそば 880円】【チャーシューつけそば 1050円】にトッピング類や【ごはん 120円】に【びんビール500円】【おつまみメンマ210円】【おつまみチャーシュー320円】など。
「つけそば」は麺300gなので、「麺少なめチケット」も用意されています。


以前から評判は聞いていたんですが、同じ埼玉でも鶴ヶ島は遠いイメージで。。。^^;
東京ラーメンショーの時、サイロックの裏ブースで丸岡店主とお初にちょこっとだけお話を。
そんな事もあり、大分時間も経ってますが仕事の後に勢いをつけて行って来ました(笑)

「煮玉子そば」・・・780円

カウンターの一番左端に着席。目の前には提供の都度に追い煮干しダシを摂るという噂の粉末と原型の4種類が入っているという煮干しの容器が。まさしくその通りで、その都度ブレンドされた煮干しをステンレスのカップの様な茶漉し?に入れて作られてました。この手間のかけ方は多賀野での経験なのでしょうか。
そんなスープは、煮干しの香りと味わいもしっかりでキレのあるすっきりとした味わいながら、余韻もいい感じ。
麺は、中位の太さの緩いウェーブのあるもので、茹で加減も程よくスープとの相性もいいですね。
具は、チャーシュー・メンマ・味玉・ネギ・海苔。チャーシューは肩ロースの部位かな。ドンブリの半分以上を占める大振りなもの。煮玉子共に味付けも美味しかったです♪

訪問日 2011年12月10日