<移転>
住所
埼玉県八潮市中央4−4−33−101 
最寄駅

東武伊勢崎線 草加駅 バスにて 八幡中学校入口下車徒歩1分


*名代十文字中華そば 嶋田屋*
草加駅東口から出ているバスの「八潮車庫行き」に乗り、「八幡中学校入口」で降り、バス停の先にある「安楽亭」を左に曲がった右手。

一度行ってみたいと思っていたものの、何分不便で^^;お天気も良かったので自転車で小1時間かけて行って来ました。

秋田県の十文字町というところで地元の人達に主食代わりに親しまれてきた中華そばだそうです。
お店はご夫婦でやられているそうで、ご主人は現役のバスの運転手だそうで、今日はお仕事なのか奥様だけでした。
店内はカウンターが6席と小上がりが3卓。
女性ひとりでも気楽に入れるお店です。


「中華そば」・・500円

スープには鰹節・昆布・煮干等を短時間しか煮込まないものに白醤油を使用しているそうです。あっさりとしていてい、ほのかにダシの風味があり、塩と醤油の中間という塩加減でかすかに甘味も感じる。
麺はかん水を抑えて作ったという細いちぢれ麺で色はお蕎麦っぽいが、ツルツルと入っていく。
具にはチャーシュー2枚・海苔・かまぼこ・ネギ・メンマ・お麩。
チャーシューは薄めだが、歯ごたえのあるものでこのスープにはいい感じ。お麩もスープを吸いこんで美味しい。
麺の量は1玉から3玉まで選べるようになっている。女性でも2玉くらい軽く食べられそうな一杯です。

訪問日  2004年4月2日
個人的好み